こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

ナバロンの嵐

Force 10 from Navarone
ジャンル: ドラマ , アクション , 戦争
公開: 1979/02/10
製作国: イギリス
配給: コロムビア

    ナバロンの嵐 の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全2件
    • 4.0 ハラハラ

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      この映画「ナバロンの嵐」は、1960年公開の「ナバロンの要塞」で生還した二人の主要人物が、全く新しい冒険に乗り出すという物語ですが、スタッフもキャストも一新されています。

      ナバロンの要塞を撃滅してから2年後、マロリー(前作のグレゴリー・ペックに代わりロバート・ショウ)とミラー(前作のデーヴィッド・ニーヴンに代わりエドワード・フォックス)の次なる任務は、ドイツ軍に包囲されたユーゴスラヴィアのパルチザン7,000名の救出------。

      この作戦遂行の中で、特にマロリーは、二重スパイだと思われるレスコヴァー(フランコ・ネロ)を抹殺することであり、ミラーはドイツ軍の重要な進撃路であるネレトバ橋を爆破するのが使命だ。

      映画は、先ず空輸される途中で敵機に襲われ,パラシュートで脱出するという見せ場があり、大男のドラザック(リチャード・キール)を首領とするドイツ協力派チェトニクスのゲリラ隊に捕まり、殺されかけたところを、一味を装っていたパルチザンの娘マリッツァ(バーバラ・バック)に救われるというサスペンスが展開していく。

      ミラーが破壊しようとするネレトバ橋は、非常に堅牢に出来ており、完全に破壊するのは容易なことではなかった。そこで、上流にあるダムを決壊させ、水の勢いで破壊する計画をたて、そのための爆薬を奪うために、ドイツ軍の弾薬集積所に潜入するが、発見されかけ、危機を招くというスリリングな見せ場が用意されている。

      このシークエンスが、映画としてのサスペンスの見せ場ともなっており、貨車で逃げる途中、マロリーは裏切り者の正体を表わしたレスコヴァーを倒し、ミラーたちが照明弾などで敵を牽制している隙に、この作戦の特命隊長バーンズビー中佐(ハリソン・フォード)と二人で、ダムの基底部に潜入し爆薬を仕掛けるという、最大の見せ場へとなっていく。

      前作のグレゴリー・ペック、アンソニー・クイン、デーヴィッド・ニーヴンといった重量級の豪華なメンバーに対して、この作品では、ロバート・ショウ、ハリソン・フォード、エドワード・フォックスと中量級となった感は否めず、また舞台はナバロンとは関係がなく、物語自体も難攻不落の要塞にある巨大な大砲を破壊するという、前作の大迫力の痛快さに比べて、平凡でそれまでに数多くあった戦争冒険活劇の域を出ていない感じもします。

      だが、それらを差し引いても、ロビン・チャップマンの脚本とガイ・ハミルトン監督は、それなりに見せ場も数多く用意し、戦争アクション映画のツボをよく押さえ、楽しめる作品にしていたと思う。
      >> 続きを読む

      2017/10/14 by dreamer

      「ナバロンの嵐」のレビュー

    • 4.0

      「ナバロンの要塞」の続編という触れ込みだが、前作のキャストは1名も出ていないという矛盾。
      それでもチームとしての作戦遂行までは充分楽しめる出来。

      今度はユーゴスラビアに潜入してパルチザン救出のため、橋を破壊する任務に就く。
      爆薬では時間が掛かるのでダムを決壊させ崩落を狙う。

      要塞のようなスペクタクルなシーンが少なく、緊張感が緩いのは残念。
      それでもロバート・ショウやハリソン・フォード。エドワード・フォックスなどが締める。

      ロッキーのアポロなカール・ウェザースと007の巨人な悪役リチャード・キールが対決するなど、配役の妙も楽しめた。
      >> 続きを読む

      2015/12/11 by オーウェン

      「ナバロンの嵐」のレビュー

    この映画を最近、ラックに追加した会員

    ナバロンの嵐
    ナバロンノアラシ

    映画 「ナバロンの嵐」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画