こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

コピーキャット

Copycat
ジャンル: ミステリー・サスペンス
公開: 1996/03/16
製作国: アメリカ
配給: 日本ヘラルド映画

    コピーキャット の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全4件
    • 3.0

      感想川柳「アピールを したがる奴は もういない」

      TVでやってたので観てみました。_φ(゚Д゚ )

      猟奇殺人に詳しい心理学者ヘレンは大学での講演後、カラムという青年にトイレで襲われる。辛くも一命を取り留めたものの、ヘレンはこの事件が契機となって“屋外恐怖症”になっていた。それから一年後、サンフランシスコ郊外では女性ばかりを狙った猟奇殺人が多発していた。事件を担当する女刑事モナハンは、自宅に閉じこもりっきりのヘレンに協力を要請。分析の結果、犯人は過去に起きた様々なシリアルキラーの手口を真似ている模倣犯だと断定される……というお話。


      色んなシリアルキラーの真似事をする犯人と
      過去に連続殺人犯に狙われた過去を持つ学者
      勝ち気な女捜査官が織り成すサスペンス(´・(ェ)・`)

      海外ドラマのフォロウイングに近いかと思ったけど
      カラムは外に出れないのでまた違う(・ω・)

      犯人は頭はいいけど
      手順と形式にこだわるからハプニングに弱い( ゚ 3゚)

      ヘレンは屋外恐怖症で外に出れない代わりに
      モナハンが捜査するけどヘレンに頼りきりで
      あまり役に立ってない( ´Α`)

      手がかりを残しながらやってるわけじゃないので
      犯人にやられたい放題(´Д`)


      最後がテッドバンディなのが粋だね(* ゚∀゚)
      かなりの数のシリアルキラーとその手口を知れる
      アルバート・デサルボ
      ヒルサイドの絞殺魔
      デビット・バーコヴィッツ
      ペーター・キュルテン
      エドモンド・ケンパー
      ジェフリー・ダーマー
      ジョン・ゲイシー

      逆に考えると最近はこういうのが減ってるわけで
      アピールしたい系のシリアルキラーが減って

      完璧に事後処理をしてバレないようにするシリアルキラーが跋扈してるってことかな?((゚□゚;))

      ラストはまだまだ終わらせねーよ?感が満載(^o^;)

      全体的に楽しめましたが
      ルーベンがとにかく不憫で不憫で悲しみ( T∀T)


      んでまず( ´∀`)/~~
      >> 続きを読む

      2020/07/23 by Jinyuuto

      「コピーキャット」のレビュー

    • 評価なし

      様々なシリアルキラーの手口を模倣した殺人事件が発生する。担当の女刑事は屋外恐怖症の女性心理学者に協力を要請する。

      2020/04/12 by Silencer

      「コピーキャット」のレビュー

    • 3.0

      テレビ視聴。昔見た記憶があるけど程よく忘れていた。「羊たちの沈黙」以降のひとつ。設定はとっても面白いんだけど、あぁあと一歩!な作品。警官たちがおまぬけすぎてなぁ……。シガニーとホリーの役柄が逆だったらどうだったのかなと妄想。この年代のパソコンとか懐かしくてそこはよい。

      2019/11/03 by Chihoish

      「コピーキャット」のレビュー

    • 評価なし

      鑑賞日:199?/??/??
      鑑賞回数:1回目
      鑑賞種類:VHS
      評価:不明

      鑑賞日:2003/04/17
      鑑賞回数:2回目
      鑑賞種類:地上波放送
      評価:不明
      >> 続きを読む

      2015/03/22 by ASANO

      「コピーキャット」のレビュー

    コピーキャット
    コピーキャット

    映画 「コピーキャット」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画