こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

X-MEN

X-Men
ジャンル: SF , ドラマ , アクション
公開: 2000/10/07
製作国: アメリカ
配給: 20世紀フォックス

    X-MEN の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全17件
    • 4.0 ハラハラ クール

      超能力モノが面白くないわけ無いんだよな。

      2017/06/17 by はじめ

      「X-MEN」のレビュー

    • 3.0

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      近未来、遺伝子の異常進化によって、様々な超能力を持った、突然変異のミュータントが現われていた。

      能力を持たない普通の人々は、彼らを忌み嫌い、怖れ、差別する。この状況を打破するために、人類との対決を標榜し、手段を問わない邪悪なミュータント軍団と、希望を捨てずに人類との共存を目指すX-MENが死闘を繰り広げることになる------。

      余程の突出したスタイル、余程の熟練技術を持った監督でなければ、ハリウッドの娯楽大作を得て、なお、輝きを失わないでいるのは難しいと思う。

      それでも、自分の個性をフィルムに焼き付けてきたタフな映画人も少なくないが、「ユージュアル・サスペクツ」という作品で我々映画好きの度肝を抜いたブライアン・シンガー監督が、その才気の片鱗も見えない平凡なこの作品によって、あらためて、ハリウッドを生き抜く難しさというものを思い知ります。

      ティム・バートン監督やブライアン・デ・パルマ監督などに匹敵するほどの、強靭な「作家性」を持ち得ないなら、製作に名前を連ねているリチャード・ドナーのような「職人性」で勝負をしてもらいたいと思う。

      この作品は、好むと好まざるとに関わらず、異形の者同士が方法論の違いゆえに、孤独に闘う物語だ。

      それなのに、そこに葛藤が、そこに悲しみが、ここまで希薄なのはどういうことだろうか? ------。

      いや、別にトラウマにまみれた、ティム・バートン監督の「バットマン・リターンズ」の再現を求めようというのではない。しかし、映画の表現が、映画の描こうとしている物語に対して忠実ではないというのはいただけないと思う。

      もちろん、限りなく暗い作品にしようとすれば、マーベル・スタジオ側が許さないだろう。しかし、だからと言ってこの作品は、陽性でカラッとした作品を狙ったわけではないことは明らかだ。

      それは、悪役へのイアン・マッケランの起用、映画の冒頭を第二次世界大戦中のポーランドにもってきたことの二つに象徴的に表われていると思う。

      それだからこそ、余計に疑問が残るのだ。イアン・マッケランまで起用しておきながら、この歪んだ悪のヒーローを"ドラマの核"にできない弱さは何なのか?。また彼の手下を個性なき化け物のような扱いをする無頓着さはどこからきているのか? ------。

      ここには、悪役に対する愛着や思い入れが無いに等しい。悪に魅力のないところに、ヒーローも輝かないのだ。何か、そういう根本部分が、非常に疎かにされているような気がするのだ。

      好意的に解釈しても、マーベルの原作を一生懸命咀嚼したのだとは思う。いろいろ魅力的な素材は、きちんと生真面目に取り出してきたように思われる。しかし、肝心の素材の味付けが、いかにも不味ければ、ブライアン・シンガー監督も料理人としては、合格点を与えられない。

      慣れない特撮に戸惑いもしたのだろう。しかし、それを言い訳にして、アクション・ヒーローものとしての、根本的な"活劇のダイナミズム"を無視していては、ブライアン・シンガー監督の職人監督としての未来もないだろうと思う。
      >> 続きを読む

      2017/05/24 by dreamer

      「X-MEN」のレビュー

    • 1.0

      観たことも覚えておらずまた観てしまった。学校の場面でうっすら見覚えが。内容がなんか雑。

      2017/01/22 by JUMP

      「X-MEN」のレビュー

    • 4.0

      感想川柳「アメリカの ヒーローものも 悪くない」

      レンタル店でパッケージ借りでした。φ(..)

      200X年。人類は新たな「差別法案」の立法化を目指していた。それはDNAの突然変異により超人的なパワーを持つ"進化した人類=ミュータント"を社会から合法的に迫害するものだった。人類との共存を目指すプロフェッサーX率いるミュータント集団X-MENは、人類の滅亡をもくろみテロ活動を企てるマグニートーたちと全面対決に突入していく…というお話。

      マーベルはほぼ知らずに観賞しました。(;・∀・)なのでマンガとの違いなどに惑わされずに楽しめました。というか調べたら設定が厄介過ぎるから、映画はシンプルで良いと思います。(^^;20世紀フォックスだけあってCGも申し分ないし、アクションもなかなか。

      ウルヴァリンもアホみたいに強力な能力ですが、やっぱりマグニートーとプロフェッサーは別格だなと。Σ(-∀-;)

      ミスティークはエロ過ぎじゃないですか?((((;゜Д゜)))


      2回目2016 12/21午後ローにて

      ヒュー・ジャックマン若い(笑)
      >> 続きを読む

      2016/12/22 by Jinyuuto

      「X-MEN」のレビュー

    • 4.0

      再見

      2016/09/01 by ゆ♪うこ

      「X-MEN」のレビュー

    もっとみる

    X-MEN
    エックスメン

    映画 「X-MEN」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画