こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

裸のランチ

Naked Lunch
ジャンル: 外国映画 , ミステリー・サスペンス , ホラー , ドラマ , SF , ファンタジー
公開: 1992/07/04
製作国: イギリス , カナダ
配給: 松竹富士

    裸のランチ の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全5件
    • 評価なし

      映画公開時に1度鑑賞。再鑑賞の2回目だが、何回見ても自分には映画の良さをどこに見出したらいいのか分らなかった。「ロボコップシリーズ」のピーター・ウェラーが出ていたぐらいしか自分にとっては見所がなかった。もう少し映画の背景などを調べたうえで鑑賞したら違った感想が出てくるかもしれないが、どちらかと言えばマニア向けの映画なのかなとも思う。後、劇中黒いGやら多足生物のMやら色々グロテスクなものが出てくるので嫌いな人は要注意。

      2016/03/18 by おにけん

      「裸のランチ」のレビュー

    • 4.0 笑える

      ホモ×昆虫×ドラッグ=It's a very literary high.

      カフカ的退廃コメディというネオジャンル。

      全篇に鳴り響くハワード・ショアのトチ狂ったサクソフォン、
      合間を埋めるタイプの打鍵音、虫の這う音、粘着音、ため息、、、

      バロウズの再構成どころかクローネンバーグ風味が強すぎて胸が焼ける。


      精神状態を映写機にかけて、映ったものを言葉にするのが認識。
      言葉にした時点で形になり、それがリアルになる。
      例えばマグワンプ、例えばインターゾーン、肛門肛門また肛門。

      かろうじて成立しているこのバランスがなぜか好きで、
      これが作家の悲哀ですと言わんばかりの終り方も憎い。


      「ベンウェイ!」

      笑った。溢れるナンセンス。
      >> 続きを読む

      2015/06/28 by Shiro-san

      「裸のランチ」のレビュー

    • 5.0 笑える

      原作者であるバロウズの自伝的作品をクローネンバーグが再構築したとのこと。
      バロウズについてはクレイジーな作家、ぐらいの認識しかないのですが、クローネンバーグ監督の作品ということで大方予想はつくと言って過言ではありません(笑)

      全編を通して繰り広げられる、グロ&お下劣&ユーモア。
      原作も読まずに全く予備知識のない状態で見たので、これはどういうストーリーなんだ?とちんぷんかんぷんでした。
      が、実際ストーリーなんて皆無と言っていいほどで、薬物中毒者の頭の中をそのまま覗き込んだらこうなりました、と言うのが一番近いかもしれません。


      とにかく変態としか言いようがないのですが、B級やお下劣なノリが楽しめる方にとっては無駄な時間の過ごし方ではないかと思います。
      >> 続きを読む

      2015/04/05 by カンカ

      「裸のランチ」のレビュー

    • ロイ・シャイダーとか懐かしいですね(^ ^)

      レビュー見て、ぶっ飛んだ作品だとよくわかりましたw >> 続きを読む

      2015/04/05 by fate

    • 1.0

      虫ぃぃぃぃ!

      ラリった世界。たぶん中毒者はこの数倍もの悪夢を見ているのだろう。
      とにかくクリーチャーがぎょえッ!とくにムカデのような奴にはひぇぇぇぇ~。中には某宇宙映画に出てきそな奴も。
      グロいものにエロが加わってもう何がなんだか。

      こりゃ下手すると夢に出て来るかも……。
      (`●ω-;)
      >> 続きを読む

      2015/03/06 by きりゅう

      「裸のランチ」のレビュー

    • 虫・・・!
      絶対危険な映画の予感がします(笑)

      2015/03/07 by ただひこ

    • その予感の一つ上をいくエグさでした(^^;)

      2015/03/08 by きりゅう

    • 3.0 笑える クール

      でました調べてやっと意味がわかる映画。深いなー。

      どうやら原作もラリって書いてツギハギを組み合わせた物らしく、
      このような感じなのだろうな。

      コカインやモルヒネなど様々な麻薬を様々なタイプライターに見たてたり、
      終盤の麻薬工場の読み手側までも中毒にしてしまうという比喩がすごい面白い。

      映画を観ているとまるでこちら側がラリってしまったかのようにのめり込んでいた。

      タイプライターの背中に口以上に物を言うアナルがついたゴキブリや、
      女性器を表したけつのついたタイプライターなど様々な物があって面白かったw
      >> 続きを読む

      2015/02/17 by Gomez

      「裸のランチ」のレビュー

    裸のランチ
    ハダカノランチ

    映画 「裸のランチ」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画