こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

フルートベール駅で

FRUITVALE STATION
ジャンル: ドラマ
公開: 2014/03/21
製作国: アメリカ
配給: クロックワークス

    フルートベール駅で の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全7件
    • 4.0 切ない

      アメリカではつい最近も白人警官が黒人を撃ち、無罪判決が出たことで暴動が起きている。

      差別はなくなったといわれる宣言がそれでないことは誰の目にも明らかだが、黒人のオスカー・グラントもまた理不尽によって命を落とすことに。

      仕事はクビに。刑務所にも何度もお世話になるオスカー。
      過去には母親に愛想を尽かされるなど、未来が見えない現在。

      それでも仲間たちと新年祝いのため電車に乗って目的地に向かう最中に悲劇が。

      実話という重みはそのまま命の儚さを象徴している。
      教訓とすべき部分は生きることの幸せを訴えられたかのようだ。
      >> 続きを読む

      2017/10/17 by オーウェン

      「フルートベール駅で」のレビュー

    • 3.0

      たったの6年前の出来事。事件のことは知らずに観た。
      銃を人に向けるのって怖くないのか?本当にこれがアメリカ警察のやり方なのか?人への接し方が雑すぎる。こんな悲しい事件、二度と起こしてはいけないよ。すべての命をもっと大切に。犬もね。 ​

      2016/07/11 by hisanocchi

      「フルートベール駅で」のレビュー

    • 5.0

      実際に会った事件を映画化ということで、できる限り事実に基づいて、そして被害者や遺族の方に不快に思われないような作りをされたんだろうなと思う
      冒頭で実際の映像が流れるところで、まず衝撃を受ける
      様々な要因が重なってしまったんだなと
      でも、それぞれそのことで自分を責めないで欲しいなと
      最後の母親の言葉で強くそう思いました
      こういう差別的な事件が起こらないようになって欲しい

      2016/05/21 by tomi

      「フルートベール駅で」のレビュー

    • 3.0

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      最近よく話題になる白人警官による黒人への対応に関する映画
      主人公が駅で白人警官に撃たれて亡くなるというもの
      やるせない気持ちが残る
      >> 続きを読む

      2015/07/25 by hiro411

      「フルートベール駅で」のレビュー

    • 4.0 切ない

      2009年に起こった事件を元にした作品。
      私も今年で、亡くなったオスカー・グラントと同じ22歳になる。
      日本で生活している私がいま警官に取り押さえられ、無抵抗で射殺されるとは考えられない、アメリカでもそんなこと考えられなかったはず。
      なぜ彼だったのか?世間は「黒人だったから」と訴え、銃を発泡した警官は「テーザー銃と間違えた」と訴えている。

      主演は『クロニクル』のマイケル・B・ジョーダン、薄幸ながらも家族を愛する好青年を見事に演じていた。轢かれた犬に駆け寄り包容するシーンは非常に印象に残る。そしてこの素晴らしくも切ないポスター。


      去年の8月にもミズーリ州で18歳の黒人青年が警官に射殺されるという事件があった。しかも陪審は不起訴であった。今でも黒人差別がこんなにも露わになっているという現状が信じられない。奴隷制度があった時代から何も変わってない。
      >> 続きを読む

      2015/01/04 by とりきょー

      「フルートベール駅で」のレビュー

    • 最近このようなニュースをよく聞きますね、、><
      現実に起こっているというのは悲しいですね。。 >> 続きを読む

      2015/01/04 by coji

    もっとみる

    フルートベール駅で
    フルートベールエキデ

    映画 「フルートベール駅で」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画