こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

渇き。

渇き。
(C)2014 「渇き。」製作委員会
2014年6月27日(金)TOHOシネマズ六本木ヒルズほか 全国ロードショー
amazon.co.jp で詳細を見る
1クリック登録
ジャンル: ミステリー・サスペンス
公開: 2014/06/27
監督:
製作国: 日本
配給: ギャガ
INTRODUCTION

『告白』以来ついに始動した中島哲也監督。その最新作の原作は、第三回「このミステリーがすごい!」大賞を受賞した深町秋生の「果てしなき渇き」。主演に役所広司を迎え、ヒロインには新人・小松菜奈を抜擢。その他にも妻夫木聡、二階堂ふみ、橋本愛、オダギリジョーそして中谷美紀ら豪華実力派俳優が集結。作品毎に異なるジャンルを発表し続け、最高傑作を生み出す中島監督が描く最新作『渇き。』は観る者全ての度肝を抜く衝撃作。

STORY

容姿端麗な優等生の娘・加奈子(小松菜奈)が部屋に全てを残したまま失踪した。
元・妻の依頼でその行方を追うことを請け負った元父親・藤島昭和(役所広司)。
家族が破綻した原因が自分の性格や行動であることには一切目もくれず、自分の“家族”像を取り戻すことだけを夢想し、なりふり構わず娘の行方を調査する。
過去と現在の娘の交友関係や行動をたどりながらやがて、今まで知らなかった娘・加奈子の輪郭が徐々に浮かび上がっていく。 
果たして父は娘を見つけ出し、あの頃夢見た“幸せな家族”を取り戻すことができるのだろうか?
>> 続きを読む

    渇き。 の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全30件
    • 評価なし

      半分で挫折。

      2018/11/22 by pink-tink

      「渇き。」のレビュー

    • 2.0

      レンタル・配信)@ツタヤレンタル 2018/10 1本目の鑑賞。(2018年通算85本目)。ハッキリ言えば、何が魅力なのかよく分からない。事件を裏で糸を引いている人物もすぐわかってしまうし、何しろエロ+グロ+麻薬というあまり好きではないテーマが3つ揃っている。自分的に話には何も魅力を感じなかった。ただ、こういうテーマを演じきった主人公の役所広司さんの演技は良かった。感想はこんなところです。

      2018/10/07 by おにけん

      「渇き。」のレビュー

    • 3.0

      カットしまくったり時間が上下したりと個性的な映像で始まった頃は最後まで観れるか不安でした。が、慣れてくるとなかなか面白かった。中身はひたすらの暴力の嵐で、まるでずーと落下し続けるジェットコースターのような加速感。ただ見終わってこんなに疲れる映画はあまりない(笑)圧倒されたけど、あまり印象に残らないのが残念かな。しかし妻夫木くんがウザすぎて車に轢かれたところはざまぁでしたよ。

      2018/09/17 by さくら餅

      「渇き。」のレビュー

    • 2.0 ハラハラ

      日本橋の映画館にて
      完全にトラウマ映画。
      ひたすらグロいし痛いし出てくる人物総じてクズ。
      橋本愛と小松菜奈が美しい。
      二階堂ふみはこの映画で初めて知りましたが、抜群の演技力に圧倒されました。

      2018/03/07 by akakakeine

      「渇き。」のレビュー

    • 2.0

      題材とかみ合えば中島哲也という監督はピタリと合うが、外したときは徹底的に外す。
      ちょうどこの作品のように。

      失踪した娘を探す父親という大まかな枠組みの中で、危ない人間が暴れまくるという展開。

      普通こういう場合理性がある人間を真ん中に置いて、その周りを危ない人間で見せることで、対比してその異常性を見せるというのが基本。
      この映画は全員危ないやつしか出てこないから、銃を撃ったりナイフで腹を裂いても何の驚きもない。

      映画的に何でもアリというのは問題であり、そこら辺を抑えることの出来ない演出はのめり込ませるのは難しい。

      豪華な役者陣も無駄遣いの印象が強く、やっぱり中島監督には「進撃の巨人」を手掛けてもらいたかったなあ。
      >> 続きを読む

      2017/08/13 by オーウェン

      「渇き。」のレビュー

    もっとみる

    渇き。
    カワキ

    映画 「渇き。」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画