こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

マーサ、あるいはマーシー・メイ

Martha Marcy May Marlene
ジャンル: ミステリー・サスペンス , ドラマ
公開: 2013/02/23
製作国: アメリカ
配給: エスピーオー

    マーサ、あるいはマーシー・メイ の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全6件
    • 3.0

      2011年のサンダンス映画祭で監督賞を受賞した、ショーン・ダーキン監督・脚本の作品。

      これだから、映画っていうのは難しい。

      率直に言って、この作品好き嫌いがあると思います。自分も好きな方ではないけど、嫌いではないという感じです。全くと言っていいほど答えの出ない映画、視聴者に多くの解釈の余地を残し、オープンエンドで幕を閉じる映画です。

      主人公のマーサがカルト集団から抜け出しながらも、その時の記憶に苛まれ、メンタルが崩壊して行く様子を、フラッシュバックとともにインターカット形式で作り上げられた作品。テーマは一概には言えませんが、「アイデンティティの崩壊、損失」と言えるかもしれません。

      観客も主人公と同じように、何が何だか分からなくなって、何が現実なのか、何が現在なのか、何が自分なのかということを迷走し、失って行くような感覚になる映画です。

      ホラー映画のように怖がらせるのが目的でもなく、
      スリラーサスペンスのように、ハラハラドキドキさせるのが目的でもなく、
      ドラマのように、感動させるのが目的ではないんです。
      サイコロジカル的に、脳を混乱させそれを紐解こうとする人間の好奇心を利用し、その中でアイロニーを含んだメッセージを答えではなく議題として投げかけられたような感覚です。

      でも、嫌いじゃない作品。
      観終わった後に、スッキリするような感覚は全くありませんが、映画の中に足を入れ、ズブズブと溺れて行くような感覚になったのは間違いありません。つまり、映画体験はできました。かなりもやもやする方法でですけど。

      そこには、フレーミングの力がありました。サイコロジカルスリラーとして、観客に主観的に謎解きをさせる、その謎を与えていたのがフレーミングでした。
      フレーミングには教科書のようなものがあります。それは、ルールオブサードだったり、180度ルールだったりしますが、それはあくまでも教科書です。簡単にいうとその教科書どうりに撮影すれば、普通のフレーミングになりますよ。ということ。
      普通というのももちろん大切です。普通があるから普通より上がある。ずーっと違和感のあるフレーミングだったら、観客を混乱させて終わりです。

      この作品は、その教科書のルールをあえて破り、そこにサブコンシャス的なメッセージを含ませることで、観客に間接的に疑問を持たせるような仕掛けがしてありました。このような手法はほとんどの映画で使われているのですが、この映画ではそれがきつめの度合いまで振り切っていました。
      むしろサブコンシャス的ではないほど明らかに変なフレーミング。しかしそれが何を示しているかというのは、その一瞬では理解できません。むしろ映画が終わっても理解できません。理解することが正解ではなく、そのフレーミングから感じた違和感が、主人公が感じる心の不安定さにつながり、そこに無意識に感情を投影することで、観客自身も頭の中が渦巻くように不安定さを感じ、それを解消しようとするエネルギーが、この映画面白い、につながるのです。

      言葉で書くこと自体が難しいので、ちょっと何言ってるか分からないかもしれませんが、すみません(笑)
      とにかく、興味深い作品でした。ダーレン・アロノフスキー的な?
      >> 続きを読む

      2018/12/08 by EditTellUs

      「マーサ、あるいはマーシー・メイ」のレビュー

    • 3.0

      少女のマーサは孤独なためカルト集団に入るが、2年ほどの間で恐怖に揺れ脱走する。
      姉夫婦の家に逃げ込むが、フラッシュバックする記憶によってマーサの精神状態はおかしくなる。

      洗脳によって変わっていく過程がっしっかりと描かれており、それを演じるエリザベス・オルセンは注目に値する。
      奇怪な言動がマーサなのか。それともマーシー・メイなのか。

      演技の面では見どころはあるのだけど、演出に関してはあまり見ごたえはない。
      特にラスト。
      製作者たちはこれでいいのだろうが、見てる側からしたらその先は描かないの?と思ってしまう。

      原題の3人目の存在も出来れば邦題に組み込んでもらいたいところ。
      >> 続きを読む

      2016/09/28 by オーウェン

      「マーサ、あるいはマーシー・メイ」のレビュー

    • 4.0 ハラハラ

      好きな作品です。

      主演は人気海外ドラマ「フルハウス」でミシェル役を演じたオルセン姉妹の妹、エリザベス・オルセン。
      この作品の演技で高く評価され、今ではハリウッド大作で活躍している人気女優ですね。

      物語はかなりシリアスな内容で、主人公がどんどん精神が崩壊していく過程が、観ててつらく恐ろしかったです。

      でもホラーという感じではなく上質なサスペンス映画でした。
      >> 続きを読む

      2015/06/18 by yulian

      「マーサ、あるいはマーシー・メイ」のレビュー

    • 2.0 クール

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      理解力がないのか、わかりにくい映画だった。マインドコントロールを受けたけれども、そこまで突飛な行動がほとんどなかった。時間が経つにつれて、行動がおかしくなっていったが。どんどんおかしくなっていって、その後、どうなる?という所で終わってしまった。

      マインドコントロールとはどういうものなのだろうか?世の中の人間は誰しも何かしらのマインドコントロールを受けていると謂われている。わかってしまうと、マインドコントロールではない。映画では、自然と共生するというものがメインにあり、それから愛を共有するという形で歪められた儀式が存在するというものだった。教団から逃げた女性は、教団の暴力的な部分を恐れたという形になっていて、教団に対して、疑義を呈した状態。しかし、行動の端々で何かおかしい。よく考えると、マインドコントロールなのか、ただの習慣の違いが表だったのかは判断できなくなってきた。

      わかりにくい映画だったのだろう。
      >> 続きを読む

      2014/12/13 by 温泉卵

      「マーサ、あるいはマーシー・メイ」のレビュー

    • 先が気になってしまいますね…!わかりにくいということですが、テーマが面白そうなのでちょっと気になります。 >> 続きを読む

      2014/12/14 by chao

    • 3.0

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      2年程、カルト教団の集団の元で生活していた
      マーサがそこを抜けだして、姉夫婦の住む
      家に転がり込んできます。

      はじめは、妹をかばっていた姉だけども
      マーサが色々やらかしちゃうもんだから
      頭抱えちゃう。

      カルト教団と言ってもそんなに大規模じゃない
      んだけど、やっぱり何か奇妙。
      カルト教団のトップに魅力がある様には見えないし・・


      でも正直、姉の旦那にとっちゃ冗談じゃない話だと思う。
      姉は未だ血のつながりがあるから多少の我慢が出来るけど・・

      行き成り全裸になって湖で泳ぎだしたり
      姉夫婦が夜の営み中でギシアンやってる時に
      そろ~っと部屋に入って来て、そろ~っと
      ベッドに入って来て、それに気付いた姉夫婦が
      キャー!

      ってなるんだけど、教団ではフリーセックスだったから
      マーサは「え?何?何か悪い事したの?」
      みたいな対応で。

      旦那さんブチギレ・・・。

      これのエピソードは本当に旦那さんが可哀想だった。
      トラウマでED発動してもおかしくないレベルだわ。

      もう無理~ってなって病院行くって話しになり
      車に揺られて~終わり・・アレ?

      その後が知りたいな・・。

      オルセン姉妹の一番下の子、エリザベスが主演
      なんだけど、双子のお姉ちゃんよりエリザベスの
      が可愛い気がする・・。
      >> 続きを読む

      2014/04/11 by ♪玉音♪

      「マーサ、あるいはマーシー・メイ」のレビュー

    • > マーサは「え?何?何か悪い事したの?」

      洗脳と言うか、常識が他の人と変わっちゃっているのが生きづらいでしょうね。

      罪深さを感じます...
      >> 続きを読む

      2014/04/11 by ice

    • >iceさん

      何かちょっと前も某女性芸人コンビの方も
      ちょっと・・・になってましたけど
      洗脳って怖いですよね~

      やっぱり、洗脳を1度でもされた事のある人は
      素人じゃなくて然るべき施設や病院でケア
      させてから、復帰させないとなぁと思いました><
      >> 続きを読む

      2014/04/11 by ♪玉音♪

    もっとみる

    マーサ、あるいはマーシー・メイ
    マーサアルイハマーシーメイ

    映画 「マーサ、あるいはマーシー・メイ」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画