こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

スターリングラード

Enemy at the Gates
ジャンル: ドラマ , アクション , 戦争
公開: 2001/04/14
製作国: アイルランド , アメリカ , イギリス , ドイツ
配給: 日本ヘラルド映画

    スターリングラード の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全8件
    • 4.0 ハラハラ

      あくまでもエンタメ、フィクションとして楽しむ映画です。

      反戦とか国の在り方がどうとか、そういうまじめなことを考えさせるような啓蒙的側面およびリアリティはまったくないけど、普通の冒険映画と思って見ると、ハラハラドキドキして楽しい2時間。
      私はけっこう好きです。

      レイチェル・ワイズは全然好きな女優じゃないんだけど、この映画では良かったな。知的で自立した女性なのに、それでいてどこか可憐で、はかなげで。
      っていうか、いつも知的な役ばっかりだなぁ。ブルネットだから?ユダヤ系っぽいから?

      ジュード・ロウは相変わらず美しい。いつも思うけど、絵本画家が描いたイラストの王子様みたいな顔してるよね!
      (ジョセフ・ファインズも、下まつ毛が長くて、ある意味ジュード・ロウ以上に王子様っぽい)

      主人公の男女二人がゆっくりゆっくり距離を縮めてやがて結ばれるシーン・・・見ていて、あれ?この場面知ってる?デジャブ?と一瞬考えた後、思い出した!
      有川浩さんのエッセイ本『倒れるときは前のめり』の中で、このシーンの描写があったのでした。
      確か「エロを感じる時」という章題で。
      読んだ時点ではこの映画を見てなかったわけだけれど、読むと非常に鮮明にイメージできて、さすがプロの作家だなぁ、と感心した。個人的にはあんまり好きな作家じゃないんだけど。
      映画のシーンより文字の方がエロかったかも。(笑)

      実際にその場面を見て思い出したってことは、けっこう正確に描写されていたんだなぁ。二度感心。
      興味ある方はぜひ読んでみてください。
      >> 続きを読む

      2019/06/24 by みけ猫

      「スターリングラード」のレビュー

    • 3.0 ハラハラ

      ジュード・ロウ vs エド・ハリスのスナイパー同士の戦いが面白い!
      「薔薇の名前」「セブン・イヤーズ・イン・チベット」のジャン=ジャック・アノー監督が実在した第二次大戦の伝説のスナイパーの極限状況における愛と苦悩を描いた戦争ドラマ

      2018/07/28 by motti

      「スターリングラード」のレビュー

    • 4.0

      麹町シネマ録画

      以前、テレ東の午後ローで見たときは、つまらんと思って途中で視聴やめたんだけど、今回麹町シネマで放映されたの見たら、全然別物で驚いた。まともな戦争映画じゃん。午後ロー、カットし過ぎだ。特に前半の主人公が戦場に向かう中、独軍の空爆と戦車に赤軍が圧倒されるシーンがほとんどカットされていては迫力半減。

      実際、スターリングラード攻防戦では火力に勝る独軍に、赤軍は狙撃兵中心のゲリラ戦で徹底抗戦したんだよね。で、壮絶な市街戦を冬まで持ちこたえて勝利したんだ。
      ヴァシリは実在のモデルがいるそうだけど、ターニャみたいな市民兵も大勢いたはず。

      ジュード・ロウは羊飼いにしては色男すぎる感じもするが、狙撃の腕は天才だけど人の良い普通の人って感じでよかった。
      エド・ハリスのバリバリの職業軍人っぽい演技といい、ジョゼフ・ファインズのピュアなエリートぶりといい、人物設定のコントラストがはっきりしていてわかりやすいと思った。
      >> 続きを読む

      2018/02/21 by kurizunb

      「スターリングラード」のレビュー

    • 3.0 ハラハラ

      歩兵は運ゲー。ソ連歩兵は奴隷扱いで更に辛そう。
      狙撃手同士の真剣な殺し合いには色恋沙汰は不必要かなぁと思った。

      2017/08/24 by ケシの実

      「スターリングラード」のレビュー

    • 3.0 ハラハラ

      スターリングラードといえばドイツとロシアの激闘が合った地。
      確かに序盤は戦場さながらの爆撃はあるのだが、描いているのはあくまで狙撃兵を通じての戦場。

      当然お互い隙を見せることは出来ない。
      そうなれば自ずと緊張感が高まる状況を作り出していく。
      狙いは予想通りで、ライフルを構えた際の態度がプロっぽさを垣間見せる。

      個人的にはエド・ハリスの重厚な役がはまっている。
      対してジュード・ロウは型通りというか。
      幼少時代から訓練されているのなら、もっと精悍な顔つきを見せてほしかった。

      場面としては爆音に合わせての狙撃シーン。
      こういうリアルな描写は重要だが、それ以上が出てこなかったのが勿体無かった。
      >> 続きを読む

      2015/03/06 by オーウェン

      「スターリングラード」のレビュー

    もっとみる

    スターリングラード
    スターリングラード

    映画 「スターリングラード」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画