こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

ホビット 思いがけない冒険

The Hobbit: An Unexpected Journey
ジャンル: ファンタジー , アドベンチャー
公開: 2012/12/14
配給: ワーナー・ブラザース映画

    ホビット 思いがけない冒険 の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全26件
    • 3.0

      ピーター・ジャクソン監督ふたたび(2匹目の泥鰌)


      ロード・オブ・ザ・リングも苦手な映画だったのでどうしようかなと思ってたんですが気づいたら見てた。
      やれやれまた長丁場になりますね?
      だいたい同じような内容ですよね?

      しかしゴラムとのなぞなぞ合戦もありゴラムファン(ファンなの?)としてはソコがよかった(違)
      あの表情は必見!

      (allcinema解説)
      J・R・R・トールキンの『指輪物語』を映画化した傑作ファンタジー「ロード・オブ・ザ・リング」3部作の監督ピーター・ジャクソンが、その60年前の中つ国を舞台として描かれた児童書『ホビットの冒険』を再び3部作として映画化するファンタジー超大作の第1弾。魔法使いのガンダルフに協力を求められ、13人のドワーフたちと共に、恐るべきドラゴン“スマウグ”に奪われたドワーフの王国を奪還する危険な旅に加わったホビット族のビルボ・バギンズが辿る壮大な冒険の行方を圧倒的なスケールで描き出す。メジャー作品としては初となる、通常の倍の毎秒48フレーム(48fps)で撮影された“ハイ・フレーム・レート”方式の3D映像も話題に。出演は若きビルボ役に「銀河ヒッチハイク・ガイド」のマーティン・フリーマン、その他ガンダルフ役のイアン・マッケランはじめケイト・ブランシェット、イライジャ・ウッド、アンディ・サーキスら「ロード・オブ・ザ・リング」3部作の主要キャストも多数再登場。
      中つ国のホビット庄で穏やかに暮らしていたビルボ・バギンズはある日、旧知の魔法使いガンダルフの思いがけない訪問を受ける。ガンダルフはビルボに対し、トーリン率いる陽気な13人のドワーフたちの旅に参加してほしいと要請する。その旅の目的は、邪竜“スマウグ”に奪われたドワーフ王国を取り戻すこと。ガンダルフは、この旅にはホビットの忍びの才能が欠かせないと考えていた。最初は、危険な旅に当然のように拒絶反応を示すビルボだったが、好奇心と冒険心をくすぐられ、思わず旅の仲間に加わってしまう。しかし彼らの前には、予想を遥かに超える険しい道のりと恐ろしい怪物たちが待ち受けていた。
      >> 続きを読む

      2019/11/21 by motti

      「ホビット 思いがけない冒険」のレビュー

    • 5.0 ハラハラ

      1作目。映像に出来る時代なんですね。RPGではFF II。ミンウとガンダルフをダブらせてみたり。全員がヘナチョコから始まるというゲームの設定よりは素直に見られるな。

      2019/08/17 by tokkun1002

      「ホビット 思いがけない冒険」のレビュー

    • 3.0

      発見。このシリーズは「人間」が登場しないと子供っぽい仕上がりになる。

      2018/10/25 by つらら

      「ホビット 思いがけない冒険」のレビュー

    • 4.0

      ロード・オブザ・リングが大好きなのでこちらも何度も視聴してます。奪われたドワーフの王国を魔法使い、ドワーフ、ホビットたちが奪い返すために旅をします。エルフやゴブリン、オーク軍団も登場。灰色の魔法使いガンダルフと仲がいい茶色の魔法使いが意外に強い。ドワーフの王子が素敵です。

      2018/08/13 by bungo

      「ホビット 思いがけない冒険」のレビュー

    • 2.0

      ネットで視聴(英語字幕)

      原題:The Hobbit: An Unexpected Journey

      原作の「ホビットの冒険」は、日本では岩波少年文庫に収められていることからわかるように、年少者向けの読み物なので、この映画もそういうトーンで描かれるのかと思ったら、それは微塵もなく、「ロード・オブ・ザ・リング」と同じ雰囲気のアドベンチャー・ファンタジーとして描かれている。

      冒頭のシャイア村の牧歌的なシーンやドワーフたちがビルボの家を訪れてくるシーンではそれに気がつかなかったが、一行が旅に出て最初に遭遇する例の3人の鬼たちの場面でそれが判明する。

      原作では、ビルボの楽しい機転でここを乗り切るのだが、映画では何と、ガンダルフも加わった一大アクションシーンになってしまう。

      この3部作全般を通じて言えるのだが、なんだか難しい話になると、ハリウッド映画的というかアメリカ的というか、アクションシーン、バトルシーンで乗り切ってしまおうという荒っぽいやり方でやっていて、イギリス児童文学のユーモアあふれる趣などはどこかに消し飛んでしまった。

      確かには映像は美しく、アクションシーンも手が込んでいる。
      「ロード・オブ・ザ・リング」が大成功したので、あの調子で再度商業的な成功を狙おうとすれば、こうなるのは必然かもしれない。同じ監督・同じ俳優陣であればなおさらだ。でも、もうちょっとなんとかならなかったんでしょうか。

      原作の「ホビットの冒険」ファンとしてはがっかりだ。
      >> 続きを読む

      2017/09/09 by Raven

      「ホビット 思いがけない冒険」のレビュー

    もっとみる

    ホビット 思いがけない冒険
    ホビット オモイガケナイボウケン

    映画 「ホビット 思いがけない冒険」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画