こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

ダイ・ハード4.0

Live Free or Die Hard
ジャンル: 外国映画 , ミステリー・サスペンス , アクション
公開: 2007/06/30
製作国: アメリカ
配給: 20世紀フォックス

    ダイ・ハード4.0 の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全13件
    • 5.0 笑える ハラハラ

      ダイ・ハードシリーズは大好きです。オールタイムベストです。一体何度繰り返し観たことか。

      1作目のコンセプトの「限定空間内」はありませんが、十二分に楽しめました。

      今作は主人公のジョン・マクレーンの人間性を少し彫り下げた映画だった気がします。前作までの「夫」としてではなく「父」としてのマクレーンや、悪に立ち向かう正義感のマクレーンなりの理由、それに対する思いなどなど。
      シリーズごとに相棒がいますが、それぞれに個性があってそれもまたいいスパイスになっています。マクレーンのキャラクターに深みを持たせてくれます。
      今作の相棒のファレルはイマドキの若者ですが、男としての成長をしていきます。それを見守り、導き、そして相棒として対等に接してく様子にも「父」としてのマクレーンを感じました。

      私は、ダイ・ハードが大好きですが、正確に言えば「ジョン・マクレーン」というキャラクターが大好きです。今作は、マクレーンの新しい人間性を見れた、マクレーンをもっと好きになれた映画でした。


      車でヘリを墜落させたシーンの一言「弾切れでね」にはシビれました。そんなとこも大好き。
      >> 続きを読む

      2020/03/17 by jun88

      「ダイ・ハード4.0」のレビュー

    • 4.0 ハラハラ

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      テレビ放送を録画して再視聴

      今観ても面白いと思わせるのはさすがはダイハード
      10年経っていても古さを感じさせないのは
      物語の軸が先進的なものだったからなのだろう
      そしてダイハードシリーズはいつも悪役がしっかりしているから面白い
      今作は冷徹な切れ者ではなかったけれど
      ジョンマクレーンの対局の利己的な暴走ハッカーが途中までは
      完璧な仕掛けで追い詰めてくるところまでは良かった
      ただ悪に徹しきれていない集団のもろさが見え始めてからは
      残念な崩れ方をしてしまった。。。。。
      戦闘機のシーンは蛇足だったので、あそこでもう一押し知的な追い詰められ感があれば
      もっと緊迫したラストになっていたような気がするので残念だったかな
      ハリウッドの大作にはあーいう派手なシーンが必要なんでしょうけどね〜
      10年後に観ても楽しめるのはさすがとしか言いようがないです
      >> 続きを読む

      2018/10/02 by YSL

      「ダイ・ハード4.0」のレビュー

    • 3.0 ハラハラ

      「1」が傑作サスペンスアクションで、「2」がまた最高だった。
      で、個人的に「3」で傑作映画シリーズとは見切りをつけて凡作シリーズ突入の印象だったが、どうでもいいと思って久しかった「ロッキー・ザ・ファイナル」なんかも何気に楽しめた自分としては久々のシリーズ作というのは懐かしさも込めて多少楽しめるだろうと思いなおした。
      あたりまえといえばあたりまえだが、悪い意味でもその「3」の続編だ。

      でもね、単純に面白かったですよ。
      アクションのアイデアが度々良かった。その説得力の描写がこのシリーズの見せ処だろうし。
      トンネル内のクラッシュ、ヘリ撃墜など、予告で見ちゃってるシーンでしたが、こうなったら終盤はどんだけコテンパンに敵の大ボスをやっつけるか期待大だったのですが、その前のマクレーンの飛び降りシーンが絶頂アクションでした。

      「ターミネーター 3」ばりに敵キャラにも変化をつけたいのか女キャラが登場、アパートでファレルがPCをいじくっているシーンは「マトリックス」を連想。
      なんだか、「エネミー・オブ・アメリカ」っぽい感じでもあり、こうなったら別の映画にしたほうが って意見もあるようですが、タフガイ、ジョン・マクレーンのキャラありきでしょうからw

      何気にこの映画の主題である「デジタルvsアナログ」は劇中登場する無線機しかり、やっぱ、デジタルよりアナログのがいざというとき頑丈ですw

      タイトルの「4.0」ってのが最近のパソコンソフトなどのヴァージョンみたいで何気にデジタル寄りなのはどういうお遊びかわからんがシャレてるなぁw

      劇中とエンドロールにかかってたC・C・Rもアナログに例えてジョンマクレーンに重ねておりましたが、僕も結局は古いロックの形式が好きですからね。

      (~allcinema)
      ブルース・ウィリスが大スターへと飛躍するきっかけとなった人気シリーズ12年ぶりの続編となるサスペンス・アクション。
      「デジタル」制御された全米のインフラ機能を襲うサイバー・テロの脅威に、不運な「アナログ」刑事ジョン・マクレーンが立ち上がる。
      監督は「アンダーワールド」のレン・ワイズマン。

      アメリカ独立記念日の前夜。ワシントンDCのFBI本部に、何者かが全米のあらゆるインフラを監視するシステムにハッキングを仕掛けてきたとの情報が入り、ブラックリストに載るハッカーたちの一斉捜査が開始される。
      一方その頃、ニューヨーク市警統合テロ対策班のジョン・マクレーン警部補は、久しく顔を見ていない娘ルーシーに会うため、ニュージャージー州の大学に立ち寄っていた。
      しかし、意に反してルーシーの冷たい対応に気落ちするマクレーン。
      おまけに、たまたまそこにいたばかりに、上司から、近くに住むマットというハッカーをFBI本部まで連行せよ、とのヤボ用まで仰せつかるハメに。
      不承不承マットのアパートへと向かうマクレーンだったが、それは、またもや始まる不運の序章にすぎなかった…。
      >> 続きを読む

      2018/08/24 by motti

      「ダイ・ハード4.0」のレビュー

    • 3.0 ハラハラ

      ダイハード4.0を観たのだけれども、なんか雰囲気がTVドラマの"24"に似てきてるような気がする。
      高度情報化社会になるにつれ、コンピュータ関連のシチュエーションが増えるのは、仕方ないのだが、いま一つ人間臭いドラマの感じが薄れる気がする。
      後、コンピュータグラフィックの部分も増えて、現実感が乏しくなったかな・・・

      2017/12/29 by kuniyan

      「ダイ・ハード4.0」のレビュー

    • 4.0 ハラハラ

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      不死身の刑事、我らがヒーロー、ジョン・マクレーンが大活躍する映画「ダイ・ハード4.0」は、この大ヒットシリーズの4作目で、前作から12年ぶりとなるファン待望の痛快作だ。

      ジョン・マクレーン(ブルース・ウィリス)は、女子大生の娘ルーシー(メアリー・エリザベス・ウィンステッド)に会うため、管轄外のニュージャージー州にいた。そして、FBIから上司を通じ、近くに住むハッカーのマット(ジャスティン・ロング)の身柄拘束を命じられる。

      一方、全米のインフラを制御するシステムが、ガブリエル(ティモシー・オリファント)、マイ(マギー・Q)らサイバーテロ集団にハッキングされる。交通や金融、通信などのシステムが遠隔操作され、大混乱に陥ってしまう----。

      このプログラム作成に関わったマットは、口封じのため、ガブリエルらに命を狙われることになる。そして、電力の供給を大規模に停止しようとするガブリエルらの狙いとは? ----。

      超ハイテクなテロ集団と、生身の肉体と機転だけが頼りのローテク刑事・マクレーン。両者の力の差を補うためにハッカーの青年を刑事側に配しているが、対決の構図がシンプルなだけに、よけいに主人公マクレーンのタフさが際立つというわけだ。

      顔をさらさないテロリストの不気味な犯罪には一定のリアリティーがあり、時代の空気も、よく押さえていると思う。

      そして、車やヘリコプターだけでなく、戦闘機まで登場させたアクションシーンも圧倒的なド迫力で見応えがある。

      公開当時、50歳を過ぎたブルース・ウィリスの円熟味と、それに対するマギー・Qやジャスティン・ロング、メアリー・エリザベス・ウィンステッドら、若手の新鮮さがうまく融合していると思う。

      1973年生まれで、第1作公開時に十代半ばだったレン・ワイズマン監督の感覚も、このシリーズに新たな風をもたらしていると思う。

      ただ、東洋的な美しさのマギー・Qのアクションを「カンフー」「ニンジャ」と、昔ながらの粗っぽいくくり方をしていることだけが、少しだけ気になった。
      >> 続きを読む

      2017/02/14 by dreamer

      「ダイ・ハード4.0」のレビュー

    もっとみる

    ダイ・ハード4.0
    ダイハードヨンテンゼロ

    映画 「ダイ・ハード4.0」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画