こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

252 生存者あり

252
ジャンル: ドラマ
公開: 2008/12/05
監督:
製作国: 日本
配給: ワーナー・ブラザース映画

    252 生存者あり の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全3件
    • 2.0

      オープニングから予想はできてたけど…。どうしても「海猿」の焼き直し感が否めない。そして、桜井さっちゃん、ちょっとあーた、わがまますぎやしませんか(笑)。自分の子が心配なのはわかるけど、あなた仮にも、元レスキューの旦那の嫁でしょ!ってとこですべてが興ざめしてしまった。そして結果は…。やっぱね。オープニングの予想通りやん…。という作品だった…。唯一評価する点は、災害シミュレーションになったかな?あの自然災害のCGは。といったところでしょうかね。銀座で雹と水に襲われたら地下ではなくビル内に逃げます!(笑) >> 続きを読む

      2017/08/10 by megucchi55

      「252 生存者あり」のレビュー

    • 3.0

      海猿のパクリだ。最後は北斗の拳のようだった。

      2015/11/01 by kaiteru

      「252 生存者あり」のレビュー

    • 2.0

      なんかとんでもない災害が起きてそれを救出するハイパーレスキューと生存者のサバイバルモノ。

      でもこれは日テレのフジテレビへの対抗意識映画のようにも見える。遭難するのが「め組の大吾」「海猿」だし、最初の高波でお台場のフジテレビの球体部分がとれてしまうのだ。 

      お笑いモノである。

      この映画災害シーンは結構がんばっていると思う。だがストーリー自体にハラハラ感が皆無なのだ。

      過去の話が挿入される度に緊迫感が奪われるのである。それに台風が来るのも唐突過ぎるのも問題だ。時間との勝負感や刻一刻と変わる状況変化感が無い為に来る来る、早く早くという感じが無いのである。

      人物を描こうという映画ならば災害が大きすぎると思う。もう少し日常的に起きるかもしれない様な災害にするべきだと思う。単純なデパート火災とかの方が良かった筈だ。過去の事故と似たような状況の方がよりいい筈なのだ。

      無理にスペクタクル感を出す必要があったのだろうか?

      スペクタクル感を出すのであればもっと局地的な話だけではなく災害の全体像が見えるような話も欲しい。そして災害に対して人間の無力感と勇気があるわかりやすい話の方が良かったのではないだろうか。

      それにしてもこの映画の災害、なんだこりゃである。何でこうなるのという感じである。

      巨大な雹は降るし、巨大隕石でも落ちたのかという位の高波もくる、更に台風って、気象庁もう少ししっかりしろよという位に唐突である。

      あれ位の災害が起きたのであれば自衛隊も出動するのではないか?とか色々と災害の規模に対して国、都の対応がおかしすぎる。あの高波の被害が新橋周辺だけとは考えられない、少なくともお台場とかも壊滅しているのだ。
      >> 続きを読む

      2014/09/23 by 隼5郎

      「252 生存者あり」のレビュー

    • >最初の高波でお台場のフジテレビの球体部分がとれてしまう
      日テレ系でこれはちょっと…という感じですね>< >> 続きを読む

      2014/09/24 by coji

    • >でもこれは日テレのフジテレビへの対抗意識映画のようにも見える。
      >お笑いモノである。
      斬新なレビューでした。

      こういう災害テーマのものってオーバーなものが多いのは事実です。
      デイ・アフター・トゥモローなんかもツッコミどころありすぎでしたし。
      >> 続きを読む

      2014/09/24 by 月うさぎ

    252 生存者あり
    ニイゴウニセイゾンシャアリ

    映画 「252 生存者あり」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画