こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

私の愛情の対象

The Object of My Affection
ジャンル: ドラマ , ラブロマンス , コメディ
公開: 1998/12/05
製作国: アメリカ
配給: 20世紀フォックス映画

    私の愛情の対象 の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全1件
    • 4.0

      ラブストーリーとしては面白い題材だ。
      これまでゲイの存在は、あくまでも女性の慰め役で止まっていたはずだ。

      ところがこれは二人が知りすぎてしまったがゆえに、女性のほうがゲイの男に恋愛感情を持ってしまう。

      ジェニファー・アニストンの方にずいぶん自分勝手の印象がある。
      だが最後の決断がそれまでのもやもやを解消して、素直にハッピーエンドとさせる。

      ゲイ自体を受け入れている人が多いのも確かだが、こういうのは認められた国でしか実現不可能な物語だろう。
      そしてゲイ役のポール・ラッドが出過ぎずで、ゲイ描写も控えめなのが節度ある現実感を醸し出して面白い。

      それにしても女性の友達はゲイに限るとは、男性の心を知っているから同じように共感できるからだとか。なるほどね。
      >> 続きを読む

      2015/06/04 by オーウェン

      「私の愛情の対象」のレビュー

    私の愛情の対象
    ワタシノアイジョウノタイショウ

    映画 「私の愛情の対象」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画