こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

ワンス・アンド・フォーエバー

ジャンル: ドラマ , アクション , 戦争
公開: 2002/06/22
製作国: アメリカ
配給: ギャガ=ヒューマックス

    ワンス・アンド・フォーエバー の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全4件
    • 5.0 泣ける ハラハラ

      ベトナム戦争ノンフィクション映画。(1965年11月14日イア・ドラン渓谷の戦い~北ベトナム正規軍とアメリカ軍の初めての戦闘)

      これまでのベトナム戦争映画とは、タッチが違う!(よりシリアスで感動的である。)

      インドシナ戦争の場面から始まり、兵士の家族の悲しみの場面も盛り込まれる。
      北ベトナム正規軍の将校にもスポットがあてられている。


      久々の満点作品・・・と言っても2002年の公開であるが!
      >> 続きを読む

      2016/03/09 by 89bub

      「ワンス・アンド・フォーエバー」のレビュー

    • 4.0

      ベトナム戦争が舞台。
      大儀や正義のために人や国民を傷つけるのか、何のために兵士になり何のために戦うのか、戦いの苦しみ、訃報を伝えられる家族の悲しみ。
      戦争映画の中でもとても考えさせられる映画だと思う。
      登場人物に記者の視点を入れたこともそう思わせられるひとつだった気がする。

      2016/02/13 by よっしー

      「ワンス・アンド・フォーエバー」のレビュー

    • 5.0 泣ける 切ない ハラハラ

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      戦争映画は結構観てきた方ですが、こんなに戦争の残酷さがギュッと詰まってるとは思いもしませんでした。

      上官のありかた、残された家族、マスコミのありかたなど色々なことを考えさせられますね。

      印象的なシーンもたくさん・・・

      孤立した部隊に、敵兵士が家族を思う場面、それにヘリパイロットの二人が基地と戦地を往復する度に見せるあの表情、銃を捨てカメラを取るジャーナリスト、残された主婦が他の家族に電報を届けに行くところ...などなどどれも胸が苦しくなります。

      そんななか特に印象に残ったのが、戦闘が終わり勝利を収めた米軍が撤収した後、北ベトナム軍の指揮官が小さな星条旗の旗が木に刺さっているの見つけ手に取り、それを戻すシーン。背景には遺体の山・・・大きな代償を払ったと言いながらも戦闘に勝利した米軍に敬意を払っているのが伝わりました・・・
      >> 続きを読む

      2015/03/31 by きーく

      「ワンス・アンド・フォーエバー」のレビュー

    • 基本的に楽しい映画ばかり観ていますが、定期的にこういう映画も観ないといけないなと思っています。戦争映画としてとても良さそうですね。 >> 続きを読む

      2015/04/01 by ただひこ

    • 2.0

      戦争シーンの迫力は中々によい。
      まあ少々のリアリティはかなりツッコミ所ありますが。
      大事なのはアメリカにとって唯一の敗戦となった、ベトナム戦争を題材にしたということ。

      当然アメリカの弱い部分が必然的に出なければならない。
      だが序盤から家庭的過ぎるほどに理想の父親のようなメル・ギブソン。
      さらには愛国心ありありでアメリカ万歳を詠い、まるで軍人の鏡のような存在。

      たびたび写るアメリカ国旗といい、なぜ製作者はこうも美化したがるのかが分からない。
      これがベトナム戦争の真実であれば、捻じ曲げたアメリカの理想を国民に押し付けているとしか思えない。
      ちょうど公開時期が911に関わっていたのも偶然とはいえない筈。

      敵軍からの視点も何とも薄っぺらい描写。
      両者の視点を描きたいなら勝手に良し悪しをつけるべきではね。

      最後にアメリカ国旗を燃やしたり破いたりするベトナム人の画が描けない製作者には、反戦映画など作る気など毛頭ないのでしょう。
      戦争を煽っているとしか思えないのが悲しいかな残念な作品。
      >> 続きを読む

      2015/02/13 by オーウェン

      「ワンス・アンド・フォーエバー」のレビュー

    • 戦争映画は色々考えるきっかけになるので良いと思うのですが、美化した映画は違和感しか感じません。せっかく映画はたくさんの人にメッセージを発信できるのに、残念ですよね。 >> 続きを読む

      2015/02/13 by ただひこ

    ワンス・アンド・フォーエバー


    映画 「ワンス・アンド・フォーエバー」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画