こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

ローラーガールズ・ダイアリー

Whip It
ジャンル: 青春 , ドラマ
公開: 2010/05/22
製作国: アメリカ
配給: ギャガ

    ローラーガールズ・ダイアリー の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全10件
    • 3.0 元気が出る

      胸キュン☆青春映画...なんだろうけど少しピンとこない内容。
      ドリュー・バリモアもなんだか下品な顔つき(失礼)なので加齢とともに主役張るのもちょっとアレなんで監督デビューには拍手です。
      端役で出演というのもいいですねw
      しかし女性監督ならではというか、「家族の理解」がいちばん描きたかったことなのでしょう。
      そして男性に手厳しい印象もw
      いちばん何がピンとこないかって、ローラーゲームのルールがわかんないのネw
      興味もてないのがすでにダメダメでしたけどwソレは僕の問題。
      音楽が良かった。



      (~allcinema)
      「25年目のキス」「ラブソングができるまで」のドリュー・バリモアが、「JUNO/ジュノ」のエレン・ペイジを主演に迎えて記念すべき監督デビューを飾ったガールズ青春ストーリー。アメリカの田舎町を舞台に、母親に逆らうこともできない大人しい女子高生だったヒロインが、ワイルド&パワフルな“ローラーゲーム”の世界と出会ったことで、それまでの殻を破って自らの意志で歩み始める姿をさわやかに綴る。
       テキサスの小さな田舎町に暮らす17歳の女子高生ブリス・キャヴェンダー。美人コンテストで優勝することが娘の幸せにつながると信じる母親に違和感を抱きながらも、言われるままにミスコン中心の退屈な日々を送っていた。そんなある日、都会のオースティンに出かけた彼女は、そこで“ローラーゲーム”の存在を知り、“女性らしさ”なんてお構いなしのワイルドはスポーツにすっかり魅了されてしまう。そして、家族に内緒のまま年齢を偽って入団テストを受けみごと合格、チームの一員に迎えられる。こうして、年上の個性的なチームメイトたちの中でもまれながら、意外にも眠っていた才能を花開かせていくブリスだったが…。
      >> 続きを読む

      2018/12/26 by motti

      「ローラーガールズ・ダイアリー」のレビュー

    • 4.0

      原題は『Whip It』- 邦題がとても良い。エンドロールのポップな画とLolipopのミックスが好き。主演女優Ellen Pageの表情がどの出演作品でも生理的にツボ。

      2018/09/01 by noix

      「ローラーガールズ・ダイアリー」のレビュー

    • 4.0 元気が出る

      やることが見つからず迷っている少女が偶然見つけたのはローラーゲーム。
      憧れを抱いて始めていくが困難は多い。

      ドリュー・バリモアの初監督作は青春ものとスポーツものをミックスした、爽やかな一品となった。
      親の反対だとか定番なシチュエーションもあるがそこにこだわるのではなく、あくまでもブリスが如何にしてローラーゲームにのめり込んでいくかに焦点が当てられている。

      エレン・ペイジは演じていても嫌味がないので、すんなりと物語を納得させる。
      ただ試合のルールは説明されるが、反則の基準だとかがかなり曖昧なので、そういう細かい部分はドリューの2作目で変化を見せてくれるのだろう。
      >> 続きを読む

      2017/05/21 by オーウェン

      「ローラーガールズ・ダイアリー」のレビュー

    • 3.0

      ドリュー・バリモアの監督作品
      ドリュー・バリモアの笑い方が好きです
      ドリュー・バリモアが脇役に徹してたのが良かったです
      エレン・ペイジ可愛い
      ランドン・ピッグがかっこいい
      出演者がみんな好印象でした
      そして、ストーリーは単純明快なサクセスヒューマンドラマ
      ありきたりなんですが、ローラーゲームという日本ではあまり耳慣れない過激なスポーツのおかげで、ありきたりさも補われてました
      アメリカは凄いスポーツしてますね!
      女たちの熱き戦い
      みんなかっこよくて自立してて素敵でした
      ブリスとオリヴァーの恋愛模様が甘酸っぱくて爽やかでキュンキュンしました
      ローラーゲームのルールが最初わかりにくいのですが、ローラーゲームのシーンがたくさんあるので後半は理解して試合を楽しむ目線で観れます
      >> 続きを読む

      2016/10/22 by tomi

      「ローラーガールズ・ダイアリー」のレビュー

    • 5.0 笑える 元気が出る

      ジェンダーの視点から映画を語るのは全然好きじゃないんですが、なぜかドリュー・バリモアが製作にかかわっていると、いつも自分でも不思議なくらいジェンダーというか、女性の、ってことを意識してしまいます。それもいい意味で。
      彼女の映画は嘘っぽくなくリアルに女の子を描いているように私には見えるからでしょうかね? わざわざ女性の、って付けたくなるというのは。
      ほんと嫌いなんですけどね、ジェンダー論って。すぐ極論に走っちゃうし、そもそもジェンダーがどうのとつっかかる女性自身がイケてないことが多くて。

      でも、この映画はどうしても「女性の」ってつけて紹介したくなっちゃいます。
      物語そのものは、ヘンテコなキャラクターがいっぱい出てきて、マンガみたい。でも、そんなマンガちっくな世界から見えてくるものはとってもリアルに感じました。

      まず女子集団vs.少数男子の時の男性の「たじたじ感」がもうね、女系家族で育った私にはリアル過ぎてたまらない。
      スポーツのチームなのに、監督の言うことをメンバーがぜっんぜん聞かないの。そのスルーっぷりと監督のリアクションがおかしくておかしくて。
      バイト先のカフェのマネージャー、通称「バードマン」もそう。バイト女子二人でものすごくテキトーにあしらっていて、監督の扱い同様「あるある」過ぎて大笑い。
      いや、ほんと、女子って集団になるとこうですよね。

      そして、強くてガサツに見える女性が、プライベートではまったく別の顔を持っていたり、自己中心的でヒステリックなだけだと思っていた母親の、驚くような母性に満ちた一面が見えるところもやっぱりリアル。私が常々感じる「女性という性の素敵なところ」みたいなものが欠点と紙一重でしっかりと描かれていて、大笑いしながらも、ああ、分かるなぁ、いいなぁと思わずにはいられない。

      こんなにも女性に対して優しいまなざしの映画が作れるなんて、ドリュー・バリモアは女友達と素敵な時間をいっぱい過ごしているのかもしれないな~なんて勝手に憶測してしまいましたが、どうなんでしょうね。
      >> 続きを読む

      2016/08/31 by みけ猫

      「ローラーガールズ・ダイアリー」のレビュー

    もっとみる

    ローラーガールズ・ダイアリー
    ローラーガールズダイアリー

    映画 「ローラーガールズ・ダイアリー」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画