こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

アメリカン・ジゴロ

ジャンル: ミステリー・サスペンス , ドラマ , アクション
公開: 1980/10/25
製作国: アメリカ
配給: パラマウント映画=CIC

    アメリカン・ジゴロ の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全1件
    • 3.0

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      リチャード・ギアの着るアルマーニのスーツ見たさにDVDで借りてきました。
      話の筋をまったく知らずに見ましたが、サスペンスだったんですね。

      リチャード・ギアが着るからいいのか、とも思いましたが、やっぱり仕立てのいいスーツって感じで、よかった。ヒロインの議員夫人の私服が一貫してパンツルックだったことが気になったのですが、彼女の服もアルマーニなんでしょうか。ちらっと調べたけれどすぐにわからなかった。

      結局金がものを言うのか、とも思いますが、そういうテーマなら『シカゴ』の方が面白かった。ジゴロという職業は山田詠美の小説なんかにも出てきますし、まぁわかります。男娼ではなくて、恋人役なんですよね。女性ならコールガールという呼び名がありますが、あんな感じなのかな。有閑夫人のお遊び。美容に最適です。

      殺人事件の容疑者に仕立てられてなんとか逃げ延びようとするストーリーは面白かったけど、リチャード・ギアが演じると、だいぶお上品ですね。まぁビバリーヒルズの奥様方相手のナンバーワンジゴロがチンピラではいかんので、そういうものなんですが。お上品なだけに黒幕のリオンにすがるところが効いてくるわけですし。しかしなぁ。なんだか物足りない。

      あ、捕まっちゃうんだ、と思ったとき、フランス映画みたいだなぁと思ったのですが、ラストがちゃんとアメリカ映画でしたね。「君だったのか…僕がずっと探していたのは」って、そうじゃないよ!!それでまるくおさめようとするのか、いいのかそれで!?
      これってハッピーエンドなんでしょうか。議員夫人の愛も得られたし、無実も証明されそうだけど、すべてを捨てて得られた二人の愛の巣がいったいどれだけ続くと?二人は幸せに暮らしました、めでたしめでたし、で終わらせて、その後を描かないところがアメリカ映画のずるいところですね。いい感じで締めくくっちゃっていいんですか。『卒業』や『マディソン郡の橋』の偉大さを思い知ります。

      とはいえ議員から妻と別れるように言われたリチャード・ギアの部屋に議員夫人が会いに来たあと、散歩したときに見せるリチャード・ギアの表情は素晴らしかった。好きで好きでたまらない感じが!
      >> 続きを読む

      2016/08/18 by ワルツ

      「アメリカン・ジゴロ」のレビュー

    アメリカン・ジゴロ


    映画 「アメリカン・ジゴロ」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画