こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

小さいおうち

小さいおうち
(C)2014「小さいおうち」製作委員会
amazon.co.jp で詳細を見る
DMM.com
1クリック登録
ジャンル: ミステリー・サスペンス
公開: 2014/01/25
監督:
製作国: 日本
配給: 松竹
昭和11年。田舎から出てきた純真な娘・タキ(黒木華)は、東京郊外に建つ少しモダンな、赤い三角屋根の小さなお家で、女中として働きはじめた。そこには、若く美しい奥様・時子(松たか子)と旦那様・雅樹(片岡孝太郎)、そして可愛いお坊ちゃまが、穏やかに暮らしていた。しかしある日、一人の青年・板倉(吉岡秀隆)が現れ、奥様の心があやしく傾いていく。タキは、複雑な思いを胸に、その行方を見つめ続けるが――。それから60数年後の現代。晩年のタキ(倍賞千恵子)が大学ノートに綴った自叙伝には、“小さいおうち”で過ごした日々の記憶が記されていた。遺されたノートを読んだ親類の健史(妻夫木聡)は、秘められ続けてきた思いもよらない真実に辿り着く。 >> 続きを読む

    出演:松たか子、黒木華、片岡孝太郎、吉岡秀隆、妻夫木聡、倍賞千恵子 原作:中島京子「小さいおうち」(文春文庫刊) 監督:山田洋次 脚本:山田洋次・平松恵美子 音楽:久石譲 製作:「小さいおうち」製作委員会 制作・配給:松竹株式会社

    小さいおうち の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全28件
    • 3.0

      原作を以前読んでいたので、内容はわかっていたのだけど、それぞれのキャラの配役がかなり良かったので満足(笑)ただ、私的には原作を読了後感じたのは、女中は奥様を好きだったのでは?というもので、その雰囲気は映画には出ていなかったので、私の読み違いかな?(  ̄▽ ̄)

      2019/04/19 by あっちゃん

      「小さいおうち」のレビュー

    • 4.0 切ない ハラハラ

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      山田洋次監督の82作目の「小さいおうち」は、中島京子の直木賞受賞作の映画化作品で、ある家族の秘密を抱えた女中の生きざまが軸となる映画だ。

      昭和初期、忍び寄る戦争の影を遠景に、モダンな家に住む中産階級の快活な日常と、奥さま(松たか子)の道ならぬ恋が、女中の視点で描かれる。

      平成の現代、亡くなったばかりの元女中タキ(倍賞千恵子)が残した回顧録を、仲が良かった親類の青年(妻夫木聡)が読み進める。

      若き日のタキ(黒木華)は、昭和10年に山形から上京。
      玩具会社の重役夫婦と息子が暮らす家に奉公に入った。
      お洒落で優しい奥さま時子に憧れ、尽くす喜びに満たされていった。

      しかし、旦那様が部下の板倉(吉岡秀隆)を家に招くと風向きが変わる。
      板倉と奥さまは惹かれ合い密会。

      それを知ったタキは、ハラハラして胸を痛める。
      やがて、板倉のもとに召集令状が届き-----。

      山田洋次監督は、自身も知る当時の空気と、タキが何を大切にして生きたかを伝えたかったのだろうと推測する。

      推測したのは、視点が「奥さまを見守るタキ」「タキを思う青年」と何度も切り替わり、登場人物がやや遠くに感じられて、焦点を合わせにくいためだ。

      興味を持続させるのは奥さまの恋と、タキが抱えた秘密の行方の2点。
      ただ、密会の淫靡さや抑えきれぬ熱情は漂わず、上品さでコーティングされている。

      タキが抱えた秘密の行く末には、通常のミステリが持つような劇的な快感はない。
      脚本は原作にほぼ忠実だ。

      大好きな奥さまとその家族を思うタキの葛藤と、タキのその後の人生に焦点を絞って見ると味わいやすいと思う。

      それにしても、割烹着姿がよく似合う、黒木華の好演が光っていたと思う。
      >> 続きを読む

      2019/03/06 by dreamer

      「小さいおうち」のレビュー

    • 4.0

      黒木華さんに吉岡秀隆さん、昭和の似合う俳優さんの演技が素敵です。タキちゃんは奥様のことを思って手紙を渡さなかったのか、タキちゃんも板倉さんのこと好きだったんじゃないのかな、とか。板倉さんはお見合いを素直に受け入れ結婚し、その上で奥様とW不倫してたらどうなったのかな、とか。不倫という秘密を抱えたまま夫婦揃って死んでしまったけど奥様だけが生き残って板倉さんと二人生き延びたとしても、その先に幸せはあったのかな、とかいろいろと妄想が膨らむ物語。板倉さんとタキちゃんが再会する可能性もありますね。吉岡秀隆さんと中島朋子さんが直接会話をする場面が見たかったです(某ドラマの影響)。 >> 続きを読む

      2018/09/21 by aya5150

      「小さいおうち」のレビュー

    • 4.0 切ない ハラハラ

      祖母である布宮タキの葬式時、孫の健史はタキが自叙伝を書いていたことを思い出す。
      それは赤い三角の屋根の小さな家。
      平井家に奉公することになったタキが目撃したある秘密が綴られていた。

      山田洋次クラスになるとこういう小規模な作品はお目にかかれないと思っていたが、秘密を実に慎ましく丁寧に描いている。

      単なる家族ドラマと思っていたら、最後のほうにはミステリーの要素も浮かびあがっていく。
      きちんとそれを匂わせる演出も施しており、時代性ゆえにという日本の感覚も分からせていく。

      もはや松たか子は別格といえるほど上手いが、女中の役割をこなす古風な顔立ちの黒木華も悪くない。
      それにしても山田洋次の映画は増々小津安二郎みたくなってきたな。
      >> 続きを読む

      2018/05/13 by オーウェン

      「小さいおうち」のレビュー

    • 5.0

      人との出会いと別れ、もう一度会いたいと思いながらそれが叶うこともなく人生が過ぎて行く。誰でも持っているそんな胸の疼きを思い出す。思わず涙がこぼれた。地味だけど佳い作品と思う。

      2017/07/09 by masa_26

      「小さいおうち」のレビュー

    もっとみる

    小さいおうち
    チイサイオウチ

    映画 「小さいおうち」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画