こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

共喰い

公開: 2013/09/07
監督:
製作国: 日本
配給: ビターズ・エンド

    共喰い の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全4件
    • 3.0

      小説は読んでないが、芥川賞発表の際の田中慎弥氏の発言が話題になったことを思い出す作品。

      父親のセックスの時に暴力をふるう性癖を毛嫌いしている息子の遠馬。
      遠馬は母親や幼馴染の恋人などを通じて、その父親の血を受け継いだことを忌み嫌うようになる。

      形容しがたい人間を主役に持ってくることで、感想に戸惑う作品。
      こういうキチガイのような人間がいる場合、なぜ行動に移さないのかを遠くから見つめる様が実に歯がゆい。

      それに知りたいのは父親である円であり、なぜこういう人間が出来上がったのか。
      その過去を知りたくなる。
      >> 続きを読む

      2018/03/24 by オーウェン

      「共喰い」のレビュー

    • 評価なし 切ない

      朝連ドラに出てた子供がエッチシーンをしているのでびっくり!そんで良く解んなくて途中で観るのを止めました。

      2014/12/29 by いわさかり

      「共喰い」のレビュー

    • 5.0

      ぐいぐい狂気が迫ってきますなぁ。
      それにしても、こんな少し壊れた役、田中裕子さんはすごいですね。

      2014/03/25 by gas4476

      「共喰い」のレビュー

    • 結構過激な映画みたいですね。。。

      2014/03/25 by ◆空太◆

    • カマキリを思い出しちゃいます・・・

      2014/03/25 by makoto

    • 3.0

      感想川柳「憎んでも いつのまにか 同じ道」

      昭和63年の夏、山口県下関市。17歳の遠馬は父親とその愛人と暮らしている。普段は明るい父だが、彼にはセックスの時に女を殴る暴力的な性癖があった。戦争で左手を失った遠馬の実母は、そんな夫に愛想を尽かし、遠馬を産んですぐに家を出て魚屋を営んでいる。日常的に父の乱暴な性交場面を目の当たりにし、嫌悪感を募らせていく遠馬。しかし幼なじみの彼女・千種と何度も交わるうちに、思わず千種の首を絞めてしまい自分にも確かに父と同じ、忌まわしい血が流れていることに気付いてしまう…というお話。

      原作も読んだことないしあまり興味無かったんですが、普段は良いおじさん役の光石研がまた酷い親父役ということで気になりました。(菅田将暉はまだこの時知らず)
      ヒミズの時も悪い親父で、あまりに別人で気付かなかったくらいでしたから。(^^;

      実際観てみたら田中裕子の演技も負けず劣らずで凄い良かったです。(´・ω・`)内容は普通…でもないか、あれがあるから。(。´Д⊂)ラストはオリジナルエンディングらしいのですが逞しいなぁ。

      自分も親父のダメなとこを受け継いでるので他人事だとは思えなかったです。(。´Д⊂)
      >> 続きを読む

      2014/03/24 by Jinyuuto

      「共喰い」のレビュー

    • 親に似ることって喜ばしいことだけじゃないんですよね。。。

      2014/03/25 by ◆空太◆

    • >共喰い

      痛そうな字ですね・・・

      2014/03/25 by makoto

    共喰い
    トモグイ

    映画 「共喰い」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画