こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

ぼくらの家路

JACK
ぼくらの家路
© PORT-AU-PRINCE Film & Kultur Produktion GmbH
9月19日(土)より、ヒューマントラストシネマ有楽町ほかにて全国公開
1クリック登録
公開: 2015/09/19
製作国: ドイツ
配給: ショウゲート
第64回ベルリン国際映画祭 コンペティション部門正式出品
数々の映画祭で絶賛され、観客賞や審査員賞を受賞した珠玉の作品

2014年のベルリン国際映画祭は、新しい才能の誕生に沸いた。「並外れた演技力」「忘れがたい」「彼を見るための映画」とメディアから絶賛されたのは、これが俳優デビュー作となるイヴォ・ピッツカー。ドイツ中で6カ月もの間、毎日開かれたオーディションの最終日に、何百人という応募者の中から見出された逸材だ。
彼が演じるのは、主人公のジャック。幼い弟と二人で、突然いなくなった母親を捜し歩く。私たちが見守るのは、そんな彼らの3日間の旅。お金も食べ物も、寝るところもなく、頼れる大人もいない二人に次々とトラブルが襲い掛かる。まだ靴紐も結べない、か弱い弟を守るために、勇気と知恵をふり絞って次第に逞しくなっていくジャック。緊迫感あふれるカメラが迫る、魅惑的なベルリンの街の素顔も見どころの一つだ。
旅の果てにジャックが下す最後の決断に、誰もが自身の“大人になった瞬間”を振り返り、胸が熱くなる感動作の誕生だ。

【あらすじ】
10歳のジャックは、6歳になる弟のマヌエルの世話で毎日大忙し。優しいけれど、まだ若いシングルマザーの母は、恋人との時間や夜遊びを優先していた。ところが、ある事件からジャックは養護施設に預けられることになる。
友達もできず、施設になじめないジャック。待ち続けた夏休みに母のお迎えが来ないことを知り、がっかりしたジャックは、施設を飛び出し弟を迎えに行く。母を捜してベルリン中を駆け回る兄弟。小さな肩を寄せ合う二人は、再び母の腕の中に帰ることが出来るのか──?
>> 続きを読む

    ■監督 エドワード・ベルガー ■脚本 エドワード・ベルガー、ネル・ ミュラー=ストフェン ■製作 ヤン・クルーガー、レネ・ローマート ■出演 イヴォ・ピーチュカー、ゲオルグ・アームズ、ルイーズ・ヘイヤー、ネル・ ミュラー=ストフェン、ヴィンセント・レデツキ、ヤコブ・マッチェンツ ■配給 ショウゲート 2013年/ドイツ/ビスタ/5.1ch/1時間43分/原題:JACK/PG12/日本語字幕:吉川美奈子

    ぼくらの家路 の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全2件
    • 3.0

      ずーっと静かに進む映画
      優しい母親、愛情はあるようである
      でもネグレクト
      父親もおらず恋人を取っ替え引っ替えしている
      そんな母親でも子どもにとっては絶大な存在
      長男ジャックは弟マヌエルの世話もしなければいけない
      まだ子どもであるはずの年齢なのに
      マヌエルがお風呂でやけどしてしまったことがきっかけで、ジャックは児童福祉施設に、マヌエルは母親の友達に預けられる
      しかし、ジャックは施設を飛び出しマヌエルを迎えに行き、母親探しの旅に出かける
      この旅はただの母親探しではなく、大人になるしかないという決断をする為の旅だったのだと、最後のシーンで思う
      もっと大人が関わり必死に子どもたちを守ろう、助けようとしてくれたら
      こんなことにはならなかったかもしれない
      もっと施設の大人や警察や、発見した大人や助けを求めた大人たちが気づければ
      >> 続きを読む

      2016/10/30 by tomi

      「ぼくらの家路」のレビュー

    • 3.0 切ない

      施設に預けられた少年が幼い弟と母親を探す物語!淡々としていて、少年のドキュメンタリーかと見紛う撮り方!そして、コレは冒険物語では無く、成長物語なんだと解るラストに少年の決断が秀逸!本来なら、子供でいられる年齢なのを思うと心が痛い(泣)

      2016/03/29 by あっちゃん

      「ぼくらの家路」のレビュー

    ぼくらの家路
    ボクラノイエジ

    映画 「ぼくらの家路」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画