こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

気狂いピエロ

Pierrot Le Fou
ジャンル: ドラマ
公開: 1967/07/07
製作国: フランス
配給: 日本ヘラルド映画

    気狂いピエロ の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全4件
    • 4.0

      ゴダールの代表作の一つなので、ちょくちょく映画館でかかってはいるのですが、そのたびに見逃しているので、諦めてDVDで観ました。

      ゴダールの映画は独特のリズムと雰囲気があって、ユニークですね。ジャンル分けは無意味なので、しません。そしてアンナ・カリーナの美しいこと!青いアイシャドウと赤いワンピースが良く似合う。嘘つきな女でも、アンナ・カリーナなら!「ずっと一緒にいるわ」なんて言ってくれるなら、嘘でもいいでしょ!物騒なもの手にしたり、ハサミ構えたりするのすら、コケティッシュで悪魔的でかわいかった。なんなんだ、あのかわいらしさは…
      赤は、この映画のテーマカラーでしたね。逃走するときの車のシートも赤でした。そしてもちろん、血の色でもある。

      色遣いは全編通して気を使っているのがよくわかりました。冒頭のパーティのライトの色とか、ラストでフェルディナンドが顔を青く塗るのも。

      さて。途中でちょくちょくやってくる意味不明なシーン(町の人間が突然名乗り始めたり)ですが、この辺がジャンル分け無意味のゆえんですよね。そもそも二人が逃亡することになった経緯もいまいちよくわからない。説明されない。ストーリーが意味わからん。でもここまで有名なのは、他の映画とあまりにも違うから、そして、「なんかよくわかんけどすごい!」と思わせる何かがあるからなのでは。
      たとえば芝居がかったナレーションやカメラ目線など、実に演劇的です。でもカメラでしかできないことをいくつもやっていて、やっぱりこれは「映画」という形式である必要があったんだな、とわかります。映画と演劇との最大の違いは、視点の移動が可能かどうかだと思うのですが、たとえば車の中での会話のシーンなんかは、カメラは定点なので演劇でも再現可能です。しかしあの光が過ぎていく演出はやっぱり映画でしかできないんですよね。色と光と音とカメラをうまく組み合わせた芸術作品なんだよなぁ、としみじみ思います。

      でもわけわかんないのは確かなんですけどね!わからないことをわからないままでいられない人には、あまり向いていないのかもしれません。わからなくたって、いいんですよ。だって説明されてないんですもん。暗喩がどうとかとか、知るかって感じですし。

      ちなみに私が一番おお、と思ったのは、ラストのシーンです。フェルディナンドの叫び声が素晴らしくて。ジャン・ポール・ベルナンド、素晴らしかった。
      >> 続きを読む

      2016/11/20 by ワルツ

      「気狂いピエロ」のレビュー

    • 4.0 クール

       デジタルマスター版を映画館で鑑賞。

       出てくる人たちの行動や身に着けているものや、地中海に面した町や、話の展開が、ことごとくおしゃれでかっこいい。ブルジョワ的な余裕の逃走劇というのか。そして、ドライだ。

       公開当時はその自由さや疾走感で、観客に相当なインパクトがあったのだろうと想像する。

       恋をした男女が最終的に行き着く先は、形こそ全く違うにせよ、こういう結末なのではないかと、普遍的なものも感じた。マリアンヌの選択にはそうだろうなと共感した。衝撃のラストだが、感想は、勝手にしやがれ…という感じだった。

       映画館には、わたしが普段は映画館でみかけない、とてもインテリで賢そうな人が5人に1人くらいいた。あのような人たちが、映画のどこに心を動かされるのか、聞いてみたいものだと思った。
      >> 続きを読む

      2016/11/15 by ta-sa

      「気狂いピエロ」のレビュー

    • 3.0

      フランス映画だ。ある意味ロードムービーのような映像が美しい。

      2015/12/14 by kaiteru

      「気狂いピエロ」のレビュー

    • 4.0

      詩的でアートチックな映画。
      正直なところよくわからない感じではあるがおそらく噛めば噛むほどおいしくなる系映画だと思う。一回じゃあ上手く考えがまとまらない。

      ただ映像美とか色の使い方とか凄いなというのはびんびん感じた。小さいギャングが倒れたあの部屋での赤の使い方とか好きだ。絵画や置物と小道具にこだわりが行き届いている。

      あのラストはしてやられた。

      2015/06/04 by きりゅう

      「気狂いピエロ」のレビュー

    気狂いピエロ
    キチガイピエロキグルイピエロ

    映画 「気狂いピエロ」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画