こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

ミツバチのささやき

El Espiritu de la Colmena
ジャンル: ドラマ
公開: 1985/02/09
製作国: スペイン
配給: フランス映画社

    ミツバチのささやき の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全3件
    • 4.0

      画がとっても素晴らしかった。構図としても良かったが、単純に少女の光輝く瞳も素敵だ。雰囲気の描き方も繊細で、登場人物に孤独の影がつきまわっている。それが見えない壁のように感じられ、家族一人一人が孤立しているように見えた。その仕切られた関係性が蜂の巣のようだ。

      内容はどこか寓話的。『フランケンシュタイン』の要素が含まれているのもそうだけど、スペイン内戦終結というのもある。詳しくはわからないけど込められた歴史的背景を象徴化することで、検閲を逃れたそうな。それらを知ったうえでもう一度見たら別の面白さも味わえるかも。 >> 続きを読む

      2018/01/31 by きりゅう

      「ミツバチのささやき」のレビュー

    • 4.0

      不思議な映画だった。ある意味フランスらしい。スペインフランコ政権において上映されたフランケンシュタインに感化された少女の心情を描いたのか。蜜蜂の意味は何なのか。未だ明確な答えが見いだせない。少女たちの何にでも興味を示す好奇心の高さと、無邪気さは見ていて微笑ましく、悲しくも感じた。

      2017/08/08 by claus

      「ミツバチのささやき」のレビュー

    • 4.0

      地元の小劇場でのビクトル・エリセ特集で初めて拝見。正直、この作品の真価を私が1回さらっと見た程度で理解できたのかは甚だ疑問。というか、自信ありません。感想すら、何を書いていいのか戸惑い気味。時代背景も鑑賞後に入手したチラシを読んで、ようやく多少分かったという状態。お話は、フランコ政権下のスペインで割りを食った養蜂家の一家の幼女が、フランケンシュタインの映画を見て、姉にあの怪物は実在すると吹き込まれ、怪物を探してまわるというもの。一見のどかなようですが、いろいろメタファーなどがありそうで、意味ありげな描写がいろいろ。その辺を充分に理解できた気がしないのが、ちょっと悔しいです。いつか再見したいと思っていますが、それにはもっと予習が必要である気がしています。本当に何も知らず、分からず、サラッと見るだけだと、結構退屈なお話と映るかも知れませんね。星四つは現時点での私なりの評価です。 >> 続きを読む

      2015/06/20 by ぴぐじい

      「ミツバチのささやき」のレビュー

    ミツバチのささやき
    ミツバチノササヤキ

    映画 「ミツバチのささやき」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画