こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

ザ・フライ2 二世誕生

The Fly II
ジャンル: ホラー , SF
公開: 1989/05/03
製作国: アメリカ
配給: 20世紀フォックス

    ザ・フライ2 二世誕生 の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全3件
    • 3.0 ハラハラ

       蠅男の恐怖から5年、父親の血を継いだ少年は異常な速度で成長していった。バートック産業は物質転送器「テレポッド」の改善のために少年を育てるのだが。
       前作より監督もキャストも様変わりし、ただでさえ2と聞けばつまらなくなるものというイメージを抱いていたが、以外にも面白い作品であった。前作は天才科学者の暴走と変わりゆく自身への恐怖がメインテーマであったのに対し、本作はまさかの恋愛がメインテーマとなっている。正直前作の不満点がヒロインの思考と行動であったために、ある種見たかった「蠅男の恐怖」が見られた気がする。
       前作のブランドル・フライがとった行動が正しかったかどうかを息子のフランドル・ジュニアが恋人の手を借りて確認する。真実の愛を持ってワンマンだった父親を超えるという内容となっており、ある種正統的な2作目の構造を取っている。物語は一辺倒であるのに先が見えない展開という矛盾しているかのような構成を実現している。また、「犬」の描写の上手さが何とも言えない感情を的確に想起させてくれる。
       ただし前作の既視感がぬぐえないのは欠点。前作以上に完成体に近いブランドル・フライの描写や彼のホラー映画的活躍もあるものの、全体としてほとんど前作をなぞっている。かなり省略しているため、くどく感じることこそ少ないが、自身の変化への恐怖の描写が薄くなるというジレンマには対応策が無かったようだ。
      >> 続きを読む

      2017/11/23 by answer42

      「ザ・フライ2 二世誕生」のレビュー

    • 2.0

      クローネンバーグを始め前作キャストはほぼ撤退した中で、続編はその行方が気になったお腹の中に残された赤ちゃん。

      その赤ちゃんが成長してまたもやハエ男にとなる展開だが、これは無理やり感が強く残る。
      色々なぜ?があり、監禁されてあんなに普通に育つかという疑問。

      なぜハエ男化がこんなにも遅いのかなどもある。
      グロイ面では文句はないが、終盤は単なるB級に落ちぶれ。

      最後はそりゃないだろと。
      単なる復讐ものに切り替わる場面には素直に納得できない。
      これなら運命を受け入れてハエ男として生きるだとか、余韻を感じさせた方が1作目のようなドラマを作れたはずだ。
      >> 続きを読む

      2015/06/04 by オーウェン

      「ザ・フライ2 二世誕生」のレビュー

    • 4.0 ハラハラ

      感想川柳「同じかと 思わせといて あのラスト」

      確か続編だから観たような?(゜ρ゜)

      バートック産業の要塞のような科学研究所で誕生した赤ん坊、それは巨大な昆虫の卵のようなものから殼を割って産まれ出た。マーティン・ブランドルと名付けられたその赤ん坊は、遺伝子レベルで人間とハエのそれが混ざりあったミュータントで、異常なスピードで育ってゆき、脳の発達も早い天才児であった…というお話。


      これもある意味テラフォーマーズのヒントになってますよね。(;゜∀゜)


      ラストは意外な結末だったので、続編なのに面白いと思いました。σ(´・д・`)あれで前作を踏襲してたら駄作だったでしょうね。
      >> 続きを読む

      2013/12/15 by Jinyuuto

      「ザ・フライ2 二世誕生」のレビュー

    • 蝿男の動きを見ていると、何だが体中が痒くなってきます...

      2013/12/16 by ice

    • こういう目だと、どんな風に見えてるんでしょうねー

      2013/12/16 by makoto

    ザ・フライ2 二世誕生
    ザフライツーニセイタンジョウ

    映画 「ザ・フライ2 二世誕生」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画