こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

大いなる眠り

ジャンル: 外国映画 , ミステリー・サスペンス , アクション
製作国: イギリス

    大いなる眠り の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全1件
    • 3.0

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      この映画「大いなる眠り」は、レイモンド・チャンドラー原作の同名小説の映画化作品で、お馴染みの私立探偵、フィリップ・マーロウをロバート・ミッチャムが「さらば愛しき女よ」に続いて演じた第二弾だ。

      この作品でも、ロバート・ミッチャムが、物憂げな表情、人生に少々疲れた身のこなしで、相変わらず魅力的なフィリップ・マーロウ像を創り上げていると思う。

      依頼人スターンウッド将軍(ジェームズ・スチュアート)の娘が関わっている脅迫事件の調査に乗り出すマーロウ。将軍の娘の夫の失踪を追ううちに、マーロウはロンドンの犯罪世界に踏み込んでいくのだった------。

      かつて、この原作をハワード・ホークス監督が「三つ数えろ」という邦題で映画化した1946年当時では描くことが出来なかった猥本ネタや、原作やこの「三つ数えろ」という映画版では曖昧にしか描かれていなかった、スターンウッド家の運転手オウエン・テイラーの謎の行動などが、この「大いなる眠り」では丁寧に描かれていると思う。

      このような原作を補完するようなリメイク作品ならば大歓迎だ。ただ、イギリス資本の映画なので、舞台がカリフォルニアからロンドンに映されていて、違和感はなくもないが、そもそもレイモンド・チャンドラーの英国趣味を考えるならば、こういう改変も悪くない。

      そして、監督が英国出身のマイケル・ウィナーで、当時、チャールズ・ブロンソンと組んで「狼よさらば」などを撮っていたせいもあり、クライム・ノベルのような硬質感が漂っていると思う。

      映画好きとして嬉しいのは、ジェームズ・スチュアートやオリバー・リードといった往年の大スターたちがぞろぞろ出てくる豪華なキャスティングも見ものだ。
      >> 続きを読む

      2017/09/03 by dreamer

      「大いなる眠り」のレビュー

    この映画を最近、ラックに追加した会員

    大いなる眠り
    オオイナルネムリ

    映画 「大いなる眠り」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画