こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

ミラグロ 奇跡の地

The Milagro Beanfield War
ジャンル: 外国映画 , ドラマ , SF , ファンタジー , アクション
公開: 1988/10/01
製作国: アメリカ
配給: UIP

    ミラグロ 奇跡の地 の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全2件
    • 3.0

      さびれた田舎町のミラグロにレジャー施設を建設するという計画が上がり、土地を買い取っていたが、ホセのもつ土地が水浸しになる。ホセはこれを機に、元の畑として活用しようとするが、政府や企業側はそれを許さない。町民はホセを煙たがったが、徐々に風向きが変わり・・。

      2018/09/11 by kinako

      「ミラグロ 奇跡の地」のレビュー

    • 4.0 クール

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      "ユーモアとペーソスの中にも心やさしく心温まるロバート・レッドフォード監督2作目の映画 「ミラグロ 奇跡の地」"

      この映画「ミラグロ 奇跡の地」は、ロバート・レッドフォード監督の「普通の人々」に続く2作目の作品です。ロバート・レッドフォードが監督デビュー作の「普通の人々」でいきなり、アカデミー賞の最優秀監督賞を受賞という快挙を成し遂げ、その2作目はどんな作品を撮るのか非常に注目されていましたが、2作目に選んだ作品は非常に地味だけれども、ユーモアとペーソスの中にも心やさしく、心温まるいい映画を撮ってくれました。

      のどかな自然に囲まれたニューメキシコ州の小さな田舎町ミラグロ。こんな自然に恵まれた田舎町で、人々は小さな幸せを噛みしめて暮らしていました----しかし、企業の圧力で水の利権がコントロールされ、更に一大レジャーランドが建設されようとするに及んで、この小さな田舎町は大混乱に陥っていきます。

      水がなくては豆さえ作れないため、とうとう、禁じられた小川の水を引いて豆畑を耕そうとする青年、ホセが現われます。その他にも、弁護士で新聞を発行している青年。自費でホセの擁護の記事を書く女性。研究論文を書くために町へやって来た学生。大企業の社長や州の警察官、そして保安官。

      このミラグロの町を見つめ、反応する人たちは"時代の当事者であり証言者"でもあるという事を、レッドフォード監督は冷静なタッチで淡々と描いていきます。

      このミラグロとは、ミラクル、奇跡を意味しています。大自然まで利権のために変えていこうとする人間と、自然の中に生きたいと願う人間たちの争いが、決して類型的ではなく、微笑ましくもあり、ユーモラスに、そしてペーソスも混じえて、やがてドラマティックに描かれていきます。

      ミラグロの町に飄々と現れて奇跡を起こす老人は、あたかも"神"を象徴するように暗示的に描かれています。そして、州の警察官を演じるクリストファー・ウォーケンが表面的な悪役ではなく、人間としての内部相克の哀しい表情まで見せて、凄い演技をするのには、正直、驚きました。「ディア・ハンター」での凄い演技で強烈な印象が残っていた俳優ですが、この映画でも、ただ者ではない性格俳優の凄みを見せてくれました。

      この映画「ミラグロ 奇跡の地」は、ロバート・レッドフォードの思想、ライフスタイルに対する考え方がストレートに出ている作品としても、興味深い作品だったと思います。

      なお、この映画は1988年度の第61回アカデミー賞で、ロバート・レッドフォードの長年の盟友である、デイヴ・グルーシンが最優秀作曲賞を受賞しています。
      >> 続きを読む

      2016/05/29 by dreamer

      「ミラグロ 奇跡の地」のレビュー

    この映画を最近、ラックに追加した会員

    ミラグロ 奇跡の地
    ミラグロキセキノチ

    映画 「ミラグロ 奇跡の地」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画