こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

女の園

ジャンル: 青春 , 日本映画 , ドラマ
公開: 1954/03/16
監督:
製作国: 日本
配給: 松竹

    女の園 の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全1件
    • 4.0 ハラハラ

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      女優の鎬の削りあい映画である。高峰秀子、岸恵子、久我美子、高峰三枝子、東山千栄子など、そうそうたる女優が一堂に会し、
      それぞれの女優の味をこれでもかというくらい出し合っている。個人的に高峰三枝子の演技がよかった。サブで出てくる浪花千恵子なんかも面白くて良い。
      なにより、こんなにたくさんの女優たちが出ながらも、キャラの被りがなく、しかもそれぞれの人物にしっかりとした背景や考え方を持たせ
      演じ分けさせた木下恵介の手腕が見られる映画。
      この話で面白いのは、完全な被害者は誰もいないということだ。抗議運動に参加した中には、すぐにでも学校をやめて他に行くあてのある学生もいるし、
      久我美子だって家庭での窮屈な思いをぶつけていただけだと言われてしまう。
      高峰秀子演じる主人公を自殺に追い込んだのは学校や親の封建的で制圧的な態度が原因であろうが、それに同調して抗議する学生たちを見てみると、
      君、そうでもないな?みたいなのが結構いる。
      そして同時に完全な加害者もいない。みんな微妙にかわいそうだし、微妙に自己中心的。
      勧善懲悪ではないしハッピーエンドでもないのですっきりしない作品であることは間違いない。
      しかし人間の本質を射抜いたストーリー、女優の演技のしのぎあい、学生運動のにおいを感じる歴史的な資料としてとても興味深かった。
      また音楽の使い方もドラマチックで、見事にはまっている。
      >> 続きを読む

      2016/11/02 by 130

      「女の園」のレビュー

    この映画を最近、ラックに追加した会員

    女の園
    オンナノソノ

    映画 「女の園」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画