こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

ザ・レイド GOKUDO

THE RAID2:BERANDAL
ザ・レイド GOKUDO
(C)2013 PT Merantau Films
新宿ミラノ、丸の内TOEIほか全国ロードショー
1クリック登録
公開: 2014/11/22
配給: KADOKAWA
【新世紀のアクション総力戦!】
全米、そして全世界に殴り込みをかける最強クルーが各国から集結し、日本人豪華キャストも重要な役回りで参戦。それがアジアの誇る国際的クライム・アクション超大作『ザ・レイド GOKUDO』だ。
2011年、革新的傑作と評された『ザ・レイド』。驚異のノンストップ・ハイテンション・アクションで描かれた前作に深みのあるドラマ性が加わり、カーチェイスや新しいキャラクターが彩りとなった本作は全面的にパワーアップしている。潜入捜査の葛藤、親子の愛憎を核としたマフィアの内紛、そして国境を越えた抗争の勃発など『ゴッドファーザー』ばりの壮大な物語の中で、あらゆる活劇スタイルを融合して昇華した最新進化形というべき極限のアクションが描かれる。
監督はイギリス出身、インドネシア在住のギャレス・エヴァンス。アジアから新世代のアクションを発信する気鋭として世界中の注目を集めている。主人公ラマを演じるのはシラットの達人、イコ・ウワイス。そして日本映画をこよなく愛するエヴァンスは、今回登場するマフィアの1つを“GOKUDO(極道)”に設定し、松田龍平・遠藤憲一・北村一輝ら日本人のキャストを迎え入れた。
本作はすでに全米で非英語作品として異例の規模で公開し、前作同様のヒットを記録した。トロント映画祭で熱狂の渦を巻き起こし、映画史に名を刻むことになるであろう新世代の才能の炸裂は観る者の心を躍らせざるを得ない。

【潜入捜査官ひとりvs. マフィア、日本人ヤクザ、殺し屋たち…】
新人警官である主人公ラマ。警察の上層部に命じられたラマは、悪の世界に潜入することになる。組織を上へとたどり、トップで糸を引く悪徳政治家や汚職警官に行き着くために、彼は偽名で刑務所に入り、マフィアのボスの息子であるウチョの信頼を得て組織の一員になる。やがて父親への反抗心から新興のギャングと手を組み、成り上がりを企てるウチョの陰謀に巻き込まれていく。対立する日本人ヤクザとの抗争、そして殺し屋たちの暗躍…、ラマは誰も対峙したこともない、終わりない死闘を繰り広げることになる―。
>> 続きを読む

    監督・脚本:ギャレス・エヴァンス 出演:イコ・ウワイス、アリフィン・プトラ、松田龍平、遠藤憲一、北村一輝 2014/インドネシア映画/146分/カラー/シネスコープ

    ザ・レイド GOKUDO の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全8件
    • 4.0 ハラハラ

      「ザ・レイド」の1自体はそれほどアクションがすごいとは思わなかったが、この2作目はあらゆる面でパワーアップが見られる。

      1は高層ビルという限定された空間だったため、アクションの型も見せ方を変えてはいたが似たようなものになるのは否めなかった。
      それが今作では部屋や狭い空間に車内など、あらゆる場所がアクションの舞台になる。

      そしてカメラワークがとにかく動きまくる。
      回転したり反転したりなどでアクションに躍動をもたらし、極めつけはカーアクションで車外から車内に入り、車道を抜けていくという、「マトリックス リローデッド」で見せたものを進化させている点。

      キャラも個性的になっており細分化が見られるのも考えられている。
      アクション以外の部分では大人しいのが勿体なく、流石に2時間半は長いが、それに耐えうるアクションによって溜飲が下がる。

      ラストは思いっきり3に繋げられるが、日本としては期待していいんだよね?
      >> 続きを読む

      2019/07/17 by オーウェン

      「ザ・レイド GOKUDO」のレビュー

    • 5.0 ハラハラ 元気が出る クール

      究極のアクション映画
      これを見てから他のアクション映画を見ても少し見劣りしちゃうようになってしまったぞw
      前作も面白いけど、個人的にはこちらの方が好み

      日本版ではカットされたシーンが至高のシーンでもあるから、絶対BDで見てくれよな!
      2時間越えだけどアドレナリン出っ放しでしんどくなるぐらい最高
      やっぱシラットって神だわ >> 続きを読む

      2018/10/21 by ビリヘリ

      「ザ・レイド GOKUDO」のレビュー

    • 3.0

      低予算の超絶アクション映画『ザ・レイド』の続編。
      日本からヤクザ役で濃いキャストも集結し、前作とは違ったストーリー性も楽しめる。
      結論から言うと、個人的には前作の方が断然好み(笑)
      というのも、(アクション映画なので仕方ないけど)脚本がざっくりしてるなーと感じてしまったし、前作は振り切れ感が半端なかったので、今回逆に物足りなさを感じてしまった部分がある。
      シンプルが一番なんだけどな~、続編だからそうもいかないのか…。
      だからといって二時間超えは長いって(笑)
      ただ、アクションはやはり一級品!
      これだけでも見応えは充分ある。
      シラットの波はまだまだ終わらなそう。
      >> 続きを読む

      2016/09/09 by ungetum

      「ザ・レイド GOKUDO」のレビュー

    • 3.0

      前作「ザ・レイド」は、東南アジアの伝統的武術“シラット”の使い手達が、善玉悪玉分かれて入り乱れる、あまりにスピーディーで、あまりに“痛々しい”鮮烈なアクション映画だった。

      このインドネシア発のアクション映画が、世界のアクション映画史においてもエポック・メイキング的な作品となったことは間違いなく、全世界のエンターテイメント界が衝撃を受けた。(その後、主演俳優と悪役俳優のコンビが揃って「SW」最新作にゲストキャストとして迎えられたことからも、それは明らかだろう)
      低予算で、誰もが知るスター俳優が不在でも、世界を驚かしうるアクション映画の誕生は、各国の映画界において、賞賛と嫉妬の対象となったとともに、大いなる勇気を与えたことだろう。


      全くの低予算で製作された前作の超大ヒットを受けて製作されたこの続編。
      予算がケタ違いに増大したであろうことはひと目で分かるくらいに、あらゆる面でボリュームアップはしている。
      「GOKUDO」という邦題が示す通り、日本からも遠藤憲一、松田龍平、北村一輝らが“ジャパニーズ・ヤクザ”として登場することも話題になっていた。

      前作から引き続き、“シラット”を主軸にした“痛々しい”アクション性はこれでもかと繰り広げられる。
      センセーショナルな前作により、かの伝統武術の虜になった世界中の格闘映画ファンの欲望に応えるように、格闘シーンのバリエーションは多岐にわたり、文字通りに「盛りだくさん」だった。
      前作の死闘を生き抜いた主人公のヒーロー性はスケールアップし、彼に対峙する悪役たちも前作以上にユニークだったと言える。

      今作の場合、その悪役たちこそが娯楽性の中心とも言えるので、少し言及したい。

      まずは実質的なラスボスとして登場する“キラーマスター”ことナイフ使いの殺し屋。演じたセプ・アリフ・ラーマンは本物のシラットの達人らしく、動き方は勿論、その風貌に至るまで説得力に溢れている。愛用するカランビットナイフで切り裂きあう主人公とのラストバトルは、前作同様、達人同士だからこその“本物感”が凄い。

      続いて、“ベースボール・バットマン”。金属バットを振り回す暴力者は珍しくもないが、この殺し屋は更に硬球をノック打ちし飛び道具として殺る。その殺り方は、馬鹿らしくも新鮮だった。(しかも左打者!)
      そして、ベースボール・バットマンの妹の女殺し屋“ハンマー・ガール”。その名の通り、ごくフツーの金槌を両手に持ち、見事な体術を駆使して殺る殺る。彼女の場合も、ただ金槌振り回すだけではなく、金槌の“釘抜き”の部分をしっかりと使って突き刺し肉を抉るワザが、残虐かつ斬新だった。
      この兄妹はどうやら幼少時の暗い過去を持ちつつ二人で支えあって血みどろの道を生き抜いてきたらしく、ふいに垣間見える兄妹愛には、思わずほだされる。
      が、主人公との死闘の末に、それぞれが自らの武器を逆手に取られて、妹は金槌で首を斬り裂かれ、兄は金属バットが顔にめり込んで離れなくなるくらいに撲殺される。酷いや……。

      更には、前作で最強の悪役“マッドドッグ”を演じ、シリーズの武術指導も担っているヤヤン・ルヒアン(主人公とともに「SW」にも出演!)は、大物マフィアに長年仕える浮浪者風の殺し屋として再登場しており、流石の存在感を放っている。
      今作では役柄上、主人公との直接対決はないが、前作以上の大立ち回りが見せ場として用意されており、“死に様”に至るまで最高であった。

      今作のストーリー展開の随所で起因となる大物マフィアのボスの息子の愚かさぶりも、演じたアリフィン・プトラの顔つきも含めて、味わい深さを出せていたと思う。(「親の心子知らず」とはまさにこのことである。)


      と言った具合に、部分的なアクション性や、悪玉キャラクターたちの存在感のみを捉えたならば、前作以上の満足感を与えてくれる作品であったとは思う。
      しかし、残念ながら、映画全体を捉えたならば、そこには「盛りだくさん」という言葉だけでは収まりがつかない「冗長」という一言が重くのしかかる。

      とにかく長過ぎる。前作が100分少々でシンプルに纏まっていたことに対して、今作はたっぷり2時間半。
      序盤からカットバックが無闇矢鱈に多用され、無意味にストーリーテリングを混濁させている。
      終わってみれば、紡ぎだされたストーリーは至極ありふれたものであり、カットバックを多用し、映画の尺を長引かせる理由と意味は全く無かったと思えてならない。
      勿論そこに、尺と手法に見合うだけのストーリーの重厚感があれば問題ないわけだが、この映画においては、ストーリーに重厚感を求めること自体がナンセンスだと思う。

      前作を世界が賞賛した最大のポイントは、センセーショナルなアクション性に尽きるが、それと同時に、ストーリー性を極限まで削ぎ落として、白眉なアクションそのものをストーリーテリングの軸として展開させてみせた潔い映画構成こそが、最大の「勝因」だったと思う。
      その勝因が、この続編で大きく損なわれてしまったことは、傑作の続編の宿命とはいえ、やはり残念に思う。

      とはいえ、兎にも角にも、前作に引き続き、色々と語りがいのある娯楽映画であることは間違いない。
      加えて、どうやら自分が観たのは殺戮描写が抑えられたR15版(WOWOW放映)だったらしく、映画が映画だけにちゃんとR18版を観なければ、真っ当な評価は出来ないなとも思う。


      最後に、「GOKUDO」と邦題で銘打たれてはいるが、日本人俳優が雁首揃えた“ヤクザ”と主人公との絡みは殆ど無く、日本国内向けのプロモーションは完全にアンフェアだ。(遠藤憲一や松田龍平は意欲的に役柄に臨んでいた風に見えたのでもう少し活躍して欲しかった)
      ただ噂レベルの情報ではあるが、「3」ではいよいよ“VSヤクザ”の構図が本格化するストーリーになるとのことで、日本人の“動ける”俳優たちに声が掛かっている……らしい。

      「もうたくさんだ」と拒否感を示す主人公のラストのセリフが、次作にどう繋がっていくのか。まあ期待しておこう。
      >> 続きを読む

      2016/06/12 by tkl

      「ザ・レイド GOKUDO」のレビュー

    • 3.0 ハラハラ

      タイトルのGOKUDOには別にそんなに期待していなかったので、
      んだよ、日本人キャストのアクションねぇのかよ!
      なんて思ったりはしませんでした。

      ていうかそもそも、純粋な続編だとも思ってなかったので、
      ちゃんと繋がってる内容に吃驚した次第。


      とにかく前作よりも全てにおいて格段にスケールアップ。

      格闘シーンも多いですが、とにかくちゃん一つ一つアイデアも豊富で工夫されており、
      どれもけっこう見応えがありました。

      車内格闘も凄かったし、
      クライマックス近くの厨房でのタイマンもカメラワークが独特で良かったし。

      ただ、色々とスケールアップした分、
      前作のようなノンストップで畳み掛けるような勢いは無いので、
      その辺りは好みの分かれるところでしょうか。

      自分的には、前作はプロローグだったのか、
      くらい本作も楽しめました。
      >> 続きを読む

      2016/03/11 by 備忘録

      「ザ・レイド GOKUDO」のレビュー

    もっとみる

    ザ・レイド GOKUDO
    ザレイドゴクドー

    映画 「ザ・レイド GOKUDO」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画