こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

ヒトラー 最期の12日間

Der Untergang
ジャンル: ドラマ , 戦争
公開: 2005/07/09
製作国: ドイツ
配給: ギャガ

    ヒトラー 最期の12日間 の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全10件
    • 3.0 切ない

      ヒトラーが地下の要塞で過ごした最期の12日間に焦点を当て、彼の個人秘書を務めたトラウドゥル・ユンゲの目を通して歴史的独裁者の知られざる側面を浮き彫りにしていく衝撃の実録ドラマ。
      「es[エス]」が面白かったドイツのオリヴァー・ヒルシュビーゲル監督。
      歴史家ヨアヒム・フェストの同名ノンフィクションとヒトラーの個人秘書ユンゲの回顧録を原作に、戦後最大のタブーに真正面から挑んだ問題作。

      主演のブルーノ・ガンツは怪演でした!!
      追い詰められてトチ狂った様子は正義の見地からではなくも哀れで陰惨でありました。
      独自の視点というか、映像化意義のある映画でした!


      (~allcinema)
      1942年、トラウドゥル・ユンゲは数人の候補の中からヒトラー総統の個人秘書に抜擢された。
      1945年4月20日、ベルリン。第二次大戦は佳境を迎え、ドイツ軍は連合軍に追い詰められつつあった。
      ヒトラーは身内や側近と共に首相官邸の地下要塞へ潜り、ユンゲもあとに続く。
      そこで彼女は、冷静さを失い狂人化していくヒトラーを目の当たりにするのだった。
      ベルリン市内も混乱を極め、民兵は武器も持たずに立ち向かい、戦争に参加しない市民は親衛隊に射殺されていく。
      そして側近たちも次々と逃亡する中、ヒトラーは敗北を認めず最終決戦を決意するが…。
      >> 続きを読む

      2018/08/16 by motti

      「ヒトラー 最期の12日間」のレビュー

    • 3.0 切ない

      ヒトラーの研究所と元秘書ユンゲの回顧録と基に再現されたヒトラーの最期。原題「Der Untergang」はドイツ語で失脚や没落を意味するそうです。ヒトラーの最期がリアルに再現されている一方で、ヒトラーが何を目指していて、そのために何をしたのか、どういう背景であの言動・行動に繋がっているのか。自分が何も知らないことに気が付きます。それにしてもあの一家・・・過酷過ぎて言葉になりません。ヒトラー亡き後に生きる価値がないと・・・切なすぎます・・・

      2018/04/04 by メッシイ

      「ヒトラー 最期の12日間」のレビュー

    • 4.0 切ない クール

      2004年/ドイツ映画
      DVD鑑賞

      2017/11/11 by Chappy

      「ヒトラー 最期の12日間」のレビュー

    • 5.0 切ない ハラハラ

      観て大正解!155分、観る方も凄くエネルギーを相当使う!/軍人として、軍医として、女性として、★戦争の前線で、どう働き、★何を決断し、どの時機で死ぬか、逃亡するか、「人がどう動くか」が良く解った!/★ユダヤ人は出ない、★ソ連が出る。/ヒトラーが自殺する直前、エヴァさんと結婚、運命を共にした★女性はどんな人柄か知りたかった故、良く解った!敗北を早めに認めたら、多くの人命が助かったが、ヒトラーは、国民は見捨てても、★国を見捨てるは、この男は出来ない!この男の、★国への夢・理想、拘りが凄く強すぎる故!

      2016/10/31 by ふみえ

      「ヒトラー 最期の12日間」のレビュー

    • とても印象的な作品でした。

      時間をおいて、また観たいと思っています。

      2016/11/01 by ice

    • iceさん、こんばんは☆ 
      たしかに、時間を置いてまた観たいかもですネ!
      コメントくださり、ありがとう! >> 続きを読む

      2016/11/01 by ふみえ

    • 3.0

      ストーリーとしてはタイトルから想像される通りのもの。
      ドイツと共に破滅してゆくヒトラーの様子を、彼の死の直前にフォーカスを当て描いたもの。

      ストーリーには意外性は無い。見るべきは俳優の演技でしょうか。
      よく嘘字幕で使われるあのシーンで笑わないようにしましょう。
      こうしたコンセプトの映像化自体には挑戦的な意味合いがあったのだと思うけど、評価されているほど感銘を受けるかというと微妙。

      2016/09/26 by foo

      「ヒトラー 最期の12日間」のレビュー

    • > ストーリーには意外性は無い。見るべきは俳優の演技でしょうか。

      キレ芸?と思うくらいの勢いには惹きこまれるものが有りましたね。 >> 続きを読む

      2016/09/26 by ice

    もっとみる

    ヒトラー 最期の12日間
    ヒトラーサイゴノジュウニニチカン

    映画 「ヒトラー 最期の12日間」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画