こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

吸血鬼ドラキュラ

Horror of Doracula
ジャンル: 外国映画 , ホラー , SF , アクション
公開: 1958/08/02
製作国: イギリス
配給: 東和

    吸血鬼ドラキュラ の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全4件
    • 4.0 クール

      ハマープロによって製作された、世界初のカラー作品としての吸血鬼映画であり、
      映画のみならず以後のあらゆるホラー系作品に絶大な影響を与えた革命的作品。

      というのも、ドラキュラの妖しくクールでスマートな存在感や、
      吸血シーンにおけるセクシャリティな演出、
      仇敵となるヴァン・ヘルシング「博士」は、
      原作を大胆に脚色改変した本作から生まれた、ということで。

      もちろん本作の凄さはそれだけではなく、
      ゴシックホラー作品としての完成度も非常に高いです。
      独特な色彩を感じさせる映像、大仰なのに厭味ではない音楽の効果。
      簡潔ながら見所もしっかりあるストーリー展開、配役の素晴らしさ。

      ともかく、「怪奇映画」というものに興味があるのであれば、
      間違いなく必見かな、と。
      >> 続きを読む

      2016/11/22 by 備忘録

      「吸血鬼ドラキュラ」のレビュー

    • 3.0 ハラハラ

      1958年製作で、ドラキュラ映画としては初のカラーらしいのだけれど、古臭さを感じなかった。
      ラストのドラキュラが砂になっていくところだけが昔風味だったかな。
      この時代の映画音楽が好き。
      おどろおどろしくて、最初の段階で気分が盛り上がる。
      今と何がどう違うかはよくわからないけれど、聴くだけでざわざわする。

      2016/07/27 by 桃色のみや

      「吸血鬼ドラキュラ」のレビュー

    • 5.0 ハラハラ

      あまりにも有名すぎるドラキュラをカラー版で。
      その試みは大成功であり、何よりクリストファー・リーとピーター・カッシング。二人の適役を揃えたことで、その迫力は何倍にも増した。

      基本はヴァン・ヘルシング教授とドラキュラ伯爵の対決になるだろうが、そこに至るまでにドラキュラの弱点だとか、噛まれた女性のその後だとかもきっちり描写されていて抜かりが無い。

      古典的作品であるのでドラキュラが十字架やにんにく。太陽の光に弱いところはしっかりと受け継いでいる。
      それを踏まえてのラストの死闘は迫力あった。
      今見るとドラキュラの去り際などかなりチープなのだが、それが逆に時代を感じさせて興味深い。

      カッシングは抑え目ながらも、ドラキュラの姿を見るとその圧倒的な力に為す術なし。
      そしてリーの瞳孔が開き、口の牙から滴り落ちる血。インパクト大な画はまさにドラキュラ俳優の面目躍如。
      ホラーを語る上で見逃せない作品なのは間違いない。
      >> 続きを読む

      2015/09/17 by オーウェン

      「吸血鬼ドラキュラ」のレビュー

    • 4.0

      1958年のイギリスの古典的ホラー作品。誰しも吸血鬼ドラキュラのはまり役で一番に思い出すのは本作品のドラキュラ役のクリストファー・リーだと思いますが本作品が一番最初のドラキュラ役です!!
      ヴァン・ヘルシング役のピーター・カッシングとのコンビは戦後ホラーの名コンビとして有名ですね~!!本作品は古いこともあり映像は少し荒いですがなかなか見ごたえのある作品ですよ。 私の評価は星四つです。

      2015/02/02 by チャミー

      「吸血鬼ドラキュラ」のレビュー

    • ハマーを支えた二人はホントいいコンビですよね!

      2015/02/02 by ungetum

    • ungetumuさん 私もホントにそう思います!!

      2015/02/02 by チャミー

    吸血鬼ドラキュラ
    キュウケツキドラキュラ

    映画 「吸血鬼ドラキュラ」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画