こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

ジャッジ・ドレッド

Dredd 3D
ジャンル: SF , アクション
公開: 2013/02/16
製作国: イギリス , 南アフリカ
配給: ブロードメディア・スタジオ

    ジャッジ・ドレッド の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全12件
    • 3.0 ハラハラ

      にっちもさっちもどうにもロボコップ!

      スタローン版(95年)は見たような?観ないような?
      これね...。
      95年なら許せるんだけど「終末戦争後」っていうのはそ世紀末じゃないと気分的にもりあがらないんですよね?

      ただ「スローモー」なる麻薬による感覚が映像表現されるんだけどおもしろいと思った。
      本筋とあまり関係なくて結局ストーリー上は意味がないんだけども(^ ^;)

      スタイリッシュに撮ろうと思って撮って見せてくれる感じは買う。

      (allcinema解説)
       95年にはシルヴェスター・スタローン主演で映画化された英国発の人気コミック・ヒーローを、脚本に「ザ・ビーチ」「わたしを離さないで」のアレックス・ガーランドを迎え、より原作に忠実に再映画化したSFバイオレンス・アクション。荒廃した近未来を舞台に、警察と司法の機能を融合させた司法官“ジャッジ”のトップエリート、ドレッドが、新人女性ジャッジを従え、悪名高き女ギャングが牛耳る超高層ビルへと乗り込み、無数の敵を相手に壮絶な死闘を繰り広げる姿をクールかつスタイリッシュなヴィジュアルと過激な残酷描写を織り交ぜ描き出す。主演は「スター・トレック」「プリースト」のカール・アーバン、共演にオリヴィア・サールビー、レナ・ヘディ。監督は「バンテージ・ポイント」のピート・トラヴィス。
       核戦争で荒廃した近未来のアメリカ。東海岸一帯に広がる唯一の都市メガシティ・ワンは、超高層ビル郡の中に多くの住民がひしめき、犯罪が多発していた。そんな崩壊寸前の街の治安を守るのが、警察機能と司法を兼ね備え、逮捕から判決、刑の執行までをも一手に引き受けるエリート司法官“ジャッジ”たちだった。その中でも圧倒的な戦闘能力と不屈の意志でトップに君臨するジャッジがドレッドだった。ある日、新米女性ジャッジ、アンダーソンの適性判断を任されたドレッドは、彼女を試験代わりに殺人事件現場へと連れ出す。そこは、冷酷非情な女ギャング“ママ”とその一味が支配し、200階建てアパートメントの各フロアに無数の犯罪者であふれる究極の無法地帯だった。
      >> 続きを読む

      2020/01/10 by motti

      「ジャッジ・ドレッド」のレビュー

    • 3.0

      シルベスター・スタローンのは素顔のシーン多かったなぁ〜と思ったけど、こっちは全く素顔わからんかって、、、良かったwwwスタローン版よりジャッジ・ドレッド感良いのではないかと。しっかしグロテスクなシーン多いなぁ〜

      2019/07/27 by HAGANELLIC

      「ジャッジ・ドレッド」のレビュー

    • 3.0 ハラハラ クール

      ネットで視聴(英語字幕)

      「ロボコップ」に「死亡遊戯」をミックスした近未来バイオレンス・ポリス・アクション。
      ヒロインもかわいいし、面白かった。

      2018/10/08 by Raven

      「ジャッジ・ドレッド」のレビュー

    • 4.0

      昔スターローンが主役で作られましたがそのリメイクですね。不要なシーンはほとんど皆無で全編にわたってバトルシーンのみの荒っぽいアクション映画です。テンポが速く息つぐ間もなく一気に観れます。単純で結構暴力的ではありますけれど次々とその場でジャッジしていき処刑するドレッドの正義は現実社会では絶対叶わないものと分かっているので清々しくも気持ちいい。けど裁判もなしにその場で判決を下していく絶対的な権力を与えられているにも関わらず買収されるってアカンやろ。そこにこの制度の問題はありますが主役のドレッドが1回も素顔を見せないので調べてみたらなんのことはない・・・スタートレックのDR.マッコイ役の役者さんでした。いろんな映画やドラマで観たことがありますが中でも「オールモスト・ヒューマン」というドラマに主役で出ていますが一番印象深いです。これも近未来の警察ものですがアンドロイドとコンビを組んで事件を捜査していくというもんで面白かったです。興味の出た方は是非どうぞ。お勧めです。 >> 続きを読む

      2018/10/02 by のぶさん

      「ジャッジ・ドレッド」のレビュー

    • 3.0 ハラハラ

      イギリスの同名コミックを映画化したもの。

      監督ピート・トラヴィス 主演カール・アーバン、オリヴィア・サールビー

      その昔シルベスタ・スタローンが主演をやった同名映画の続編ではなく、リブート作品。

      核戦争後の未来のメガシティーで、ジャッジと呼ばれる裁判から刑の執行(大抵死刑・・)を個人の判断で行える法の守護者がする犯罪と戦う。

      情け容赦のないバイオレンス映画に仕上がっている。
      伝説のジャッジ"ドレッド"とルーキーの女性ジャッジがギャングに支配された超高層ビルを大量の敵を倒しながら最上階を目指すという内容。

      最初、以前観たインドネシアの映画「ザ・レイド」という映画を思い出した。
      こちらもギャングの支配する高層ビルをインドネシアのSWATチームが一階から最上階まで大量の敵を倒しながら登っていく話であった。
      こっちは格闘メインであったがシチュエーション的には酷似しているといっていい。
      どちらが影響を受けているのかはわからないが、何らかの関係はあると思う。

      この映画ジャッジ・ドレッドは、最初っから最後までバイオレンス一色である。
      情け容赦のない銃撃戦で、人体損壊シーンなんかも平然とある。
      情緒のあるシーンとかラブシーンとかも一切なしでひたすら戦闘が続く、出てきた敵は皆殺しで一体ドレッドとルーキーの女性で何人殺したのか分からないほどだ。
      面白い設定としては、ルーキーの女性ジャッジ アンダーソンは、超能力を持っており、テレパシーや透視能力が使える。
      劇中ではこの能力を生かし、死中に活路を見出していた。
      オリヴィア・サールビーという女優が演じていたが、正直かなりタイプであった。
      彼女の演じる新米ジャッジ カサンドラ・アンダーソンを観れたことだけがこの映画での私の収穫であった。
      >> 続きを読む

      2018/02/19 by kuniyan

      「ジャッジ・ドレッド」のレビュー

    もっとみる

    ジャッジ・ドレッド
    ジャッジドレッド

    映画 「ジャッジ・ドレッド」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画