こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

遊星からの物体X ファーストコンタクト

THE THING
ジャンル: ホラー , SF
公開: 2012/08/04
製作国: アメリカ
配給: ポニーキャニオン

    遊星からの物体X ファーストコンタクト の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全11件
    • 3.0

      地球オワタwwwwwつか、プロ集団集めといてなんとお粗末な現地調査と標本調査w素人の俺でも感染気にしたわwああ、エヴァのセカンドインパクトはこれやったんやな。

      2019/12/02 by THE沙鳩

      「遊星からの物体X ファーストコンタクト」のレビュー

    • 3.0

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      GYAO視聴。ジョン・カーペンター監督の「遊星からの物体X」が面白過ぎるのでどうしても比較してしまうが、結構頑張ってる印象。オマージュもあるし、うまく繋げたなー。しかしケイトはその後どうなったのか? >> 続きを読む

      2019/12/01 by Chihoish

      「遊星からの物体X ファーストコンタクト」のレビュー

    • 4.0 クール

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
       名作SFホラー映画の前日譚を描いた、これまた名作のSFホラー映画。
       全体として「遊星からの物体X(以下からの)」をかなり意識していて(そりゃそうだ)、前日譚ながらリメイクのような趣き。前作同様の「誰が成り代わられたのか?」という展開は緊張感を産み最後まで目が離せない展開。自然な流れで「からの」にそのまま繋がる展開を入れてくるのも好印象。宇宙船やその内部などのSF的な要素も強化されているのも見所の一つじゃないかしら。
       ホラー的にはモンスターの造形はやはり外せない。クールなデザインを踏襲しつつ確実に進化。CGっぽさが強くエグさが薄れたのは残念だけれど、その分人間形態からの変形(?)も多いし、正体を現した後も派手に暴れてくれ大満足。同化するシーンなんか感動すら覚えるね。しかし、ストーリーもモンスターの造形にも言えることだけれど、「からの」で体験した内容に近似しているのが恐怖という点では削がれてしまっているのはマイナスかな。仕方のないことなんだけれどね。
       他にも気になるところはあったけど、個人的には見てよかった作品。
      >> 続きを読む

      2019/11/24 by 僕川獺

      「遊星からの物体X ファーストコンタクト」のレビュー

    • 4.0 ハラハラ

      遊星からの物体Xの約30年越しの前日譚、生物と人間の初邂逅を描く。

      生物はその登場シーンの多くをCGで描くようになり、そこに居る感は少し減ってしまったがその分ダイナミックな動きができるようになり、またオリジナルとは違った恐怖がそこにはある。

      只、ドラマ部分はオリジナルの焼き増し感が否めないとこが多かったかなあ、30年経ってからの公開だったからそこらへんは仕方ない気もするけどね。
      ヒロインの最後の最後まで気を緩めない精神力歪みねえわ。
      最後のあのシーンも大好きです。

      相変わらず犬に厳しい映画でした。
      >> 続きを読む

      2019/09/02 by ビリヘリ

      「遊星からの物体X ファーストコンタクト」のレビュー

    • 3.0 ハラハラ

      自分にとってはトラウマ映画である82年版の前日譚

      先日みた「プロメテウス」の元ネタの「エイリアン」とともに「物体X」は自分のなかではSFホラーアクションの金字塔であった。
      あの物体Xのノルウェー隊基地で何があったかを見る映画である!
      しかし同じような惨劇が繰り返される話であって新しさはべつにコレといって無い。
      この映画の「疑心暗鬼」の心理ゲームが魅力なんですね。
      あらためてその点は再確認。

      プロメテウス共々、現代の映像技術で観れる楽しみ..ってことになりますかね?
      そういう意味では楽しめました。

      (allcinema解説)
      ジョン・W・キャンベル・Jrの傑作短編SF『影が行く』の、51年のハワード・ホークス製作版、82年のジョン・カーペンター監督版に続く3度目の映画化にして、ジョン・カーペンター版をベースにその前日譚を描くSFホラー。南極のノルウェー基地で発見された未知の生命体によって隊員たちが次々と犠牲になっていくさまと、誰の体内に侵入したか分からず隊員同士が互いに疑心暗鬼に陥っていく恐怖を、特殊メイクをメインにしたホラー演出で描き出していく。主演は「スコット・ピルグリム VS. 邪悪な元カレ軍団」のメアリー・エリザベス・ウィンステッド。監督はCMを中心に活躍し、これが長編デビューとなるマシーズ・ヴァン・ヘイニンゲン・Jr。
      ある日、南極大陸の太古の氷層から未知の生命体が発見される。さっそくコロンビア大学の古生物学者ケイトが、調査のためにノルウェー基地へと向かう。しかし発掘された生命体が生き返り隊員たちを襲い始める。その生命体は取り憑いた生物に擬態する能力を持っており、体内に侵入されてもしばらくは誰も気づくことができなかった。しかもケイトの研究によれば、すさまじい勢いで増殖しているという。誰が乗っ取られているかも分からず、疑心暗鬼と恐怖でパニックが拡がる中、懸命に対処法の発見に努めるケイトだったが…。
      >> 続きを読む

      2019/08/15 by motti

      「遊星からの物体X ファーストコンタクト」のレビュー

    もっとみる

    遊星からの物体X ファーストコンタクト
    ユウセイカラノブッタイエックスファーストコンタクト

    映画 「遊星からの物体X ファーストコンタクト」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック