こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

ひまわり

I girasoli
ジャンル: ドラマ , ラブロマンス , 戦争
公開: 1970/09/30
製作国: イタリア
配給: ブエナ ビスタ

    ひまわり の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全8件
    • 5.0

      名画として知らぬ間にあらすじなども知り、また、大槻ケンヂがテーマ曲をカバーしてたりでなんか、観た気になってたけど、実はこの50周年記念上映が初見でした。

      最初からひまわりが地平線まで広がる情景と物悲しく響くテーマ曲というオープニングにいきなり圧倒される。

      マルチェロ・マストロヤンニとソフィア・ローレン演じるイタリア兵とナポリの娘は出会って間もなく結婚。二人はつかの間の結婚休暇を熱愛満喫するも部隊復帰の日が迫る。それを避けるために夫は精神錯乱を装うが、ばれてロシア戦線送りに。終戦後、帰還する兵達の中に夫の姿はなく、探し当てた戦友は積雪の中の敗走を語る。

      ジャンル的にはメロドラマなもんで勝手にこじんまりした感じかと思ってたけど、戦争が背景に有るだけに思いの外、スケールが大きい。休暇中に遭遇する橋の爆撃、戦友の回想、赤い旗が画面を覆う中に映し出される戦闘風景など、ああ、戦争映画でも有るんだなとスクリーン観ながら思う。一面のひまわり畑の下にはという話に改めて戦争の悲惨さを思う。

      ソ連ロケも冷戦下という当時の状況を思うとよくこの企画実現したな、そりゃ、大作になるよなと納得。

      夫は生きているという確信だけを胸に、妻が帰らぬ夫を探してのソ連行きの決意を語る際にスターリンの死が言及されるけど、改めて調べると1953年。この時点で既に十年近い歳月が流れているんね。作中、ソフィア・ローレンが白髪まじりになるのもわかる。そして、幾度も登場する駅と列車。やっぱ、映画においては劇的なシチュエーションであるよ。
      >> 続きを読む

      2020/06/24 by ジェイ

      「ひまわり」のレビュー

    • 4.0 切ない

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      この映画「ひまわり」は、イタリアの名匠ヴィットリオ・デ・シーカ監督が、じっくりと謳いあげた、堂々たる大メロドラマだ。

      第二次世界大戦中、勝ち気なナポリ女、ソフィア・ローレン扮するジョヴァンナと、鼻の下の長いミラノ男、マルチェロ・マストロヤンニ扮するアントニオが結婚する。

      二人のなれそめや、お熱いハネムーンの描写は、喜劇タッチで大いに笑わせてくれる。
      夫婦がしめしあわせ、夫は発狂したふりをして召集を逃れるのだけれど、芝居がばれて、アントニオは厳寒のソ連戦線へと送られてしまう。

      悲劇はここから始まる。終戦になり、兵士はぞくぞく復員してくるのに、夫は行方不明だ。
      待ちわびた妻のジョヴァンナは、単身、ソ連へと夫の消息を尋ねて旅立って行く。

      初めて入り込んだ、西欧側の劇映画のカメラが、ソ連の風景を新鮮にとらえる。
      特に一望遥か、目もくらむ鮮やかさで咲き乱れる、ウクライナ地方のひまわり畑は、その下に倒れた無数の戦死者の魂と、女の愛の叫びの凝縮とも見え、厳しい美しさで胸を打つ。

      ついに、ジョヴァンナが捜しあてた夫には、だが若く美しい現地妻、「戦争と平和」で一躍世界中の注目を浴びた、リュドミラ・サヴェーリエワ扮するマーシャと、幼い女の子までいた。

      この二人の妻の出会いと、もと夫婦の無言の再会の場面は、ヘンリー・マンシーニの哀切きわまりない音楽とともに、見事な盛り上がりを見せるが、後日、アントニオが故国イタリアへ、ジョヴァンニを訪れる二度目のめぐりあいは、さらに悲しい。

      会えばいっとき、懐かしい愛がこぼれ落ちながら、過ぎた昔は取り戻すすべもない。

      ラストの痛ましい余韻は、戦争の罪悪というよりも、人の世のさだめのむごさを、そくそくと伝えてくれる。
      >> 続きを読む

      2019/11/07 by dreamer

      「ひまわり」のレビュー

    • 4.0

      師匠の娘さんとプリキュアを観始めもう7年になります.こんばんわ三遊亭呼延灼です.当時17才だった娘さんも今じゃすっかり17才の大人になりました.あ,娘さんは17才教信者さんなのでずっと17才です.なんでこんな話をするかといいますと,ハグプリ43話,ほまれがハリーにふられる回を観てたらですね,何故か無性にひまわりを観たくなったんです.理由は特にありません.むぉ観てぇぇってなったんです.グレン・ミラー物語の時も言いましたが,今の時代便利ですねぇ.FireTVのリモコンをピピって操作したら家から一歩も出ることなく,好きな作品視聴できるんですから.
      今更本作をどーのこーの私が言う事はありませんです.大人の愛ってステキやん,くらいです.末永く幸せに暮らしても,不幸にも別れるにしても,大人の愛はいいもんです.
      にしてもいつの時代も欧米人は場所に構わずおセックスするんですね.ビックリしました.で卵24個使ってのオムレツですか.お前さん達はロッキーかなんかですかい.
      >> 続きを読む

      2018/12/10 by 叡福寺清子

      「ひまわり」のレビュー

    • 3.0 切ない

      音楽がいいね。

      2018/09/15 by kinako

      「ひまわり」のレビュー

    • 4.0

      やっとミレマシタヨ!これは映画らしい映画と呼べる。やはり名作なんだろう。

      2015/12/09 by kaiteru

      「ひまわり」のレビュー

    もっとみる

    ひまわり
    ヒマワリ

    映画 「ひまわり」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画