こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

メッセージ・イン・ア・ボトル

Message in a Bottle
ジャンル: 外国映画 , ドラマ , ラブロマンス
公開: 1999/06/12
製作国: アメリカ
配給: ワーナー・ブラザース映画

    メッセージ・イン・ア・ボトル の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全2件
    • 1.0

      無口な男っていう設定だったけど、ケビン・コスナーはそうは見えなかったのがまず残念・・・。
      ボディ・ガードの時はまあ、ギリ無口に見えたけど、元々彼は愛想のいい顔だよね。(世の中には「無愛想な顔」って絶対あると思うけど、ケビン・コスナーは違うと思う)
      そもそも、ああいう手紙を書く男は基本的におしゃべりなタイプだと、にわかプロファイラーな私は思います。

      なんだか最初の設定からラストまで、まったくもってスッキリしない物語ですが、(読んでないけど、原作が悪いんだろうと勝手に想像)、景色がすごく綺麗なのと、ヒロインのロビン・ライト・ペンがとても美しいのとで、疲れ目に優しい映画だなと思います。
      海辺に住みたくなるなぁ。

      ところで、ショーン・ペンって、私の中では、数少ない「すごく苦手なキモ俳優」の一人に分類されているんだけど(ファンの方、ごめんなさい・・・・)、こんな綺麗な人を奥さんにゲットするなんて、なんだか世の中間違ってる!!と一人ぷんすか怒っていたけど、いつの間にか離婚してたんですね。
      名前からペンが取れていることに今気づきました。
      >> 続きを読む

      2017/11/06 by みけ猫

      「メッセージ・イン・ア・ボトル」のレビュー

    • 2.0

      海岸に流れ着いたボトル。
      そこには亡き妻への思いを綴った手紙が入っており、それにいたく共感した新聞記者のテリーサ。
      手紙の主を突き止めようと探し求めようとしてしまう。

      手紙に共感するのは結構だが、人の感情を無視して探しそれを記事にまでしようとする無神経さにまず愕然とする。
      普通はボトルの件を知ってからは突き放すはずなのだが、それすらも愛と捉えるのだからすごいものだ。

      コスナーも最後は単なる無謀な男に成り下がっているし、ニューマンはさも見抜いているかのようにしているが実は一番確信犯じゃないのか(笑)
      >> 続きを読む

      2016/09/10 by オーウェン

      「メッセージ・イン・ア・ボトル」のレビュー

    メッセージ・イン・ア・ボトル
    メッセージインアボトル

    映画 「メッセージ・イン・ア・ボトル」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画