こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

野獣捜査線

Code of Silence
ジャンル: ドラマ , アクション
公開: 1985/11/02
製作国: アメリカ
配給: オライオン=ワーナー・ブラザース映画

    野獣捜査線 の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全2件
    • 3.0

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      「ドラゴンへの道」でブルース・リー(李小龍)の最強の敵役として本格的な映画デビューを飾ったアクション・スター、チャック・ノリスが、空手スターのイメージを一新したのが、この映画「野獣捜査線」だ。
      腐敗した警察内部やシンジケートに敢然と戦いを挑むタフガイ刑事として、壮絶なアクションを展開する。

      舞台はシカゴ。麻薬の争奪戦をめぐって有力なマフィア一派のドンの娘が誘拐される。
      暗黒街の対立が激化している最中、警官の一人が少年を撃つという失敗をやらかし、部長刑事チャック・ノリスがこの二つの事件の処理に乗り出し、大暴れするというお話だ。

      「地獄のヒーロー」で、勇猛ぶりを発揮したチャック・ノリスが、ダーティハリーも真っ青の痛快アクションを繰り広げるのが、アクション映画ファンにとってはお楽しみで、ドカンドカンと撃ちまくる場面や、チャック・ノリスお約束の空手で群がる相手を叩きのめす場面をはじめ、電車の屋根での冒険場面など、強烈な迫力で盛り上げてくれる。

      マフィアのドンが、一度見たら忘れられない顔をした悪役俳優ヘンリー・シルヴァなのも嬉しく、監督がアンドリュー・デイヴィスでシカゴ出身だけに、裏通りをはじめ実景が大きな魅力を生んでいたと思いますね。

      チャック・ノリス一人がいれば、シカゴ警察なんかいらないという、そんな映画ですね。
      >> 続きを読む

      2018/05/05 by dreamer

      「野獣捜査線」のレビュー

    • 4.0 ハラハラ

      アンドリュー・デイヴィスが監督ということで、後の「沈黙の戦艦」や「逃亡者」につながる、テンポの良さがこの作品でも発揮されている。

      しかしそれ以上に快調なのは主演のチャック・ノリスに他ならない。
      警察の中で一人孤独になりながらも、真相解明のため組織に立ち向かうという構図はノリスの真骨頂。

      空手は控えめながらも銃撃戦がそれを補うほどの迫力。
      そして中盤登場するロボットには違う意味で迫力たっぷり(笑)
      ここだけ現実感を無視したかのような設定。

      敵を次々打ち殺すという容赦のなさはバイオレンスとしては有りだけど、流石にやり過ぎの感がある。
      これ以外はアクションといい進み方といい、チャック・ノリスの最高傑作に挙げる人が多いのはよく分かる。
      >> 続きを読む

      2015/09/20 by オーウェン

      「野獣捜査線」のレビュー

    この映画を最近、ラックに追加した会員

    野獣捜査線
    ヤジュウソウサセン

    映画 「野獣捜査線」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画