こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

ファンハウス 惨劇の館

Funhouse
ジャンル: ホラー , アクション
公開: 1981/06/20
製作国: アメリカ
配給: ユニヴァーサル=CIC

    ファンハウス 惨劇の館 の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全2件
    • 3.0

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      この映画「ファンハウス 惨劇の館」は、ホラー映画の傑作「悪魔のいけにえ」「スペースバンパイア」を撮った、ホラー映画の異才・トビー・フーパー監督の作品。

      アメリカのとある田舎町。カーニバルの夜、恋人たちはデートを楽しみに会場へとやって来た。
      彼らは呼び物のひとつ"ファンハウス=恐怖の館"に入るが、次々と起こる恐怖の出来事は実は本物-----!?

      エリザベスがシャワーを浴びていると、グロテスクなマスクをつけた怪人がナイフで襲いかかるという、ヒッチコックの「サイコ」まがいのプロローグがある。
      実は弟のショーン少年の悪戯なのだが、演出が間延びしているので、ドンデン返しの笑いになっていない。

      エリザベスが、ボーイフレンドのクーパーや友人たちと一緒に、夜のカーニバルに出かけ、いろいろ遊んだあげく怪奇館に入り、占い女が殺されるところから本番が始まり、怪力の凄い面相をした異常男とその父親の呼び込み男に追われ、次々と殺される恐怖場面の連続となっていく。

      だが、トビー・フーパー監督がまともに演出しすぎていて、洒落っ気がないので、このジャンルの映画のお定まりの手口ばかりが目立って、恐怖が盛り上がらない。

      お化け屋敷を思い出させるカラクリなど、楽しくも怖いスプラッタ・ホラーを目指した監督の意図はわかるものの、結果が感心できないのは残念だ。
      >> 続きを読む

      2018/09/22 by dreamer

      「ファンハウス 惨劇の館」のレビュー

    • 3.0

      トビー・フーパーが監督しているのに、恐怖も笑いも少ないホラー作品。

      若者4人がカーニバルで遊んでいると、そこにあるお化け屋敷ファンハウスに入り、殺人現場を目撃する。
      その殺人者は顔をマスクで覆っていたフリークスだった。

      古典のような設定ながら、盛り上げ方がどうにも寂しい。
      もっと直接的にも描けるだろうし、「悪魔のいけにえ」と比べて質の意味でも低い。

      唯一良かったのはフリークスがマスクを取った時の化け物メイクぐらいか。
      >> 続きを読む

      2018/09/22 by オーウェン

      「ファンハウス 惨劇の館」のレビュー

    ファンハウス 惨劇の館
    ファンハウスサンゲキノヤカタ

    映画 「ファンハウス 惨劇の館」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画