こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

クリード チャンプを継ぐ男

CREED
クリード チャンプを継ぐ男
(C)2015 METRO-GOLDWYN-MAYER PICTURES INC. AND WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.
12月23日(祝・水)、新宿ピカデリー・丸の内ピカデリーほか全国ロードショー
1クリック登録
公開: 2015/12/23
製作国: アメリカ
配給: ワーナー・ブラザース映画
■イントロ
「ロッキー」新章、始まる。
 ロッキーが再び立ち上がる。親友の息子をチャンピオンにするために。友情、愛、信じる心―すべての人に贈る興奮と感動のストーリー


 「2人で戦おう。」ロッキーとアドニスの時を超えた友情、そして愛、信じる心―第一作目の公開から約40年、人々を魅了し続けた『ロッキー』の伝説は、ここに正統なる後継者へと引き継がれる。
 誰もが望んでやまなかった新たなる戦いのドラマが今、幕を開ける!

■ストーリー
 愛する妻や仲間に先立たれ、孤独な日々を送るロッキーの前に突然現れた黒人の若者アドニス。彼はライバルであり、親友だった亡きアポロの息子だった。その純粋なまなざしとボクシングへの情熱に、アポロの面影を見たロッキーは、持てる技術のすべてを彼に託し、ともにチャンピオンへの道を歩き始めるのだが―
 親の七光りとあざ笑われても、リングに叩き付けられても、アドニスは絶対に夢をあきらめない。たぎる血の中には父親アポロが、後ろにはロッキーがいる。どんな強敵を前にしても一歩も引かず、二人のチャンプに支えられ共に戦うのだ。果たして、絶対的に不利なアドニスは奇跡を起こすことができるのか!?
>> 続きを読む

    2015年 アメリカ映画/2015年 日本公開作品/原題:CREED オリジナル音声:英語/上映時間 133分/スコープサイズ/5.1chリニアPCM+ドルビーサラウンド7.1(一部劇場にて) 字幕:アンゼたかし/映倫区分:G/配給:ワーナー・ブラザース映画

    クリード チャンプを継ぐ男 の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全16件
    • 3.0 泣ける 元気が出る

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      ロッキーファンなので見なければと思った。ストーリーはわかりやすく、見る側の期待通りの展開だが引きつけられた。ロッキーよりスタイリッシュな雰囲気だが、きちんと人間ドラマになっている。トレーニングシーンや試合の場面はロッキーの方が好きかな。やはり比べてしまう。 >> 続きを読む

      2019/02/28 by taka9naka

      「クリード チャンプを継ぐ男」のレビュー

    • 5.0 泣ける

      僕はロッキーやサザンとともに年齢を重ねてきました。

      そんな事なのでアポロがチラチラ出てくるだけで、もう涙もんなのです。

      単なるスピンオフドラマとかって感じで済ませたくないのです。



      「クリード2」????だって!しかもドラゴが出てくる?!
      あの奥さんも????!ほんでドラゴの息子と戦う!!!!

      こりゃぁたまらんよ。

      ひとつ注文があるとすれば
      「ロッキーのテーマ」をバーン!と流してくれよ!
      >> 続きを読む

      2018/12/29 by いわさかり

      「クリード チャンプを継ぐ男」のレビュー

    • 4.0 泣ける 元気が出る

      気持ちが沈んだり、凹んだ時に
      観ると、元気と勇気が湧いてきます
      そんな時に、オススメです!

      2018/12/20 by kaki_zaza

      「クリード チャンプを継ぐ男」のレビュー

    • 4.0 泣ける 切ない ハラハラ 元気が出る

      新シリーズ!この手があったか!

      もうロッキーは無いだろと思ってましたがコレならまだイケますねww
      てか、今後につなげる新キャラクターの設定お披露目展開。
      それぞれに目標や運命を背負った...
      でもコレが優しく(?)甘い(?)なかなか良い設定で新シリーズに既に引きこまれてしまった(嬉)♪


      (allcinema解説)
      シルヴェスター・スタローンが若い才能とタッグを組み、「ロッキー」シリーズのスピンオフとしてロッキー・バルボアの新たなる物語を描く感動ドラマ。孤独に生きるロッキーが、盟友アポロ・クリードの忘れ形見だという青年に乞われ、トレーナーとなって二人三脚でボクシングの頂点を目指す師弟の熱き絆を描き出す。アポロの息子アドニス・ジョンソン役には「フルートベール駅で」のマイケル・B・ジョーダン。監督も同じく「フルートベール駅で」のライアン・クーグラー。
      妻に先立たれ、孤独に暮らすロッキー。ある日、彼の前に一人の青年アドニスが現われる。彼は、かつてロッキーと死闘を繰り広げた永遠のライバルにして無二の親友アポロ・クリードの隠し子だった。アポロの妻に引き取られ、立派に育てられたアドニスだったが、ボクシングへの情熱を断ち切ることができず、ついに会社も辞めてしまう。しかし地元のジムでは相手にされず、アドニスはロッキーにトレーナーになってほしいとフィラデルフィアまで直談判にやって来たのだ。すでにボクシングの世界から足を洗っていたロッキーは一度はこれを断るも、アドニスの情熱に突き動かされ、ついにトレーナーを引き受けるのだったが…。
      >> 続きを読む

      2018/10/01 by motti

      「クリード チャンプを継ぐ男」のレビュー

    • 3.0 元気が出る

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      2016年最後の映画は、観よう観ようとは思いながらAmaプラのウォッチリストに放置していた
      こいつにしました。

      ちょうど宇多丸さんのベストになったことも後押しして頂きましたが、
      いつもこの人との相性の悪さを気にしてたがw

      ロッキー、我が青春の1ページ。
      全世界の重い思い、想〜い十字架を背負っての映画です。

      ロッキーの出涸らしなのにここまで味出ちゃうか高級茶感は、
      やはり若かりしビッキビッきのスタローンを見守ってきたからこその感慨、
      もうそれだけでも見れちゃいますね。
      声の低音域と、ルイアームストロングばりのしゃがれにしびれますね。

      ストーリーは至ってシンプル、ボンボンエリートコースのボーイが、
      たった2戦で世界タイトル獲っちゃうあたり
      なんだかなあ感はあります。
      若きロッキーの輝きには到底及ばなかったというのが率直な感想ながら、
      若者の苦悩しながらも頂点へ上り詰めるストーリーというのは、
      わかっちゃいるが良いですね。

      とは言え、好みかと言われたら、
      普通過ぎるくらい普通の映画とハンを押せます。


      宇多丸さんさよオナラ💨
      >> 続きを読む

      2017/01/03 by crazeee

      「クリード チャンプを継ぐ男」のレビュー

    もっとみる

    クリード チャンプを継ぐ男
    クリードチャンプヲツグオトコ

    映画 「クリード チャンプを継ぐ男」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画