こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

7つの贈り物

Seven Pounds
ジャンル: ドラマ
公開: 2009/02/21
製作国: アメリカ
配給: ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント

    7つの贈り物 の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全8件
    • 3.0

      感想川柳「人のため 実は自分の ためでもある」

      TVでやってたので観てみました。_φ(゚Д゚ )

      海辺の家にひとり暮らすベン・トーマスは、全くつながりのない7人の名前の載ったリストを持っている。彼らは、ベンが進める“ある計画”のために選んだ人々だった。ベンはある意思をもって、彼らの人生を変えるため計画を進めるが……というお話。


      七つの贈り物というくらいだから
      何かを送るわけで( ゚A゚ )

      それが何なのか最後に明らかになります(´・(ェ)・`)

      ベンが何かしでかして
      その罪滅ぼしに人を助けようとしてるのはすぐ分かる( ゚ 3゚)


      お金持ちっぽいからそれで救おうとしてるのかと思いきや

      クラゲとか含めて伏線になってるのにはビックリ(*゚Д゚*)

      相当苦しんだんだろうなぁ(´Д`)
      意に介さない人もいるだろうけど
      慚愧の念に耐えられない人もいるだろう


      感動よりも覚悟を感じたラストでした( 。゚Д゚。)




      あんな大人しいウディ・ハレルソン初めて見たかも(笑)(^o^;)



      んでまず( ´∀`)/~~
      >> 続きを読む

      2020/12/09 by Jinyuuto

      「7つの贈り物」のレビュー

    • 3.0 切ない

      ラストに明かされる驚愕の..みたいな煽り宣伝だったと思うけど、本編の半分くらいで「ああ、そういうことだな」ってわかっちゃいました。
      でも何故か?ってのは終盤まで謎のままなのでちょっと真相がわかるとビックリです。

      ただ、重いテーマではあるものの扱い方はなんとなく否定的な気分になるのです。
      言うなれば ひとりよがりで思い込みすぎ、ウィル・スミスのシリアス路線は上から目線な感じがしてしまうんだよね。
      だいたい「幸せのちから」の監督と再びタッグったって「幸せのちから」とかもそんな印象もあって感動とかなかったですものw

      なんだろね。きっと、あと2ヒネリあったらよかったと思うね。
      1ヒネリ目→エミリーに計画がバレて「それは本当に正しいことなのか」思いとどまる。
      2ヒネリ目→そしてどうしてもこういうラストにしたいとすれば不慮の..ってことにする。思い直して希望を持っただけ切なさ倍増でしょうが!



      (~allcinema)
      ウィル・スミスが「幸せのちから」のガブリエレ・ムッチーノ監督と再びタッグを組んだ感動のヒューマン・ドラマ。
      辛い過去を背負い心に傷を抱えた男が、ある計画を実行するために見知らぬ7人を選び、彼らの人生を変える贈り物を捧げようとするミステリアスな動向とその真意が明らかとなっていくさまを綴る。

      過去のある事件によって心に傷を抱えながら生きる男ベン・トーマス。
      彼は7人の名前が記されたリストをもとに、ある計画を実行しようとしていた。
      それは、7人がある条件に一致すれば、彼らの運命を永遠に変える贈り物を渡そうというもの。
      その7人は互いに何の関係もない他人同士だが、ベンにとっては彼らでなければならない理由があった。
      またこの計画の目的や、贈り物の中身が何であるか、ベン以外には彼の親友が唯一知るのみ。
      こうして、ベンは7人それぞれに近づき、彼らの人生を調べ始める。
      だがやがて、リストの中の一人で余命幾ばくもない女性エミリーとの出会いが、ベンの計画に大きな影響をもたらせていく…。
      >> 続きを読む

      2018/10/11 by motti

      「7つの贈り物」のレビュー

    • 3.0

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      いきなりウィル・スミスがシリアス顔で自殺したいと呟く。
      ここからなぜそうなっていくかの過程をさかのぼる。

      終始うつむき加減で毎日死のことを考えている。
      そしてなぜか神様のような振る舞いで、贈り物に適した人物であるかの審査が行われる。

      徐々に謎が解明していくのだが、勘のいい人は序盤でわかるでしょう。

      問題はこの男の行動を素直に善き行いと認められない所にある。
      単なる罪への贖罪となるのか。
      迷惑な人間と捉えられるのか。

      鍵としてエミリーとの恋愛部分が大部分を占めているからだ。
      7人に贈るというのだが、残りの6人のあっさり加減はいかんともし難い。

      結果だけ見れば善い行いだが、そこに行き着くまでの過程をわざわざ隠す必要があったのかどうか。
      素直に物語を見せたほうが「幸せのちから」のように感動にもっていけたはずだ。
      >> 続きを読む

      2015/03/31 by オーウェン

      「7つの贈り物」のレビュー

    • >7人に贈るというのだが、

      プレゼントをして喜んで貰うと、コッチも嬉しい気持ちになりますよねー♪ >> 続きを読む

      2015/03/31 by makoto

    • 3.0 切ない

      ※ネタバレしそうなので、あらすじは割愛

      なんとも切ない話でした。
      話が、途切れ途切れでストーリーが始まり。
      始まりは???と思うほど理解できず。ただ、主人公のベン・トーマスが何か過去を背負いつつも困っている人を助けている…。

      この物語の真相にたどり着く時にはベンが何故そういった行動をしたのか理解はしました。
      ただ、この話は私には難しかった。ベンの行動は正しかったのだろうか?
      この話は見る人の1人1人の倫理や道徳観で是非が分かれるんだと思う。

      ヒューマンドラマでハートフルな話だと思い鑑賞したが、予期せぬハードな内容に敗北感。

      ただ。ラストシーンには救われた気がする。
      もしかすると、こうやって観た人に考えて悩ませるのが制作者の狙いなのかもしれませんね。
      >> 続きを読む

      2015/03/30 by fate

      「7つの贈り物」のレビュー

    • 4.0 泣ける 切ない

      なんともやり切れなくなった映画でした。
      彼がしたことには感動もあるけど批判もあります。
      正解なんてないんだろうけど・・・
      前半までは批判的に観ていました。
      彼は贖罪を間違えていると思っていました。
      身近な愛する人を自分の過失によって死なせてしまったら・・・。いや、自分が直接、死にかかわっていなくても残された者は後悔や自責の念にかられます。
      私もものすごく苦しかったからそれはとてもよくわかるの。
      この苦しみから逃れるにはもう死ぬしかないって思ったことも何度かあったもの。
      だから、彼は素晴らしい人に善行をして、自らの命を犠牲にしたかったんだろうって最初はおもったけど。でもそれはやっぱり間違えていると思っていました。
      でも後半からはちょっとその見方もかわりました。 新しく愛した人。彼女の人生を長くし、幸せをつかんでほしい。そのために・・
      必ずしもそれが正しいことだとは思わないけれど、でもやっぱり心に引っ掛かるものが残りました。
      本当は★3つかなーって考えていたんだけど、ラストの二人が出会うシーンの感動が忘れられず★をもう1つ(苦笑)。
      いい意味でも悪い意味でも心にズシーンと残っている映画となりました。
      >> 続きを読む

      2015/01/25 by mana

      「7つの贈り物」のレビュー

    • タイトルの印象でほわわん♪とする映画なのかと思いましたが、考えらせられる映画なのですね。思い切り感情移入しちゃいそうです。 >> 続きを読む

      2015/01/25 by milktea

    • >milkteaさん♪
       ウィル・スミスの映画としては異色作かもです。
       贖罪がテーマだと思います。テンションを下げたい時にいいかもですよ^^ >> 続きを読む

      2015/01/27 by mana

    もっとみる

    7つの贈り物
    ナナツノオクリモノ

    映画 「7つの贈り物」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画