こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

海の上のピアニスト

The Legend of 1900
ジャンル: ドラマ
公開: 1999/12/18
製作国: アメリカ , イタリア
配給: アスミック・エース エンタテインメント=日本ビクター

    海の上のピアニスト の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全13件
    • 4.0 切ない

      音楽は彼を選び、彼は海を選んだ。

      期待度★★★★★

      まず設定が面白い。最後は新しい道を歩き始める~みたいなテンプレENDを裏切ってくれたのが嬉しい
      アコーディオンおっさんが海の声を聞いたと話してるシーンで末娘捨てたのかと思ってちょっと怖かった。後からその辺も回収されていて安心

      悲しい所もあったけどジェリーの使いの黒人からジャズ対決を申し込まれる所は、この映画には悪役が居ない事が分かって温かい気持ちになった
      なお早打ちはテンポが速すぎて凄さが分からなかった

      登場人物の表情を映すシーンの多さと無限に広がる鍵盤に絶望する1900が印象的
      >> 続きを読む

      2018/09/15 by もろやま

      「海の上のピアニスト」のレビュー

    • 5.0

      無限の世界に対する恐怖。
      何度見てもせつない。

      2018/09/15 by taku

      「海の上のピアニスト」のレビュー

    • 5.0 泣ける 切ない クール

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      この珠玉の名作「海の上のピアニスト」は、「ニュー・シネマ・パラダイス」のジュゼッペ・トルナトーレ監督が、一人芝居として有名なアレッサンドロ・バリッコの原作をもとに映画化し、私のように心から映画を愛する者に、また一つ忘れ難い感動を与えてくれた作品です。

      船上で生まれ育ち、生涯一度も船を降りなかった天才ピアニストの数奇な運命が、唯一の親友の回顧録として語られる一大叙事詩となっています。

      この映画の冒頭の客船に迫る自由の女神を目前にして、移民たちが、「アメリカだ!」と叫び、狂喜するシーンを観た時、「この映画は絶対好きになるに違いない」と確信しました。このシーンこそが、このように"素晴らしい寓話"への入り口なんだと----。

      そして、今は落ちぶれたトランペット奏者のマックス(プルート・テイラー・ヴィンス)が、楽器屋の主人に話して聞かせるという構成で、この感動の物語は展開していきます。

      生年に因んで1900(ナインティーン・ハンドレッド)と名付けられた子供は、船倉で育つ事になります。ピアノとの出会いは、8歳の時で、一等客室に忍び込んで、ダンスホールのグランドピアノを弾きこなし、船の人々を驚かせたりします。

      そして成長したナインティーン・ハントレッド(ティム・ロス)は、船に乗り合わせた人々が語る、陸の世界の風景や彼らの表情に浮かぶ生き様といったものに、インスピレーションを得て、その"夢や憧憬"を鍵盤に託していくのです----。

      その余りにピュアで、美しい音楽は、無垢なナインティーン・ハンドレッド自身の姿そのものなのだと思うのです。

      ジャズの創始者であるジェリー・ロール・モートンの挑戦を受けて弾くピアノの力強さも実に聞き応えがあり、ユーモラスな雰囲気も手伝って、忘れられない名場面になったと心から思います。

      陸から見える海の美しさを語り、人生をやり直すべくアメリカへと旅立った男との出会い、最初で最後の録音演奏中に、窓越しに見かけた美しい少女へのほのかな恋心。そして、彼は船を降りる決意を固めていくのです。

      しかし、果てしなく広がる摩天楼を前にして、彼は船へと引き返していくのです----。

      果たして、自分の世界に閉じこもる事を選んだ彼は、我々が共感すべくもない臆病な、人生の敗北者なのか? いや、それは違うと思うのです。我々は彼が現代の外界が抱える"不安や毒"に触れてしまう事を望まないのです。

      寓話は寓話として、美しいまま幕を閉じる事を切に臨むのです。

      私は、マックスとナインティーン・ハンドレッドとの出会い、そして別れのシーンが大好きで、嵐の夜、激しく揺れる船内で、ストッパーを外したピアノの前にマックスと並んで座り、くるりくるりと回るピアノを奏でるナインティーン・ハンドレッド----。何ともファンタジックで夢のような時間に酔いしれてしまいました。

      そして、爆発前の船を降りて行くマックスを見送る最後の瞬間、名残惜しそうに一度、二度と声を掛けるナインティーン・ハンドレッド。彼のどこか弱い人間臭さを感じて、目頭が熱くなるのを禁じ得ませんでした。

      とにかく、伝説のピアニスト、ナインティーン・ハンドレッドを演じたティム・ロスが、一世一代の名演技だったと思います。穏かな表情の奥に、"先行きの見えない人生への不安"を見え隠れさせて、見事というしかありません。

      そして、そんなナインティーン・ハンドレッドの切ない心情を映し出すエンニオ・モリコーネのオリジナル・スコアの素晴らしさ。一度きりの瞬間、瞬間を捉え、二度目はないという音楽は、様々な表情を見せ、たっぷりと感動の余韻に私を浸らせてくれました。

      そして、「いい物語があって、それを語る人がいるかぎり、人生は捨てたもんじゃない」というナレーションは、そっくりそのままジュゼッペ・トルナトーレ監督の映画に対する取り組み方を表していると思います。

      感動のツボを押さえた語り口のうまさは、もはや名人芸に達していて、いい物語を聞かせてあげたいというトルナーレ監督の、"温かく優しい思い"で溢れていて、楽器屋の店主がマックスに大事なトランペットを返してやるラストの人情劇も、とても心が温まる思いで、名画を観終えた後の感動が、私の心の中でいつまでも爽やかな余韻として残り続けたのです。
      >> 続きを読む

      2016/09/25 by dreamer

      「海の上のピアニスト」のレビュー

    • 4.0 切ない

      船の中で発見され、船が家になり、船で一生を。
      そんな特異な人生を送った1900。

      出会ったのがたまたまピアノであり、そこにピアノがあったから。
      そんな風に自然に身についていったのだろう。

      常に戸惑うような、しかし好きなものに向かう視線は穏やか。
      そんな複雑な人間を演じるティム・ロスはやはり巧い。

      それとトルナトーレ監督作品らしく、エンニオ・モリコーネの音楽も相変わらず耳に残る。

      気にいっているのが1900が陸に下りようとする場面。
      一瞬躊躇しあるものを投げるとき。
      その行き着く先こそが1900の生まれた意味を表している。
      >> 続きを読む

      2015/06/19 by オーウェン

      「海の上のピアニスト」のレビュー

    • 3.0

      ピアノが弾きたくなります
      船に揺られながら弾くシーンと、ピアノ決闘のところが良かった!
      最後の結末にはびっくりしますが…
      やはり慣れ親しんだところから抜け出す、知らない世界へ飛び出すことは怖いものですよね

      2015/04/23 by tomi

      「海の上のピアニスト」のレビュー

    • yo24さん》ピアノ弾いてる方だったら、より引き込まれると思います!

      2015/04/24 by tomi

    • tenbin-kunさん》最後は「あ、そこまでの気持ちになるんや」っていう感じで
      私には無理やなーって思うので少しびっくりでした!
      >> 続きを読む

      2015/04/24 by tomi

    もっとみる

    海の上のピアニスト
    ウミノウエノピアニスト

    映画 「海の上のピアニスト」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画