こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

バッド・エデュケーション

La Mala Educacion
ジャンル: ミステリー・サスペンス , ドラマ
公開: 2005/04/09
製作国: スペイン
配給: ギャガ

    バッド・エデュケーション の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全3件
    • 4.0 ハラハラ

      小手先のイロモノ描写に焦らずに落ち着いてふりかえれば、スリリングなサスペンスとして楽しめる。
      ただし、一流なサスペンスではないと思う。
      やはりそれは変態的な世界で展開するが故、コワイ...ということなのだろう。
      ゲイとかトランセクシャルの日常風景をまず普通にバックグラウンドにして、アルモドバル監督自身を重ねて映画の世界を劇中劇にして事件を絡めるというコテコテにして「凄い映画」にしちゃってるんでしょうねコレ。

      2018/07/26 by motti

      「バッド・エデュケーション」のレビュー

    • 4.0

      アルモドバルの半自伝的作品ということだが、同性愛者である以前に映像作家としての面影が強く感じられる。

      執拗なほど危険で、実に挑発的な映画。
      子供時代の虐待。そこから変わらざるを得なかった二人。
      時を得てまたしてもであった二人だが、そこに驚きの事実が現れるという件。

      ガエル・ガルシア・ベルナルの女装姿が登場した辺りから、ただならぬ雰囲気がぷんぷん漂う。
      オープニングにしても独特の映像であり、色々なジャンルが放り込まれた作品でも有る。

      後に分かるこの話を事実とは認めたくないほど苦い結末。
      ともあれ映像的にも物語にしても、見事に魅せる内容。
      >> 続きを読む

      2016/04/22 by オーウェン

      「バッド・エデュケーション」のレビュー

    • 5.0

      映画監督をしているエンリケ(フェレ・マルティネス)の元に
      イグナシオと名乗る青年(ガエル・ガルシア・ベルナル)が脚本を持ちやってくる。
      エンリケとイグナシオはかつて同じ神学校に通い惹かれ合っていた。
      その神学校での悲しい出来事、映画を作る成人してからの彼ら、映画の内容。
      この3つが主軸としてストーリーが展開していく。

      同性愛が苦手な方は見ないほうがいいです。

      ガエル・ガルシア・ベルナルの女装が美しいです。

      エンリケの事務所、家、映画の中の服の色使いがおもしろく御洒落です。
      >> 続きを読む

      2014/05/26 by きくぞう

      「バッド・エデュケーション」のレビュー

    • 敷居はちょっと高そうですが、ストーリーは気になりますね。

      2014/05/27 by sangatu

    • iceさん>
      B'zいいですね~

      sangatuさん>
      同性の性的表現がかなりあるので、敷居は高いと思います
      ですが、サスペンス的要素でも楽しめると思うので
      ぜひチャレンジしてみてくださいw!
      >> 続きを読む

      2014/05/27 by きくぞう

    バッド・エデュケーション
    バッドエデュケーション

    映画 「バッド・エデュケーション」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画