こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

美しい絵の崩壊

Two Mothers
ジャンル: ドラマ , ラブロマンス
公開: 2014/05/31
製作国: オーストラリア , フランス
配給: トランスフォーマー

    美しい絵の崩壊 の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全2件
    • 3.0

      感想川柳「傷つける 気がなかったとは 言わせない」

      U-NEXTにあったので観てみました。φ(..)

      オーストラリアの美しいビーチ・タウンで、子供の頃から親友として育ったロズとリル。互いの10代の息子たちも、母親たちと同じく強い友情を築いている。美しい男に成長した息子たちを誇りに思うふたりの母親。しかしリルの息子がロズへの思いを爆発させ、それに呼応するかのようにロズの息子もリルと結ばれる…というお話。

      基本的にこういう愛憎劇には興味ないんですけど、予告が何となく気になったのと、ナオミ・ワッツだしロビン・ライトだしというので観てみましたが、やっぱり苦手ですなぁ。(´д`|||)

      年上好きでもないし、周りを気にして絶対にこんなこと出来ないので共感するところもない。( ´△`)確かに二人は美しいし、スタイルもいいけどセクシーに感じなかった。息子もイケメンだしストーリー的にも「美しい絵の崩壊」のタイトルにも異論はありません。( ̄ー ̄)あの美しいビーチの風景で展開される物語のギャップがいいのかな?ただ自分には向いてなかった。(-_-).。oO


      誰が悪いかと言えば……………自分的にはリルかな〜?一番かわいそうなのはあの彼女らだけど。(。´Д⊂)むしろそっちに感情移入しちゃうかな。とりあえず「自分の気持ちを偽ると後でろくなことにならない」という教訓は得られたかも。
      >> 続きを読む

      2016/10/19 by Jinyuuto

      「美しい絵の崩壊」のレビュー

    • 3.0

      幼いころから親友で大人になっても二人で暮らすロズとリル。
      そして二人の息子トムとイアンもまた同じように暮らしていき、4人で一つの家で暮らしているが、成人した息子たちと親友の母親が関係を持ってしまう。

      普通に考えれば有り得ない設定である。
      女性に相手がいても頑なに二人で住んでいること。
      息子たちも成人したのに家を出ていく気配が一向になし。

      つまりこの映画の設定はファンタジーであり、いかにも女性が考えだしそうな物語。案の定監督が女性なのは納得。

      お互いの秘密を共有するという、サスペンスになりそうでならないギリギリの線を突いている。

      冗談みたいな話だが、母親を演じるナオミ・ワッツとロビン・ライトのくたびれた感じが、その雰囲気を感じさせる。

      景色は美しいのにこの関係は脆くて崩壊寸前。
      邦題がピタッとはまる怪しい関係。
      これは女性の方が好みだろうし、女性が見て楽しむ映画なんだろう。
      >> 続きを読む

      2015/05/29 by オーウェン

      「美しい絵の崩壊」のレビュー

    美しい絵の崩壊
    ウツクシイエノホウカイ

    映画 「美しい絵の崩壊」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画