こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

僕と妻の1778の物語

ジャンル: ドラマ , ラブロマンス
公開: 2011/01/15
監督:
製作国: 日本
配給: 東宝

    僕と妻の1778の物語 の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全1件
    • 3.0

      モデルが眉村卓さん夫婦ということ。
      で、"まきむらさく(太郎)"悦子夫人は"せつ子"ね。

      草なぎさんのキャラは少しネジがたらないかなぁという感じで良い感じでしたよ。
      彼はセリフ...ていうか、声がダメな人だと思うけど哀しい表情は絵になると思うのね。
      草なぎさん相手に竹内結子さんは醒めてるんじゃないかと心配しちゃう。

      ありがちな展開ながらファンタジックなCGなんかがテレビドラマ何かと違って楽しい気分にしてくれますな。

      ちなみに眉村さんの原作も読みましたが、そちらは本当の感動を味わえましたよ。

      (allcinema解説)
      草なぎ剛主演のTVドラマ「僕の生きる道」「僕と彼女と彼女の生きる道」「僕の歩く道」を手掛けたスタッフが、再び草なぎ剛を主演に迎え、実話から生まれた感動の物語を映画化したヒューマン・ストーリー。SF作家・眉村卓の実体験を基に、ガンに冒された妻と彼女に1日1編の短編小説を贈ることを決意した作家の夫婦愛を描く。共演は草なぎ剛とは「黄泉がえり」以来となる竹内結子。監督は「笑の大学」の星護。
      SF作家の朔太郎(サク)は、高校時代の同級生でもある妻・節子と幸せな日々を送っていた。ところが、ある日突然、節子が大腸がんに冒され、余命1年と宣告されてしまう。退院した節子の負担を少しでもやわらげようと家事に挑戦するものの失敗ばかりのサク。節子のために自分に何ができるか考えた彼は、主治医の“笑うことで免疫力が上がる”との言葉を思い出し、毎日1編、楽しい小説を書き綴ることを決意する。最初はうまく笑わせられなかったサクだったが、次第に節子を笑わせる物語を創作できるようになっていく。そして、1日1話の執筆は余命宣告の1年を過ぎ、2年、3年と続いていくのだが…。
      >> 続きを読む

      2019/02/11 by motti

      「僕と妻の1778の物語」のレビュー

    僕と妻の1778の物語
    ボクトツマノセンナナヒャクナナジュウハチノモノガタリ

    映画 「僕と妻の1778の物語」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画