こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

クリスタル殺人事件

The Mirror Crack'd
ジャンル: ミステリー・サスペンス , ドラマ
製作国: アメリカ
配給: 東宝東和

    クリスタル殺人事件 の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全3件
    • 3.0

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      「オリエント急行殺人事件」「ナイル殺人事件」で、アガサ・クリスティ原作のミステリーを、豪華キャストで映画化すれば大ヒット間違いなしというやり方が定着したのか、その第3弾がこの「クリスタル殺人事件」。

      しかし、それにしても何とセンスのない邦題なのか。時流に便乗というか何というか、アガサ・クリスティを愛する一ファンとしては、苦情を言わずにはいられない気持ちになります。

      これでは、原作の邦訳名の「鏡は横にひび割れて」のほうが、どれだけいいかわかりません。いつもセンスの良い、素敵な邦題を付けていた東宝東和とも思えぬ、"悪題"ですね。

      それはともかく、今までの2本がエルキュール・ポアロ物だったのに対して、今度の作品はアガサ・クリスティのミステリーを代表するもう一人の名探偵、ミス・マープルの登場です。

      セント・メアリー・ミードという英国の小さな田舎町から一歩も出たことがないという老嬢ミス・マープルが、その鋭い"人間観察"を通して事件を鮮やかに解決していきます。

      その平和な田舎町へ、映画のロケ隊がやって来て、もう、てんやわんやの大騒ぎ。そして、その歓迎パーティの席上で殺人が起きてしまいます----。

      この映画を原作を未読の人が見たら、どう思うのでしょうか? 原作をそれこそ深く知っている私としては、その辺の判断がつきません。

      しかし、往年の人気スターを集めて、この田舎町へ乗り込ませたアイディアは実に楽しい。エリザベス・テイラー、キム・ノヴァク、ロック・ハドソン、トニー・カーティス----。

      この顔ぶれを観ていると、リズとロック・ハドソンは「ジャイアンツ」で夫婦役で共演していたなとか、キム・ノヴァクはヒッチコック監督の「めまい」で妖艶な魅力があったなとか、トニー・カーティスはジャック・レモンとのコンビでの「お熱いのがお好き」での女装がなかなか良かったなとか、様々な映画の思い出が走馬燈のように、次々と脳裏をよぎってしまいます。

      かつての美男美女が、今やどこかうさんくさい、一癖ありそうな風貌となって、いかにも誰もが犯人らしく見えてくるから愉快です。それから、忘れてはならない女優として、ジェラルディン・チャップリンが秘書役でなかなか好演しています。

      そして、肝心の主人公のミス・マープルはアンジェラ・ランズベリー。エルキュール・ポアロのアルバート・フィニー、ピーター・ユスティノフもそうですが、こういうよく親しまれた名探偵というのは、誰もが自分なりのイメージを持っていますから、どうしても違和感があるのはやむを得ないことだと思います。私個人の好みとしては、エルキュール・ポアロは断然、アルバート・フィニーが良かったですね。

      芸達者なアンジェラ・ランズベリーですから、決してミス・キャストではなく、好演していると思いますが、私のイメージから言えば、多少派手すぎる感じがしないでもありません。

      この映画の舞台となるセント・メアリー・ミードの村は、よく雰囲気を出して作られていて、名手クリストファー・チャリスのカメラも実に美しい。

      ただ、監督が007シリーズのガイ・ハミルトンというのが観る前に気になっていて、その不安はどうも半ば的中してしまいました。英国ミステリーの、生活感のあるムードがどうにも出て来ないのです。

      そして上映時間が1時間45分というのも、はっきり言って短かすぎると思う。ここはやはり、2時間以上かけて、じっくりと描き込んでもらいたかった。大体、アガサ・クリスティの作品は、世界中でかなりよく知られているのですから、話がわかっている観客をも、楽しませるように作ってくれなくては困るのです。

      せっかく、お金をかけ、豪華な役者も集めたのに、何ともったいないことかと、つくづく思います。確かに、顔ぶれの楽しさ、原作の骨組みの確かさで見せてくれますが、アガサ・クリスティの大ファンとしては、文句なしに面白かったと言えないのが残念です。
      >> 続きを読む

      2016/11/27 by dreamer

      「クリスタル殺人事件」のレビュー

    • 3.0

      ミス・マープルことジェシカおばさんの事件簿の一角であり、アガサ・クリスティの原作ものの映画化。

      この映画は舞台裏の楽屋オチと、ジェシカおばさんが最後しか事件現場に顔を出さないということ。
      メイドから聞いただけで推理するのだから大したものだ。

      エリザベス・テイラーやキム・ノヴァクなど往年の女優を担ぎ出して、映画の中で対立。
      他にも監督をジョン・ヒューストンに挿げ替えるだとか、楽屋オチが楽しめる。

      肝心の推理としてはメアリーの視線の意味。
      これをどう捉えるかによって解決方法が見えてくる。
      最初からずいぶんとミスリードされているが、鮮やかな結末だった。
      >> 続きを読む

      2015/04/05 by オーウェン

      「クリスタル殺人事件」のレビュー

    • 3.0

      アガサ・クリスティの映画化 第3弾ですが、主役はポワロではなく、ミス・マープルです。
      「クリスタル殺人事件」という邦題は今でも非難の的です。
      原作は「鏡は横にひび割れて」(The Mirror Crack'd from Side to Side)です。
      テニスンの詩「シャーロットの姫」の一説で呪いと死を暗示しているそうです。
      なのに、あ~あ。と誰もが思う「殺人事件」の大安売り。

      映画としては評価が低めです。理由は、いろいろ。
      まず原作と比べてドラマチックではない点。
      これは非常にデリケートなストーリーなのです。
      心の奥に秘めた絶望や愛をどうやって表現するかがカギなんですが、
      この表現の大味さが原作を活かしていない部分だったりします。

      「007」のG・ハミルトンが監督ってのがミス・マープルにはあわないでしょってのが結論ですかね。

      また豪華キャストが自慢。なのですが~。時代がさすがに古いので、
      エリザベス・テーラー、キム・ノヴァク、トニー・カーティス、ロック・ハドソン、といわれて
      おおっ凄い!と嬉しくなる人はあまりいなそうじゃないですか?
      (特にリズは当時でも人気が下降の時期だったらしいし)

      ポアロ・シリーズが金持ちの犯罪や外国が舞台の物語であるのに比べ
      ミス・マープルは、イギリスの片田舎・セント・メアリ・ミード村在住の老嬢。
      なので、そもそも地味なお話しが多いのです。

      その中で無理やり「映画ロケ」で「女優」がやってきて。
      というストーリーを選んでみました。なのでしょうが、
      もうちょっとスリリングにできないものかしら。と。
      殺人のシーンもさらっとしすぎ、鍵となる絵のシーンもわかりやすいとは言い難い。

      また、主役のアンジェラ・ランズベリーがミス・マープルには似合わないと言われています。

      彼女は2作目の「ナイル殺人事件」でアル中の女流作家を演じており、
      すご~く目立っていたのです。
      なので、そのイメージが残っている事。
      ふけメイクしていますが、実際には年寄りじゃなかった(元気すぎる)。
      あとTVでやっていたために「ジェシカおばさんの事件簿」の印象が
      優先的に浮かんできちゃうというのも欠点だそうです。

      でも、そういう文句を言っている人に一応弁護しておきたいのですが、
      この映画の方が先ですから!

      ここでミス・マープルを演ったからジェシカだったんじゃないの?!って
      そういうことも、ちゃんと考えて発言して下さいね!

      私は彼女、好きですよ。存在感あって、ユニークで。

      本当にひなびた老婦人では映画のきらびやかな役者さんには立ち向かえないと思うんです。
      ですから原作のミス・マープルはそれはそれ。
      映画向きには彼女でいいと思います。

      またマープルさんやってくれないかなと思います。

      「空飛ぶペンギン」ができたんだから。まだ行けますよ!


      【ストーリー】
      ロンドンの片田舎の村は大騒動。
      映画の撮影のため、大物女優マリーナ(エリザベス・テイラー)やその夫で監督のジェイソンらが滞在することになったのだ。
      しかし歓迎パーティの最中に殺人事件が起きてしまう。
      狙われたのは本当はマリーナだったのだろうか?
      推理好きな老婦人ミス・マープル(アンジェラ・ランズベリー)は、事件の担当警部になった甥から話を聞き出し、独自に調査に乗り出した。
      >> 続きを読む

      2014/03/18 by 月うさぎ

      「クリスタル殺人事件」のレビュー

    • iceさん
      その製作費を女優につぎ込んだのがこの作品だと思います。
      「ナイル殺人事件」はエジプト観光だし、「地中海」のロケはマジョルカ島
      この映画はイギリスの片田舎。
      ははは。
      >> 続きを読む

      2014/03/19 by 月うさぎ

    • makotoさん
      私はマーブル・チョコレートを思い出します♪

      2014/03/19 by 月うさぎ

    この映画を最近、ラックに追加した会員

    クリスタル殺人事件
    クリスタルサツジンジケン

    映画 「クリスタル殺人事件」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画