こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

ロボコップ

ROBOCOP
公開: 2014/03/14
製作国: アメリカ
配給: ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント

    ロボコップ の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全17件
    • 4.0 ハラハラ クール

      少し前の作品ですが、宿泊先のVODで用意されていたので、なんとなく視聴。

      オリジナルは中学生のときに劇場で観て、かなり衝撃を受けた思い出がありんす。
      パーホーベン監督のグロさというかシニカルさというか、脚本と特殊撮影のえげつなさでは、オリジナルのほうがすごいと思います。

      ただ、現代のテクノロジーを意識した設定およびデザインと、スピード感やかっこよさは、今作の良さでもあるかと。

      人間性を最初から維持させることで、悩めるマーフィーになっちゃってるのが、見ていてちょっと可哀想。

      スーツを全部解除したときの悲しさというか、えぐさは、ロボコップらしいな、と勝手に解釈してます。(笑)

      マイケル・キートンやゲイリー・オールドマンなど、好きな俳優さんも出ており、楽しめました。

      ぜんぜん違うけど、キカイダー読みたくなりますね。
      >> 続きを読む

      2018/06/25 by すえきち

      「ロボコップ」のレビュー

    • 3.0 ハラハラ クール

      ロボコップのリメイク作品。

      オリジナルのロボコップを観た世代から見ても、21世紀版のロボコップとしてよくできたリメイク作品だという感じがした。
      私と同じくオリジナルを観た世代の意見は二つに割れているようだけど、面白いと思う。
      ただポール・バーホーベン監督作品の持っていた現代社会への痛烈なアイロニーと容赦のないヴァイオレンスシーンが無くなったのが不服な人もいるのだろう。

      2018/05/05 by kuniyan

      「ロボコップ」のレビュー

    • 3.0 クール

      当時のオリジナル版の『ロボコップ』を観た時、かなりの衝撃を受けた記憶がある。そのインパクトを今一度と思い、リブート版である本作を手にする。
      結果は、ちょっと微妙だったかな。彼等は裏で全員繋がっていたの?悪の根源が分かりずらい。それとオリジナルは、ロボコップの正体について、家族も含めて秘匿されていたと思うが、当たり前のように彼を受け入れる家族、同僚に違和感を感じた。カツラを被ったサミュエル・L・ジャクソンの必要性もいまいちピンとこない。
      最後にヒゲのないゲイリー・オールドマンが新鮮。

      2016/03/23 by 123

      「ロボコップ」のレビュー

    • 評価なし

      1回目の鑑賞。2014.3.14
      映画館で鑑賞。(2014年13本目)前作は鑑賞済み。前作とは別物と考えていいかも。ロボコップの動きが速いので、ロボットというよりサイボーグ、ギミック付きの人間という感じ。前作の方がロボット警官という感じがした。人間の感情を残した設定はいいかもしれないが、サミュエル.L.ジャクソン演じるニュースキャスターが何で出てくるのか意味が良く分からなかった。いらないとも思った。その点が腑に落ちず見逃している部分もあるかもしれないのでレンタルで再度確認する。

      2回目の鑑賞。2015.1.17
      率直に言えばオリジナル版の方がいい。ロボコップの動きを現代風にアレンジしたり、スピード感あふれる映像はこちらの方がいい。ただし、ロボットを戦地に投入して平和になった=じゃあ、警察の方にも導入しましょうという設定は動機としてイマイチ。さらに、ニュースキャスター役のサミュエル.L.ジャクソンが出ている意味が何回見てもよくわからない。この役は物語において何の意味もないのではないかと今日見ていて感じた。そういう点でイマイチなリメイク作であると思う。
      >> 続きを読む

      2016/03/04 by おにけん

      「ロボコップ」のレビュー

    • 3.0 ハラハラ

      リメイク版のロボコップのやけにメタリックなボディを見て、いかにも現代のロボコップだなと思った。
      しかしポール・ヴァーホーヴェン版の志とはだいぶ違う場所に落ち着いた。

      物語の基本部分は変わりがない。
      刑事のマーフィーが重傷を負い、オムに社によって開発されたロボット技術の実験台ロボコップとして甦る。

      基本的にロボコップこそが個性であり、中に入る人間は無個性でも問題はない。
      その点でオリジナルのピーター・ウェラーも今回のジョエル・キナマンも人選は良い。

      それ以外はかなり癖のある配役が与えられており、マイケル・キートンやゲイリー・オールドマンにサミュエル・L・ジャクソンなどなど。

      まあ中身からすればオリジナルの方が圧勝なのだが、こちらの続編の方も見てみたい気はする。
      >> 続きを読む

      2015/08/11 by オーウェン

      「ロボコップ」のレビュー

    • ロボコップってリメイクもあったんですか!
      オリジナルの方が圧勝なら観るときはオリジナルを…と思いますが気になるキャストではありますねー >> 続きを読む

      2015/08/11 by milktea

    もっとみる

    ロボコップ
    ロボコップ

    映画 「ロボコップ」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画