こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

アメリカン・スナイパー

AMERICAN SNIPER
アメリカン・スナイパー
c2014 VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI) LIMITED, WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC
2015年2月21日(土)、丸の内ピカデリー・新宿ピカデリー他全国ロードショー
amazon.co.jp で詳細を見る
1クリック登録
ジャンル: ドラマ
公開: 2015/02/21
製作国: アメリカ
配給: ワーナー・ブラザーズ映画
■イントロダクション
 クリント・イーストウッド×ブラッドリー・クーパー、最新作にして最高傑作
 本年度アカデミー賞最有力!世界を震わせる真実のドラマが幕を開ける――。

  原作は13週に渡りニューヨーク・タイムズ紙のベストセラー1位を獲得したクリス・カイルの自伝。米軍史上最強と謳われた伝説のスナイパー・クリス・カイルの真実のドラマを映画化。
  監督は『許されざる者』(1992)『ミリオンダラー・ベイビー』(2004)でアカデミー賞作品賞と監督賞を2度受賞した名匠クリント・イーストウッド。手に汗握る戦闘シーンは、彼のキャリアの到達点と呼べるものだろう。
 クリス・カイル役には、『世界にひとつのプレイブック』(2012)『アメリカン・ハッスル』(2013)で2度のアカデミー賞・ノミネートを果たしたブラッドリー・クーパー。プロデューサーとして自ら映画化権を獲得、カイルの同僚であったネイビー・シールズとともに過酷な食事制限を課し、戦争の狂気に取り憑かれた主人公の感情を繊細にリアルに演じきる。カイルの最愛の妻役を『G.I.ジョー』シエナ・ミラー、ジェイク・マクドーマン、ルーク・グライムス、ナヴィド・ネガーバン、キーア・オドネル。
  12月25日、北米限定公開。2015年1月16日、全米公開。早くも各方面からオスカー最有力と評される。アカデミー賞授賞式は2015年2月23日(日本時間)


■ストーリー
 米軍史上最多160人を射殺した男。国を愛し、家族を愛し、それでも戦場を愛した男――。

  舞台は9.11以降のイラク戦争。米海軍特殊部隊ネイビー・シールズに入隊を果たしたクリスが命じられた任務は「どんなに過酷な状況でも仲間を必ず守ること。」。その狙撃の精度で多くの仲間を救ったクリスは “レジェンド”の異名を轟かせるほどになる。しかし、彼の腕前は敵の知るところとなり、“悪魔”と恐れられ、その首には18万ドルの賞金を掛けられ、反乱兵たちの標的となってしまう。
 一方、クリスの無事を願い続ける家族。平穏な家族との生活と想像を絶する極限状況の戦地…過酷なイラク遠征は4回。愛する家族を国に残し、終わりのない戦争は幾度となく、彼を戦場に向かわせる。 度重なる戦地への遠征は、クリスの心を序々に蝕んでいく…
 息つく暇もない極限の緊迫感で誰もの心を打ち抜く―伝説的スナイパーの半生を描いた、衝撃の実話。世界を震わせる真実のドラマが幕を開ける――。
>> 続きを読む

    ■出演  ブラッドリー・クーパー、シエナ・ミラージェイク・マクドーマン、ルーク・グライムス、ナヴィド・ネガーバン、キーア・オドネル ■スタッフ  監督:クリント・イーストウッド  脚本:ジェイソン・ホール  プロデューサー:クリント・イーストウッド、ロバート・ロレンツ、アンドリュー・ラザー、ブラッドリー・クーパー、ピーター・モーガン  原作:「ネイビー・シールズ 最強の狙撃手」クリス・カイル、スコット・マクイーウェン、ジム・デフェリス著(原書房刊)

    アメリカン・スナイパー の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全68件
    • 3.0

      なんか「イラク戦争はしんどい戦いだった」以上の感想がでない。途中、生まれたばかりの娘を、看護師がかまってやらないシーンは、彼女がイラク従軍者を好んでいない、という意味でいいのかしらん?

      2019/05/19 by ata-ma

      「アメリカン・スナイパー」のレビュー

    • 3.0

      戦争、ダメ、絶対

      2019/03/16 by taku

      「アメリカン・スナイパー」のレビュー

    • 4.0 泣ける 切ない

      銃弾が飛び交う戦場がリアルな臨場感がスゴい。子供が女性が爆弾をもち、戦争をする姿はたしかに恐ろしいな。しかし、実在の人物を丁寧に描く心使いは感じられて良いな。仲間を守る信念を見いだしながら、戦争の為に病んでいく姿は痛々しい。病んでいく主人公を引き留められない奥さんの姿と、馬鹿馬鹿し話をしながら死んいく仲間達の姿に、自分だけ帰る事はできないかったのだろう。 しかし、やっと、家族の元に帰っても、銃弾で死ぬ皮肉。私には、愛国とか反戦とかではなく、リアルに一兵士を描写したようにみえたな。

      2018/09/19 by 無月斎

      「アメリカン・スナイパー」のレビュー

    • 5.0

      実在した人物を描いているだけあってとてもリアルに作りこまれています。まるで自分が一兵士として戦場にいるかのような臨場感。奥さんの「他人を戦場へ行かせる苦しみを背負ってでも貴方は行ってはいけない」という言葉が一番心に響きました。愛する夫がどんどん別人になっていくのを見るのは本当に辛いだろうな…。戦争の悲惨さ、PTSDの苦しさ、色んなことを考えさせられる傑作です。

      2018/09/17 by さくら餅

      「アメリカン・スナイパー」のレビュー

    • 3.0 ハラハラ

      映画を観たあとで、深くいろいろと考えてしまった。

      そもそも、タイトルは、a sniper でもなく、the sniper でもなく、もちろんsnipers でもなく、なぜ「アメリカン・スナイパー」なんだろう、とか。
      (単純に、原作本のタイトルがそうだったからなんだろうけど)

      この映画には、スナイパーが2人出てくる。
      最後のイラク派遣時の出来事(カイルが撃ったこと)については、見る人によって意味が全然違ってくるんじゃないのかなぁ。
      戦争賛歌の映画かと危惧する人がいても、不思議はないと思う(私はまったく逆だと思うけど)。正義とか国益を守るということそのものへの考え方というのは、人によって(あるいは、当事者かどうかによって)ずいぶん分かれるものだから。

      そして、その部分の描き方というか、見る人への判断の委ね方って、すごくイーストウッドらしいなぁ、と思った。

      個人的に「父親たちの星条旗」「硫黄島からの手紙」は2つセットで1つの作品で、絶対セットで見るべし!と思っているのだけど(勝手に)、その2つの作品に、番外編としてこの「アメリカン・スナイパー」も入れたいと思った。
      3つでワンセットにしたいかな。
      3つとも、兵士として戦うことになった人たちのいろんな苦悩が描かれている。

      映画を観ながら、なぜ、私たちは戦わなくてはいけないんだろう、とずっと考えていた。
      こんなにも多くの人が苦しむことになるのに。戦地にいない人ですら苦しんでいる。
      何かが間違っている、とみんなが思っていても、911のようなことが自国で起こると、誰も止められなくなってしまう。
      逆に、どうしようもない暴力に対して、武力以外で、いったい何ができるんだろう、とテロ行為を見ていると思ってしまうし。

      イラク側のスナイパーの視点を描くには、まだこの戦争は生々しすぎて、きっとイーストウッドでなくても作るのは難しいだろうけど、本来なら2つあるべきだなぁ、と思ったり、あるいは、いや、向こうの視点で作っても、似たようなストーリーになっちゃうのかも?と思ったり。

      とまあ、とにかくいろんなことをあれこれととりとめもなく考えた映画でした。

      主人公のマッチョさは、私とは対極にあるもので、まったく共感するところのない人物なのに、見ているとついところどころで同化してしまうあたり、映画の力ってやっぱりすごいなーと(これに限らず)思う。
      自分には絶対理解できないと思う人や物事が、映画を観ていると、少し理解できてしまうのよね・・・。
      >> 続きを読む

      2018/06/18 by みけ猫

      「アメリカン・スナイパー」のレビュー

    もっとみる

    アメリカン・スナイパー
    アメリカンスナイパー

    映画 「アメリカン・スナイパー」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画