こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

荒鷲の要塞

Where Eagles Dare
ジャンル: 外国映画 , アクション , 戦争
公開: 1968/12/21
製作国: アメリカ
配給: MGM

    荒鷲の要塞 の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全3件
    • 評価なし

      ドイツ軍の要塞に、米軍の将軍が捕虜となって閉じ込められているのを救出するため、スミス少佐(バートン)率いる6人とアメリカのレンジャー部隊員からなる部隊が結成され、要塞に向かう。

      2019/11/22 by Silencer

      「荒鷲の要塞」のレビュー

    • 4.0 ハラハラ

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      この映画「荒鷲の要塞」は、いわば第二次世界大戦秘話といったもので、戦場を描いたものではなく、往年の連続大活劇も顔負けするほどの、ハラハラ、ドキドキの"痛快冒険大活劇"だ。

      「女王陛下のユリシーズ号」「ナバロンの要塞」などの冒険小説の第一人者・アリステア・マクリーンが脚本を書き、それまでシリアスな映画にのみ出演していた、演技派スターのリチャード・バートンが主役のスミス少佐に扮し、「荒野の用心棒」「夕陽のガンマン」などのマカロニ・ウエスタンでブレークし、アメリカへ凱旋帰国した後のクリント・イーストウッドがシェイファー中尉に扮しているという豪華な顔合わせだ。

      第二次世界大戦中に、リチャード・バートンを隊長とする英国情報部の特殊部隊の計7名と、クリント・イーストウッド扮する米軍特殊部隊の中尉が、南ババリアの山中にそびえ立つ、"鷲の城"と呼ばれるドイツ軍の要塞に潜入し、ここに本部を置くドイツ軍の情報部に捕まっている連合国側の将軍を救い出すことになるのだが、この計画そのものにも"裏の裏"があって、ドンデン返しの面白さがたっぷり詰まっているのだ。

      「戦略大作戦」の、ブライアン・G・ハットン監督は、彼らの困難な潜入劇と、より困難な脱出劇を、手際のよいタッチで描き出していると思う。

      まず、落下傘で敵の山中に降下した時に、一人が殺されてしまう。犯人は残る6人のうちの誰か? ----という謎を秘めたまま、リチャード・バートン扮する隊長のスミス少佐は、先に敵の本部へ潜入していた女性スパイのメアリー・ユーアの協力を得て、本部への潜入工作を遂行していく。

      そして、この映画の見どころにもなっている、敵の本部へのただ一つの通路となる深い谷の上のケーブルカーが、後で重要なスリルを呼んでくることになる。

      将軍を救い出すまでにも、意外や意外の場面があるが、特に面白くなってくるのは、脱出が始まってからで、あの手この手と多彩な趣向を凝らしたアクションの連続で、活劇ファンの私としては嬉しくなってしまう。

      脱出劇の中でのケーブルカーを中心にした、これでもか、これでもかというサスペンスには、活劇映画を数多く観て来た私でさえ、思わず手に汗を握らされる。

      そして、この見せ場の後にも、バスで敵の猛追を受けて逃げながらも、電柱を倒したり、橋を爆破したりという"冒険場面"が積み重ねられ、更にやっと見方の飛行機に乗ったかと思うと、もうひとひねりというサービスぶりなのだ。

      このような展開は、もちろん、脚本のアリステア・マクリーンの手腕によるところが大きいと思う。とにかく、アクションとアクションの合間に、マクリーンお得意の"二重スパイ疑惑"を忍び込ませて、プロットをひねる技も見事だし、銃撃戦から爆破シーン、更にはカーチェイスへと続く一連の流れは、実にスピーディーで滑らかだ。
      >> 続きを読む

      2017/02/16 by dreamer

      「荒鷲の要塞」のレビュー

    • 3.0

      ドイツ軍の要塞に捕虜救出のため集められる特殊部隊。
      潜入作戦というやつだが、ナバロンの要塞などその手のものは幾つかある。

      小難しいことは抜きにして、ひたすら作戦のためのアクションを描くのは賛成。
      ただ2時間半を超えるために、間延びするシーンもちょこちょこあるのでそこは気になった。

      もちろんキャストではクリント・イーストウッドに注目した。
      このころはまだ駆け出しで若手のほうだが、存在感はあるし動けるという意味でアクションを張り切っている。
      特にロープウェーでの高架アクションは緊張感があった。

      途中に意外な裏切りなどどんでん返しもあり楽しめる。
      ただ有名どころの作品と比べるとアピールできる点が弱いので、素直におススメはしづらい。
      >> 続きを読む

      2015/09/17 by オーウェン

      「荒鷲の要塞」のレビュー

    荒鷲の要塞
    アラワシノヨウサイ

    映画 「荒鷲の要塞」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画