こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

KIDS

Kids
ジャンル: ドラマ , ファンタジー
公開: 2008/02/02
監督:
製作国: 日本
配給: 東映

    KIDS の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全4件
    • 3.0 切ない

      「サトラレ」とか、「黄泉がえり」とかああいう系だった。
      栗山千明が登場するそばからマスクつけてるので口裂け女かよと心の中でツッコんでたらやっぱりそういうネタふりだったw
      しかしネタ的に非常におもしろいんだけど細部に破綻をきたしているのがご愛敬。
      短編の増幅脚本による弊害でもあるんだろうけどね。
      救いようもなくどうしょうもない斉藤由貴とかもぅホントどうしてくれようかw

      傷~KIZ~KIDS..って、ダジャレだったのかよw

      (~allcinema)
      人気作家・乙一の短編『傷 -KIZ/KIDS-』を小池徹平、玉木宏主演で映画化したファンタジー・ピュア・ストーリー。
      人の傷を自分の身体に移す特殊な能力を持つ純粋な主人公が、すさんだ生活を送る青年と悲しい過去を持つ女性と出会い、お互いに友情を育んでいくが…。
      共演に「キル・ビル」の栗山千明。監督は「きみにしか聞こえない」の荻島達也。
       
      ある日、街にやってきたばかりの内気な青年アサトは、とあるダイナーでタケオと出会う。
      工場で働くタケオは傷害の前科を持ち、夢も希望もないすさんだ生活を送っていた。
      対照的な2人は、チンピラに絡まれたアサトをタケオが助けたことがきっかけで友情を深める。
      また、そのとき傷を負ったタケオの手にアサトが触れると、不思議なことにその傷がアサトの身体に移動したのだった。
      そんな2人はやがて、ダイナーで働く顔に傷を負った女性シホと仲良くなり、3人で楽しい時間を過ごすようになるのだったが…。
      >> 続きを読む

      2018/10/01 by motti

      「KIDS」のレビュー

    • 評価なし

      片付けながら。製作者にとって最悪の観られかただろうな、と思いつつ…。
      工藤由貴で手が止まる。工藤由貴で見入る。

      この超能力者どんだけピュアなんだ。負のオーラを纏いつつもきれいすぎて人間味を感じられなかった小池徹平が「もう死にたいんだ」と泣くシーンが脱天使的でよかった。

      原作は小学生設定なのか。だいぶ違ってそうだな。

      【鑑賞メーターより移行】
      >> 続きを読む

      2018/09/03 by いちころ

      「KIDS」のレビュー

    • 4.0 切ない 元気が出る

      少し切ない物語
      みな傷を負い、癒えないまま互いを思いあう

      2015/10/06 by fllfsprng

      「KIDS」のレビュー

    • 4.0

      男の友情ものですが、男臭くありません。どこかで、小池徹平くんと玉木宏くんの恋愛物を見せられたような気分だと書いている人がいましたが、なるほど言い得ているかも。この2人が主役で、栗山千明さんは今回重要な役ではあるけど、立場はヒロインというより脇役。筋書きはSFとしての新味やオリジナリティはありません。リアリティや道理ということを考え出すと、いろいろ突っ込み所が目に留まり、合格点はあげられません。それらを犠牲にして何を描きたいのかと言うと、これはなかなか悪くなかったです(原作の手柄かな?)。ただ、前述の理由から、B級的な作品だなとの印象は拭えません。星は正直迷いますが、俳優陣の演技の安定感に星一つ追加ってことで。 >> 続きを読む

      2015/07/23 by ぴぐじい

      「KIDS」のレビュー

    KIDS
    キッズ

    映画 「KIDS」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画