こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

先生と迷い猫

公開: 2015/10/10
監督:
製作国: 日本
配給: クロックワークス

    先生と迷い猫 の映画レビュー (人気順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全3件
    • 4.0 泣ける 笑える 切ない

      猫が取り持つ人の和、または猫がつないだ人の輪。そんな感じ。要するに、一匹の野良猫の存在が、滅びかかっていた人々のつながりを再生したって感じのお話でした。イッセー尾形さん演じる、元校長先生の偏屈ジジイを始め、それまで疎遠だった、地域の様々な人々に、失踪猫探しを通じた交流が生まれる。

      一応、全国拡大系作品なのでしょうが、内容は、決して悪い意味ではなく、ミニシアターが似合いそうな、小品ともいうべき作品だったように思います。社会派という程鋭く切り込む感じではありませんが、さり気なく、独居老人や地方の過疎高齢化、金持ちは万年好景気でも、庶民や地方民にまでは、「好景気」など届く気配もない、一種の経済格差や、その他諸々、今時の世相を反映している設定であった気もします。

      それでも、お話の中心は「先生」と「迷い猫」。そんなに大それたテーマとか、大げさなストーリー展開とかあるわけでもないのですが、ほんのちょっぴり心を打たれた気のする作品でした。
      >> 続きを読む

      2015/10/14 by ぴぐじい

      「先生と迷い猫」のレビュー

    • 3.0 笑える 切ない

      「猫が出る」というのと、ぶれのない役者さん揃いだと思ったので、観てみました。上映期間が短く、逃さないうちにと意気込んで行ってきました。ただ猫を可愛がる映画ではなく、地域猫の問題や、猫によって人が繋がることなど、それをさりげなく見せてくれました。脇の登場人物夫々のエピソード(小学生、認知症のおばあちゃん家族等)は、「こう変わって行った!」と決め付けず、少しずつ気づいていくところを見せるだけで、少々物足りなさを感じたりもします。でも、その淡白さがよくて、ラストにしても観る側が、自分の感覚・心の状態でラストシーンを決めればいいんだろうなと思いました。 >> 続きを読む

      2015/11/09 by mammash

      「先生と迷い猫」のレビュー

    • 3.0

      ほとんど全編、ゆったりした時間が流れています。
      音楽も控えめ、セリフも少なめ。
      寝る前に見たらちょうどいいかもしれない。

      実はあちこちで違う名前で可愛がられ、エサをもらっている半野良の三毛猫によって結び付けられる住民たち。
      それぞれの抱える事情がほんの少しずつ描かれますが、主人公の退職校長以外の事情には深入りしません。
      野良猫のエサやりや捨て猫の話もちらっと出てくるだけで、「こうするべき!」という強い主張もありません。
      ただ、こういう野良猫の描き方をする映画は、将来作りにくくなるのかもしれないですね。
      >> 続きを読む

      2016/06/14 by napo

      「先生と迷い猫」のレビュー

    先生と迷い猫
    センセイトマヨイネコ

    映画 「先生と迷い猫」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画