こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

がんばれ!ベアーズ

The Bad News Bears
ジャンル: キッズアニメ・映画 , コメディ , ファミリー
公開: 1976/12/04
製作国: アメリカ
配給: パラマウント映画=CIC

    がんばれ!ベアーズ の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全5件
    • 3.0

      テイタムオニールが名子役ぶりを発揮している。このままジョディーフォスターのような人気女優になれなかったのは残念。子役が大成するのは難しい。監督やる気出すんだったら自分もビールやたばこ自重するぐらいやんなさいよ。最後は勝利至上主義から抜け出し仲間の大切さに目覚めるところは良かった。

      2018/05/27 by seablue

      「がんばれ!ベアーズ」のレビュー

    • 5.0 元気が出る クール

      これは私が生まれるはるか前に公開された映画で、生まれて一番最初にハマった映画。

      キャッチボールもまともにできない、デブ過ぎてユニフォームのボタンが止められない部員たち。
      ビールの度数では物足りず、ビールにウイスキーを入れて飲酒運転したり、仕事を部員にやらせるクズ監督。

      最初の試合では優勝候補のチームにボコボコにされ、棄権をしてしまう。
      開会式に小学生がハーレーで侵入して逮捕されたり、少年野球なのに乱闘が起きたり、相手チームに罵倒をしたり、さすがアメリカ…と言わんばかりの内容。

      そんなポンコツチームだが、2人の超強力メンバーが加わる。アマンダとケリー。

      アマンダは監督の知り合いで、通行料を徴収しているところで監督と偶然会って、チームに加わる。切れ味抜群のカーブと球速が売りの一流投手。
      もっと凄いのはケリー。開会式にハーレーで侵入して捕まった張本人、そして小学生なのにたばこを吸うとんでもない不良。
      しかし、野球センスは最強で、アマンダの球を1球目で素手で捕り、2球目ではホームランを打ってしまうバケモノ。

      チームの士気も上がり、遂に2位まで上り詰め、頂上決戦!
      最終回、2アウト、一打同点のチャンスでケリー。
      しかし彼はこの試合ずっと敬遠をされ、この打席も敬遠をされていたが……?!

      衝撃の結末でした。ベア―ズ最高です☆
      >> 続きを読む

      2017/10/26 by Liys☆

      「がんばれ!ベアーズ」のレビュー

    • 2.0

      ポンコツ少年野球チーム・ベアーズにアル中のダメ親父が監督としてやってきた!さあどうなるベアーズ!?勝ち負け以前のダメダメチームが心身共に成長していく姿を描いたコメディ映画。生意気でやりたい放題だが純粋で仲間思いの子供とルールや規律を守るが腹黒い大人、その間をいったりきたりする監督の構図は面白い。ただ、個人的に大人にため口の子供、勝利のためにわざと死球させたり、女の子にタックルさせる大人の画は、ドラマとして必要だったとしても見ていて嫌になる。そもそも罵詈雑言の野次が飛び交う野球自体が好きではないというのがあるけど。 >> 続きを読む

      2017/01/01 by 二階堂

      「がんばれ!ベアーズ」のレビュー

    • 5.0 笑える ハラハラ 元気が出る

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      "寄せ集め少年野球チーム・ベアーズのおかしくもファイトいっぱいの感動物語 「がんばれ!ベアーズ」"

      アメリカ人が大好きなスポーツ----"野球"と、アメリカ人が大好きな人間----"子供"を組み合わせて作った愛すべき映画、それがこの「がんばれ!ベアーズ」という作品です。

      アル中のプールの巡回掃除人のモリス(ウォルター・マッソー)は、かつてマイナーリーグの投手をしていた経験を買われ、市会議員のボブから息子が所属する少年野球チーム、ベアーズのコーチを依頼されます。とにかく、他のチームから入団を断られたボブの息子のために作られたベアーズは、落ちこぼればかりで、まともに野球を出来る子供がいませんでした。

      当然、このベアーズは試合をしても、いつも負けてばかりで、モリスもやる気を失くしていましたが、ボブがチームの解散を決めた事からモリスは発奮し、チームの立て直しに着手していく事になり、まず、かつての恋人の娘で12歳になるアマンダ(テイタム・オニール)をスカウトしますが、このアマンダの投げる変化球の凄い事----。続いてモリスは嫌われ者の不良少年ケリー(ジャッキー・アール・ヘイリー)をスカウトしますが、このケリーがまた凄い強打者で----。

      ビゼーの「カルメン」に乗って展開する野球の試合で、どう見ても野球のセンスのないベアーズの男の子が、外野フライをキャッチするところなど、その"アメリカ式楽天主義"にはただただ脱帽するばかりです。

      ベアーズの子供たちが、どうしようもない落ちこぼれで、ある意味、欠陥児童ばかりなのが実にユニークな設定だと思うし、おまけに天才的な女の子の登場!----加えて、エスニックと言われる少数民族が増加して来たアメリカ社会を反映して、登場して来る人種も種々雑多。

      このチーム内では、まあまともなひとりが仲間を見渡して、「なんてひどいチームなんだ、ごちゃ混ぜのチンケな野郎ばかりじゃないか」と、かなりシビアな悪態をついてドキリとさせるシーンなどもあって、大人が言うと、トゲトゲしくなる悪態も、子供が言うと何となくユーモラスに聞こえてくるのは、やはり子供であるが故の特権だろうという気がします。

      このおよそ迫力のない子供たちが、アル中のポンコツ・コーチ、モリスの指導のもとに、「ヤンキース」とか「アスレチックス」といった、いかにも強そうな名前のエリート少年野球チームに勝負を挑んでいくのですから、面白くならないはずがありません。

      といっても、このベアーズはムキになって勝とうとする"スポ根主義"ではなく、あくまでもゲームを楽しもうという"遊戯精神"を大事にするのです。そこがこのベアーズのいいところで、途中で、優勝に目がくらんでガツガツし始めるコーチに、子供たちが反乱を起こすところなどは、感動的でグッとくるものがあります。

      子供たちにとっては、「競争」よりも「共生」のほうが大事なんだろうと思います。みんなが四番でピッチャーではなくても、七番がいたり、外野がいたり、"その他大勢"がいるほうが、チームはずっと楽しいものになるんだ----という"チームワークの思想"なのだと思います。

      そして、この映画には、もうひとつアメリカ人の大好きなものが出て来ます。それは、"郊外の清潔な小さな町"です。

      大都会でなくても、荒野でなくても、芝生のあるマイホームが並んでいる町で、町はずれに子供たち用の野球場があるのです。アメリカ人がどんなにこの"郊外での生活"が好きかは、昔のTVドラマ「パパは何でも知っている」や、アニメの「チャーリー・ブラウン」や、映画の「E.T.」なども、"郊外の小さな町"が舞台だった事からもわかります。

      アメリカ人が大好きなものが三つも揃ったこの映画は、だから、"ひとつのユートピア物語"だと言えるのかも知れません。

      監督は、「白銀のレーサー」「候補者ビル・マッケイ」のマイケル・リッチー監督で、この映画が彼の代表作とも言えるほどの素晴らしい演出ぶりで、この映画はその後もシリーズ化され、また、この映画の設定や内容が、その後に作られた野球物の映画の「メジャー・リーグ」や「プリティ・リーグ」に大きな影響を与えたのは有名な話です。
      >> 続きを読む

      2016/07/15 by dreamer

      「がんばれ!ベアーズ」のレビュー

    • 4.0 笑える 元気が出る

      へたくそ野球部の奮闘記。

      展開はベタですが、クソガキっぷりが可愛いです。

      2015/10/09 by yumen2015

      「がんばれ!ベアーズ」のレビュー

    がんばれ!ベアーズ
    ガンバレベアーズ

    映画 「がんばれ!ベアーズ」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画