こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

ゴジラ対ヘドラ

Godzilla vs Hedorah
ジャンル: SF , アクション , 特撮 , 特撮・戦隊・ヒーロー
公開: 1971/07/24
監督:
製作国: 日本
配給: 東宝

    ゴジラ対ヘドラ の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全3件
    • 4.0

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      この映画「ゴジラ対ヘドラ」は、日本特撮映画の父・円谷英二の死後、久し振りに東宝で製作された作品で、全編がグロテスクなムードに覆われた、シリーズ中でも最大の異色作だ。

      公害の産物であるヘドロから生まれ、光化学スモッグを吸収して、どんん成長し変貌する公害怪獣ヘドラが、ゴジラと闘いを繰り広げる、シリーズ第11作。

      ヘドラの強烈なキャラクターは、ゴジラを凌ぐものがあり、公開当時、興行的にもスマッシュ・ヒットを記録している。

      オープニングから、公害問題を訴えるサイケ調のアニメ、そして富士山の裾野での100万人ゴーゴー大会で、白骨化して死んでいくラブ&ピースなウッドストックかぶれの若者たちの描写など、社会派というよりも、むしろ"トラウマ的悪夢"のようなシリーズ最大の問題作だと言えるだろう。

      そして、"水銀、コバルト、カドミューム---"、サイケなゴーゴーソング「かえせ! 太陽を」は名曲だ。

      自衛隊による巨大な電極板による乾燥作戦は、もうオマヌケ度全開で、片目をつぶされ、片手が白骨化した満身創痍のゴジラとヘドラの死闘は凄まじい。

      有害物質を撒き散らしながら飛ぶヘドラを追って、負けじと放射能を吐きながら、後ろ向きで空を飛ぶゴジラの姿は、もうやけくそ的な名場面だ。
      >> 続きを読む

      2018/01/21 by dreamer

      「ゴジラ対ヘドラ」のレビュー

    • 3.0

      長く続くシリーズものであれば時代性を反映した作品が出てくる。
      この頃は公害が社会問題になっており、ヘドロから発展した怪獣であるヘドラとゴジラが戦うという構図。

      コバルトやら水銀を歌詞に使うシュールな歌。
      アニメで綴る戦いなど斬新な演出が見られる。

      意外に思ったのがヘドラはゴジラよりもでかいという事実。
      そしてゴジラが空を飛べるんだと知った驚き。
      まあかなり強引な方法なんだけど(笑)
      >> 続きを読む

      2015/05/27 by オーウェン

      「ゴジラ対ヘドラ」のレビュー

    • 3.0 ハラハラ クール

      前作のお子様ランチ的作りの反省か反動か、今作はいきなり全く反対方向に振り切れて下ります。

      公害問題や当時の若者文化などを大胆に盛り込んだ結果、ゴジラシリーズに限らず、邦画史上においても歴史に残る異色作となりましたね。

      ゴジラが飛ぶシーンがあってそれがよく語られますが、それ以上に、ゴジラがけっこう派手にしかも生々しく傷つけられるのも本作の特色。

      主題歌もなかなかインパクトが強いので、子供の頃に見て軽くトラウマ、って方も多いようですね~。 >> 続きを読む

      2014/12/04 by 備忘録

      「ゴジラ対ヘドラ」のレビュー

    • >いきなり全く反対方向に振り切れて下ります。
      すごい振り幅ですね!笑
      トラウマになるのはイヤですね…>< >> 続きを読む

      2014/12/04 by coji

    ゴジラ対ヘドラ
    ゴジラタイヘドラ

    映画 「ゴジラ対ヘドラ」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画