こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

ソロモンの偽証 前篇・事件

ソロモンの偽証 前篇・事件
©2015「ソロモンの偽証」製作委員会
2015年3月7日(土)前篇・事件 4月11日(土)後篇・裁判 2部作拡大公開
1クリック登録
公開: 2015/03/07
監督:
製作国: 日本
配給: 松竹
【イントロダクション】
ベストセラー作家・宮部みゆきが、構想15年、執筆に9年を費やした、作家生活25年の集大成にして最高傑作と謳われているミステリー巨編「ソロモンの偽証」を、日本アカデミー賞ほか、国内主要映画賞を30冠受賞した、成島出監督をはじめとする『八日目の蟬』チームが再結集し、完全映画化。
男子生徒の謎の転落死をきっかけに、次々と起こる不可解な事件。その死は、平穏を装っていた人々の眠れる悪意を呼び覚まし、やがて次なる悲劇を引き寄せる。混乱する生徒たち、揺らぐ警察の捜査、保身に走る教師、騒ぎ立てるマスコミ、そして世間体を気にする大人たち・・・。賢い者が、権力を持つ者が、そして、正しいことをしようとする者が、嘘をついている。なぜ?どうして?いったい誰が?何の為に?校内裁判の果てに、彼らが目撃した驚愕の真実とは――。
演じるのは、1万人にも及ぶ候補者の中から、1年強に渡る選考、研修期間を経て選ばれた新鋭33人。有名無名、演技経験の有り無しに関わらず、まさに本作に登場する人物を演じるにふさわしい選りすぐりの“14歳”が集結した。共演は、佐々木蔵之介、夏川結衣、永作博美、小日向文世、黒木華、尾野真千子ら日本を代表する豪華俳優陣。子供たちの真っ新な演技と、大人たちの成熟した演技とのぶつかり合いが、スクリーンに想像を絶する化学反応を引き起こす。
登場人物の心理を炙り出す緻密な演出力と、圧倒的な構成力。不可解な謎の数々を「校内裁判」で明らかにするという、未だかつてない大胆な設定の中、さらには、いじめや自殺、学校問題、マスコミ報道、家庭内暴力、教育に悩む保護者たち、現代が抱える様々な社会問題に一石を投じる本作。先の読めない展開と幾重にも重なり合う人々の【嘘】に翻弄され、やがて衝撃の真実に辿り着いた時、あなたの心はその【真実】に激しく揺さぶられることだろう。

【ストーリー】
街が華やぐクリスマス未明。終業式に向かう道中、雪の積もった校庭で中学2年生の藤野涼子はクラスメートの死体を発見する。屋上から転落死した少年の名は、柏木卓也。ひと月ほど前から不登校の状態が続いており、遺書は発見されなかったが、警察は早々に自殺であると結論づけた。
そんな折に、藤野涼子のもとに1通の匿名の告発状が届く。「柏木卓也君は自殺したのではありません。本当は殺されたのです」
卓也が、普段から暴力沙汰の絶えない問題児・大出俊次とその取り巻き2人に殺されるのを目撃したという。同じ内容の告発状は、校長である津崎正男のもとにも届いていた。警察の捜査を受けて、学校はこれを偽の告発状と結論づけ、告発者の絞り込みに取り掛かる。
一方で、テレビ局HBS報道局の茂木悦男のもとに一通の封書が届く。中には、半分に破られた告発状。その宛名には、卓也と涼子のクラスの担任を務める森内恵美子の名前が書かれている。「善意の第三者が、学校が事件を隠ぺいしようとしていることを我々に教えてくれたんです」茂木は告発状の存在をひた隠しにする学校、そして独断でそれを破棄した森内を強く咎め、真実を追求すべく徹底した取材を行うことを宣言、事件を巡って俄かに学校全体がざわめきたつ。
そんな中で、涼子は刑事である父親に調査を迫るが、既に結論を出している以上警察が動くことはなく、涼子はそれに納得できないまま毎日を過ごしていた。告発者の絞り込みも結果的に生徒やその保護者の不信感を徒に煽対応の責任を取り辞職する。また森内は他の教師たちから執拗に責められながらも、告発状の存在すら知らなかったのだと、自らの無罪を訴え続けたが味方となる教師はおらず、孤立無援の中、結果彼女も学校を去ることになる。
そして、また一人同じクラスの生徒・浅井松子が事故で命を落としてしまう。松子の親友・三宅樹理はショックで言葉を失い、家に引きこもるようになる。「事件の真相を告発したから、松子は大出たちに殺されたんだ」「いや、偽の告発状を出したのが警察にバレそうになったから、自殺したんだ」
真実は分からないまま、生徒たちの間で憶測だけが飛び交う。
マスコミは一方的な取材を続け、告発状により容疑者とされた大出とその取り巻きたち、そして樹理も依然として身を隠したまま。そんな状況にも関わらず、一向に“おとな”たちは真相解明へと乗り出さない。業を煮やした涼子はクラスメートの野田健一、そして亡くなった柏木卓也と小学校の時より友人であった神原和彦とともに自分たちだけで学校内裁判を開くことを決意する。
前代未聞の“こども”による“こども”だけの裁判。開廷に反対する教師からの圧力を跳ね除け、涼子たちはやがて同級生たちの協力を取り付けていく。しかし、悲劇は止まらない。連鎖する悲劇に、生徒たちの疑念は一層深まっていく。
告発状の差出人はいったい誰なのか、卓也は自殺したのか、殺されたのか、一連の事件の真相はいったい――
さまざまな思惑が絡み合う中、ついに学校内裁判が開廷される。
>> 続きを読む

    主演:藤野涼子 出演: 板垣瑞生 石井杏奈 清水尋也 富田望生 前田航基 望月 歩 西畑澪花 若林時英 西村成忠 加藤幹夫 石川新太 佐々木蔵之介 夏川結衣 永作博美 黒木 華 田畑智子 松重 豊 小日向文世 尾野真千子 原作:宮部みゆき「ソロモンの偽証」(新潮文庫刊) 監督:成島 出 脚本:真辺克彦 音楽:安川午朗 撮影:藤澤順一 照明:金沢正夫 美術:西村貴志 録音:藤本賢一 編集:三條知生 企画・配給:松竹   制作プロダクション:松竹撮影所

    ソロモンの偽証 前篇・事件 の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全26件
    • 3.0

      クリスマスの日に発覚した同級生の死。
      警察、学校の見解は自殺として処理をされるが、後日告発文が複数送られる。そこには同級生が苛めで自殺を装い殺したとの内容だった。
      クラスメイトの藤野涼子は当初傍観者でいたが、真実を明らかにするべく学校で裁判を行う事を決める。
      前代未聞の行いに周りからの圧力、バッシングなど受け、自分の将来や立場も天秤にかける事になる。

      後編に裁判開始。。。

      題名から神話の話かと思ってたら全然違ったけど、面白かった。
      ちょっと学生運動の様な雰囲気も感じられた。
      後編も楽しみです。
      >> 続きを読む

      2020/04/28 by ヒデト

      「ソロモンの偽証 前篇・事件」のレビュー

    • 5.0 ハラハラ

      Amazonプライム・ビデオにて。
      原作未読。
      キャスト全員にイライラする。
      1人の例外もなく全員にイライラ。
      どうなる後編。

      2020/03/31 by ☆サト☆

      「ソロモンの偽証 前篇・事件」のレビュー

    • 4.0 ハラハラ

      なかなか面白かった。出てくる人すべてが考えで行動し、話を動かしていく。確かに子供は大人とちがい、うやむやに生きることはしにくいから、なにか、はっきりさせたいと思い悩む事だろう。半面、子供たちの精神年齢高いなと思う。この事件で成長したのかな。子供の正義感と、大人の事情との対比はおもしろい。最初のほうに松子が良い子だなと思っていると事故死したのはなかり、キツい。担任の先生が追い詰められていくのも、キツかった。しかし、後半の良子が行動していき、裁判へ持っていくまでの、盛り上がりは楽しかった。

      2018/09/19 by 無月斎

      「ソロモンの偽証 前篇・事件」のレビュー

    • 4.0

      面白かった!子供達があまりに大人びていたりなど細かいところが目に付きますが、そんなもの気にならないくらい夢中で鑑賞してました。虐められるシーンや松子ちゃんなど目を逸らしたくなるところもありましたが、子供達が自分の社会を守るため戦う姿には心打たれます。後半は盛り上がっていき、ちょうど気になるところで終わったので早く後編観たい!とうずうずしてます。

      2018/09/17 by さくら餅

      「ソロモンの偽証 前篇・事件」のレビュー

    • 4.0 ハラハラ

      原作はなぜかスルーしてましたが映画版、見始めたらハマって 前編、後編と一気に見てしまいました。
      謎の死を遂げた子がなんかカリスマ悟り少年なのが謎ですが(^_^;)
      「口先だけの偽善者だ!」が口癖だけどお前は何なんだ (*`Д´)ノ!!!
      父親のDVのせいでクラスメイトの女の子にあれほど暴力をふるうヤンキー君もリアリティないけど(;´Д`)

      でもね、清々しいね。ピュアだね。
      心がヒリヒリする感覚。

      エンドロールがU2の僕の大好きな曲じゃないですか!

      まえだまえだ のあの子には良い性格俳優を目指して欲しいと思いましたヽ(´▽`)/

      (allcinema解説)
      人気作家・宮部みゆきの同名ベストセラー巨編を「八日目の蝉」「ふしぎな岬の物語」の成島出監督が、前後編の2部作で映画化したミステリー・サスペンス大作。本作はその前編。中学校で起きた男子生徒の転落死をきっかけに、次々と起こる不穏な事件を前に保身に走るだけの無力な大人たちを見限り、生徒たちだけで真相究明の校内裁判を開こうとする中で、学校内にうごめく様々な問題があぶり出されていくさまを描く。主演はオーディションで選ばれ、本作の役名でデビューすることになった新人、藤野涼子。
      クリスマスの朝、雪が降り積もった城東第三中学校の校庭で2年A組の生徒・柏木卓也の死体が発見される。警察も学校も飛び降り自殺と判断するが、後日、学校関係者のもとに、柏木の死は自殺ではなく、大出俊次をリーダーとするいじめグループによる殺人だったと訴える匿名の告発状が届く。やがてそれはマスコミにも伝わり、ワイドショーを連日賑わすことに。それでも学校側は穏便に事を収めようと後手を踏むばかりで、事態は悪化の一途を辿っていく。そんな中、事件の第一発見者で2年A組のクラス委員を務める藤野涼子は、大人たちには任せておけないと、自ら真実を暴くべく立ち上がる。そして、全校生徒に対し大出を被告人とする学校内裁判の開廷を提案する藤野だったが…。
      >> 続きを読む

      2018/08/23 by motti

      「ソロモンの偽証 前篇・事件」のレビュー

    もっとみる

    ソロモンの偽証 前篇・事件
    ソロモンノギショウゼンペンジケン

    映画 「ソロモンの偽証 前篇・事件」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画