こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

セラフィーヌの庭

Seraphine
ジャンル: ドラマ
公開: 2010/08/07
製作国: ドイツ , フランス , ベルギー
配給: アルシネテラン(協力 ユニフランス)

    セラフィーヌの庭 の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全1件
    • 4.0

      伝記映画の主人公になるようなアーティストは、たいてい破滅的な運命をたどるものだ。

      その理由は、創作上の葛藤、酒、女、孤独などさまざまだが、この2009年度フランス セザール賞作品賞受賞の映画「セラフィーヌの庭」は、それらと別次元の"聖なる破滅"とでも言うべき、女流画家の壮絶な人生を描いている。

      パリ郊外とはいえ、1910年代とあって緑がいっぱいの田舎で、通いの家政婦として働く初老のセラフィーヌ。

      一人暮らしで無愛想だが、自然の中で呼吸するように絵を描く彼女を、中央画壇に売り出したドイツ人の画商ウーデ。

      自然を愛し、信仰厚い土着の魂と、芸術共和国の市民の自由な精神とが、離れ離れになりながら苦闘を重ねる。
      これは、その奇縁の物語だ。

      写し出されるセラフィーヌの絵の圧倒的な質感と、フランスの田舎の豊饒な色彩を捉えたカメラが素晴らしい。
      >> 続きを読む

      2020/01/20 by dreamer

      「セラフィーヌの庭」のレビュー

    この映画を最近、ラックに追加した会員

    セラフィーヌの庭
    セラフィーヌノニワ

    映画 「セラフィーヌの庭」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画