こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

変態小説家

A FANTASTIC FEAR OF EVERYTHING
ジャンル: コメディ
製作国: イギリス

    変態小説家 の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全10件
    • 3.0 笑える クール

      『宇宙人ポール』『ホットファズ』『ショーン・オブ・ザ・デッド』や、『ミッション:インポッシブル』シリーズ、『スター・トレック』シリーズなどの超大作でもおなじみのサイモン・ペッグが、得意のコメディ映画に帰ってきた。本作のサイモン・ペッグは、妄想小説家から一線を越えた”変態小説家”?

      内容はシュールで置いてけぼりに成りかねませんが、役者の怪演をみてれば楽しい♪

      後で知ったが、英国ロックバンド、クーラ・シェイカーのクリスピアン・ミルズの初監督作品だった!
      けっこう好きでしたクーラ・シェイカー!
      だからか、音楽も良かったです。

      (Amazon)
      ジャック(サイモン・ペッグ)は、児童作家から犯罪小説家に転身し、執筆活動のため、ヴィクトリアの連続殺人鬼のリサーチに没頭する。
      ところが、これが原因でジャックは自分が何者かに命を狙われている、という誇大妄想に憑りつかれてしまうことに。
      ジャックが長年付き合ってきた代理人は彼を見捨て、何故か突然ハリウッドの大物がジャックの作品に興味を示し、彼の妄想はますますカオス状態へ。
      「俺の作品がそんなに面白いはずがない」 ジャックが好きな場所、コインランドリーで、ジャックが生んだ殺人鬼の妄想がいよいよ限界を超えてしまう。
      >> 続きを読む

      2019/06/29 by motti

      「変態小説家」のレビュー

    • 3.0

      本人が変態というよりは、周りが変態じゃないかと見ているだけ。
      こんな邦題付けられたら、好んでみようとはならないんじゃないかな。

      妄想に囚われている小説家のジャックの日常を描くのだが、ホラー的側面を入れながらも、そこは演じるのがサイモン・ペッグ。
      本来持つ愛嬌を武器に、可笑しく見せている。

      妄想の原因がコインランドリーという小ささ。
      ただそういう小品というのを踏まえれば、それなりに楽しめる。
      >> 続きを読む

      2018/04/07 by オーウェン

      「変態小説家」のレビュー

    • 3.0

      感想川柳「変態とは ちょっと違う 妄想家」

      Huluにあったので観てみました。φ(..)

      犯罪小説家のジャックは次回作の執筆のため、ビクトリア時代の連続殺人鬼について調べはじめる。しかし調査を進めるうち、いつしか自分が殺人鬼に狙われているという誇大妄想を抱くように。恐怖のあまり部屋から出ることもままならず、長いつきあいの代理人にまで愛想を尽かされてしまうジャック。ところが、なぜかハリウッドの大物が彼の作品に興味を示し……というお話。

      サイモン・ペッグなので観てみましたが、そこまで大爆笑という感じではありませんでした。f(^ー^;

      変態というより誇大妄想&トラウマという感じで、途中からいい話も入ってきます。(*゜Q゜*)

      最初はサイモン・ペッグの独演かと思いましたが、だんだん人が増えてきてどうなるのか想像つきませんでした。(。>д<)

      序盤やタイトルからは考えられないラストでしたけど、サイモン・ペッグのコメディとしてはそこまででもないかな…(;´∀`)印象的だったのは爪切りで手を切っちゃうとこ(゜ロ゜;やったことあるから痛みが伝わってきて鳥肌立った。

      んでまず(^_^)/~~
      >> 続きを読む

      2018/03/12 by Jinyuuto

      「変態小説家」のレビュー

    • 3.0

      主人公、全然変態じゃないです。ただ妄想に憑りつかれてるだけです。
      でも2度「変態」って言われてたから、傍から見たら変態って事でこの邦題なんですかね???

      始まって30分ぐらいまではサイモン・ペッグさんの一人芝居と言ってもいいと思います。
      ずっとこのまま主人公の妄想に付き合わされる話なのかと思ってたら全然違った。
      あんな展開になるとは思わなかったので、最初こそ少し退屈と感じましたが最後まで観ると普通に楽しめる作品でした。

      2017/12/22 by saruwatari

      「変態小説家」のレビュー

    • 3.0 笑える クール

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      妄想なのか本当なのかわからない部分が続き、
      見ていてなにがなにやらただ楽しいだけの映画と思いきや
      本当に殺人鬼に囚わて、
      でもこれも
      妄想か現実かわからないというオチかとズーッと思って
      ラストまで見ちゃったよ

      コインランドリーが印象的だが
      主人公(サイモン・ペッグ)が着いた時
      アジア人がいて、
      演歌っぽい曲がかかってたのは笑ってしまった

      主人公は本当は
      連続殺人鬼の本を書きたいのに
      子供向け絵本が売れていて
      絵本作家になりたい訳じゃないとうそぶくが、
      なんのなんの、
      終盤、主人公が
      自分を殺そうとしている男(アラン・ドレイク)に
      なんとか助かる為にと話し出したハリネズミの話、
      凄くいい、感動した!
      妄想に悩まされながら書く殺人鬼ストーリーはやめて
      こっちでいけ、こっちで!
      …と思ってたら
      ラスト、腹くくったのかして
      絵本作家としてちょっといい感じになってた

      ハリネズミの劇中物語は
      人形アニメみたいだったが
      これ,出来栄えも凄くいい

      それにしても
      コインランドリーのイカレタ子供たち
      とかの邦題の方が
      内容にマッチしてて良くね?
      >> 続きを読む

      2017/09/24 by 紫指導官

      「変態小説家」のレビュー

    もっとみる

    変態小説家
    ヘンタイショウセツカ

    映画 「変態小説家」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画